BITMAX、LINE独自の暗号資産「LINK」の取扱いを8月6日から開始

LINE株式会社のグループ会社で暗号資産事業およびブロックチェーン関連事業を展開するLINE Xenesis株式会社は、暗号資産取引サービス「BITMAX」において、両社の傘下であるLINE TECH PLUS PTE. LTD.が発行する暗号資産「LINK(リンク)」の取扱いを8月6日から開始することを発表した。

LINE独自の暗号資産「LINK」は、日本を除くグローバル向け暗号資産取引所「BITFRONT」の前身である「BITBOX」で、2018年10月16日より取扱いを開始していたが、日本国内での取扱いは「BITMAX」が初めてとなる。これにより、「BITMAX」での取扱暗号資産は、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)、LINK(LN)の計6種類になる。

【関連記事】BITMAXの口コミ・評判・口座開設

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチームは、暗号資産投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーで構成。最新のニュースやコラム、暗号資産に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。