LINEの独自暗号資産「LINK」が購入額1億円を突破、日本上場キャンペーンを開催

LINEの暗号資産事業およびブロックチェーン関連事業を展開するLINE Xenesis株式会社は8月17日、暗号資産取引サービス「BITMAX」において、暗号資産「LINK(リンク)」の購入額が、8月6日の取扱い開始から6日目の8月11日に1億円を突破したことを発表した。

「LINK」は、LINEが独自に開発したプライベートブロックチェーン「LINE Blockchain(旧名称:LINK Chain)」を用いて発行された暗号資産で、サービス成長に貢献したユーザーに向けたインセンティブとして、還元する目的で誕生した。2018年8月に発行が開始され、同年10月16日からは日本を除くグローバル向け暗号資産取引所「BITFRONT」の前身である「BITBOX」にて取扱いを開始していた。

2020年8月6日から国内向け暗号資産取引サービス「BITMAX」においても取扱いを始め、開始後6日目の8月11日に「BITMAX」でのLINK購入額が1億円を突破し、また、8月6日〜12日の7日間での新規で「BITMAX」に登録したユーザー数も1万人を突破した。現在、LINKの取引や保有については制限が設けられており、取引制限は市場の状況を見ながら今後改善される予定だ。

「BITMAX」では「LINK」取扱開始を記念し、「LINEの暗号資産『LINK』日本初上場キャンペーン」を開催。2020年8月6日12時〜9月4日21時の期間中で購入した暗号資産の合計金額に応じて、最大10,000円相当のLINKをプレゼントする。また、期間中はLINE PayからBITMAX口座への入金手数料(110円)が無料となる。

購入対象は、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)、LINK(LN)の計6種類の暗号資産で、合計購入金額1,000円以上達成で200円相当のLINK、合計購入金額5,000円以上達成で300円相当のLINK、合計購入金額10,000円以上達成で500円相当のLINK、計購入金額50,000円以上達成で3,000円相当のLINK、合計購入金額100,000円以上達成で6,000円相当のLINK、がプレゼントされる。

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチームは、暗号資産投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーで構成。最新のニュースやコラム、暗号資産に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。