LINE、独自ブロックチェーン技術で5つのサービスを発表

コミュニケーションアプリLINEを運営するLINE株式会社(以下、LINE社)は9月27日、同社の構想する「LINE Token Economy」において、「未来予想」「Q&A」「商品レビュー」「グルメレビュー」「スポットSNS」の領域でブロックチェーン技術を応用したDAppsを提供する計画を発表した。

LINE Token Economy
LINE Token Economyは、LINE社が独自に開発したブロックチェーン技術を活用することで、サービス提供者とユーザーの関係がともに成長でき、LINEの提供するトークンを利用して経済活動を行うトークンエコノミーだ。LINE Token EconomyはLINE社が開発するブロックチェーン「LINK Chain」を基盤としており、データのハッキングや改ざんを防ぐ信頼性と安全性の高さが特徴だ。また、Link ChainではLINE社独自の仮想通貨である「LINK Point(日本向け)」「LINK(海外向け)」の利用が可能となる。

LINE Token Economyでは、様々な優れたDAppサービスを提供することでLINK PointおよびLINKがユーザーに活用され、実世界と暗号世界の距離を縮めていくことを目指す。LINE社は、現在普及を見せるICOにとどまらず、ユーザーにとって実際に価値の高いサービスやユーザーが価値を得られる仕組みを、ブロックチェーン技術を活用することによって構築、拡大したい考えだ。

LINE DApps
今回発表されたDAppsは、未来予想プラットフォーム「4CAST」、知識共有プラットフォーム「Wizball」、商品レビュープラットフォーム「Pasha」、グルメレビュープラットフォーム「TAPAS」、ロケーションSNSプラットフォーム「STEP(仮)」の5つだ。それぞれのプラットフォームでは、サービス内でのユーザーのアクションがサービス価値を向上させた場合に、価値に貢献したユーザーに対してインセンティブが付与される仕組みとなっている。現在、未来予想サービス「4CAST」と知識共有プラットフォーム「Wizball」のβ版が一部のユーザーに先行公開されている。

DAppsは中央管理者が存在せず、不特定多数の者が自律的に行動した結果、全体のシステムが機能する自律分散型アプリケーションのことで、ビットコインやイーサリアムがその代表とされている。LINE Token EconomyのDAppsは現在、LINE社のみがサービスを提供するかたちとなっているが、現在開発者用キットの公開準備が進められており、2019年を目処にLINE社以外によるサービス提供も可能になるとしている。これにより、サービス提供者側は、独自にブロックチェーンネットワークやトークンエコノミーを開発・構築する手間をかけることなく、トークンエコノミーを導入することが可能となる。

潜在的な市場規模が67兆円とも試算されるブロックチェーン産業は、LINE社の掲げるトークンエコノミーに限らず、土地登記、シェアリングエコノミー、美術品の真贋認証、電力取引などまで、さまざまな分野で活用が期待されている。いまだ普及に向けた課題も多く指摘されるブロックチェーンは今後どのような拡がりを見せていくのか。注目していきたい。

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」