TAG LINK

暗号資産取引所の使い方

LINEアプリ上で暗号資産取引ができる「LINE BITMAX」の使い方を画像付きで解説

LINE BITMAXは国内唯一となるLINE独自の仮想通貨LINK(リンク」を取り扱っている取引所としても知られており、LINEが展開するさまざまなサービスにおいてお得に利用できると、人気を集めています。今回は、そんなLINE BITMAXにおける取引方法について、画像を交えて詳しく解説していきます。

暗号資産取引所の使い方

GMOコインで新たに取り扱われる仮想通貨「チェーンリンク(LINK)」とは?

22年7月13日に、国内における大手取引所の「GMOコイン株式会社」が、取引所(現物取引)において新たに「チェーンリンク(LINK)」の取り扱いをスタートしました。今回は、GMOコインで新たに取り扱われるLINKについて、その概要や特徴、将来性などを解説していきます。

暗号資産取引所の使い方

LINE BITMAXとはどんな仮想通貨取引所?特徴から口座開設方法まで解説します

GMOグループや楽天ホールディングスなど、ネット大手企業による仮想通貨関連ビジネス参入が増える中、便利なサービスを提供する仮想通貨取引所が増えてきています。ネット大手企業は事業基盤と開発力を活かしてオンラインバンクとの連携やNFTマーケットプレイスなど便利なサービスを取り揃えています。LINEグループも仮想通貨ビジネスに積極的な上場企業の一つです。今回はLINEグループに属している仮想通貨取引所「LINE BITMAX」について詳しく解説します。

仮想通貨コラム

仮想通貨取引所BITPoint(ビットポイント)で開催されているキャンペーン!

仮想通貨取引所を口座開設する際、キャンペーンが行われていると、口座開設時に現金や仮想通貨が付与されるケースがあります。付与されることで仮想通貨投資をする際も、お得に始めることができます。ここではビットポイントが行っているキャンペーンに着目して、ビットポイントについてご紹介します。これから仮想通貨取引所を口座開設しようと検討している方は、参考にしてみてください。

暗号資産・ブロックチェーン

チェーンリンク(LINK)とは?【bitFlyerやBITPointが取扱いを開始する注目の仮想通貨(暗号資産)】

仮想通貨取引所のbitFlyerやBITPointがまもなく取扱いを開始するチェーンリンク(LINK)は、時価総額1兆4680億円(市場20 位)に位置しており(11月24日現在)、投資家であれば知っておきたい重要な仮想通貨の一つです。そこで今回はチェーンリンク(LINK)の概要や特徴について解説したいと思います。

仮想通貨コラム

LINE BITMAX ってどんな仮想通貨取引所?特徴からサービス内容、取扱仮想通貨など解説!

仮想通貨(暗号資産)投資ができるスマホアプリは数多くありますが、中でも『LINE BITMAX』は国内最大級のメッセージング『LINE』と連携しており、誰でも気軽にアクセスしやすい点で特徴的です。ここではLINE BITMAXが取り扱っている仮想通貨や機能、提供しているサービスについて解説します。これから仮想通貨投資を始めようと考えている方に参考にして頂ければと思います。

仮想通貨コラム

仮想通貨(暗号資産)取引所コインチェックとLINE BITMAXの特徴を徹底比較

国内でも多くの仮想通貨(暗号資産)交換業者が設立される中、ユーザーにとってますます便利なサービスが出てきています。アプリの使用感や提供しているサービスについて多種多様になってきており、複数の企業で口座を開いておいて目的に合わせて使い分けている人も少なくありません。ここでは、コインチェックとLINE BITMAXについて機能や手数料、取引通貨などサービス内容を比較することで、どのようなことができるのか分析していきたいと思います。

仮想通貨

LINE独自の仮想通貨「LINK」、2020年4月以降の取り扱いに向けて開発が開始

LINE株式会社のグループ会社であり、LINEの仮想通貨事業およびブロックチェーン関連事業を展開するLINE Xenesis株式会社は1月30日、両社の傘下であるLINE TECH PLUS PTE. LTD.が発行する仮想通貨「LINK」を日本国内における新規取扱銘柄として、2020年4月以降に取り扱い予定である事を発表した。

その他企業

LINE、独自ブロックチェーン技術で5つのサービスを発表

コミュニケーションアプリLINEを運営するLINE株式会社は9月27日、同社の構想する「LINE Token Economy」において、「未来予想」「Q&A」「商品レビュー」「グルメレビュー」「スポットSNS」の領域でブロックチェーン技術を応用したDAppsを提供する計画を発表した。