TAG TRON

仮想通貨コラム

長期投資にも短期投資にも利用できるBITPoint(ビットポイント)の活用方法とは!【仮想通貨投資の始め方】

仮想通貨取引所BITPoint(ビットポイント)は販売所と取引所の両方を備えており、様々な仮想通貨(暗号資産)の現物取引が可能です。販売所と取引所とでは仕組みが異なり、利用者の投資経験や目的に応じてどちらを利用するかを選択することができます。ここでは仮想通貨の投資目的が、長期目線なのか短期目線なのかによってBITPointをどのように使用できるか、投資目的別による利用方法について考えていきましょう。

暗号資産取引所の使い方

BITPointの「貸して増やす」サービスを徹底解説!仮想通貨を貸し出すメリット・デメリットとは?

仮想通貨(暗号資産)の長期投資は基本的に仮想通貨を保有し続けることになります。長期投資は仮想通貨の価格が将来上がることを期待して取り組むことが前提になります。その間、ただ保有するのではなく仮想通貨取引所に貸し出すことで年率に応じた賃借料を受け取ることができます。ここでは仮想通貨取引所BITPoint(ビットポイント)の「貸して増やす」サービスを徹底解説します。

仮想通貨コラム

BITPoint(ビットポイント)が対応する,仮想通貨トロン(TRX)保有者向けのエアドロップについて解説

仮想通貨(暗号資産)の保有残高を記録して、新たなトークンを配布するエアドロップの機会が増えています。国内の暗号資産交換業者も取扱っている仮想通貨でエアドロップが発生すると適時対応している状況です。最近では、BITPoint(ビットポイント)がTRON(TRX)保有者向けのエアドロップについて対応をスタートしました。ここではBITPointのエアドロップ企画について詳しく解説します。

仮想通貨コラム

仮想通貨(暗号資産)取引所BITPoint(ビットポイント)の5つの特長とは?【初心者向け】

BITPoint(ビットポイント)はシンプルな取引ツールを提供しており、ファースト口座として利用しやすい仮想通貨取引所です。ここでは BITPointの特徴やサービス内容を詳しく解説します。仮想通貨投資を検討をしている方は参考にして頂ければと思います。

仮想通貨コラム

BITPoint(ビットポイント)の使い方を徹底解説 【入金~取引所・販売所で仮想通貨を購入】

仮想通貨(暗号資産)の取引アプリによく見られる「販売所」は、初心者でもすぐに取引できるように設計された簡易的な交換サービスです。頻繁に取引をする方や慣れている方は、より手数料が抑えられる「取引所」を利用しています。BITPoint(ビットポイント)では取引所と販売所の両方を利用できるので、初心者にとっても慣れている方にとっても使いやすくなっています。今回はBITPointの販売所と取引所で、仮想通貨を売買する方法について解説します。これから仮想通貨投資を始めようと検討している方はぜひ参考にしてみてください。

その他企業

10種類のブロックチェーンプラットフォームを比較、Ethereumのシェアがトップ

仮想通貨のデータ分析企業Data Lightは7日、スマートコントラクトと分散型アプリケーションを提供するためのプラットフォーム10種類を比較するデータを公表した。Ethereumは、プラットフォームと仮想通貨の両面において最も採用されていることがわかった。

その他企業

リップルが2018年Q4レポートを発表、新たな金融機関がxRapidを利用した国際送金サービスを提供予定

国際送金ソリューションを手がける米リップルは1月24日、2018年Q4(第4四半期)XRPマーケットレポートを発表した。同レポートは、四半期ごとにXPR売却の詳細、XRPの価格に関する解説、取引所における取扱状況、顧客状況などが報告される。

仮想通貨

米格付け機関Weissが初の仮想通貨の格付けを発表

米フロリダ州の金融関連の独立系格付機関であるWeiss Ratingsは、仮想通貨の格付けを行うことを発表した。対象となる通貨はビットコイン、イーサリアム、リップル、ビットコインキャッシュ、カルダノ、NEM、ライトコイン、ステラ、イオス、アイオータ、ダッシュ、 ネオ、トロン、モネロ、ビットコインゴールドの15種類だ。