SBIホールディングス、「Corda」を用いたデジタル通貨発行プラットフォームの実証実験へ

SBIホールディングス株式会社は7月27日、米R3社が提供するブロックチェーンソリューションである「Corda」を用いたデジタル通貨等の発行プラットフォーム「Sコインプラットフォーム」を構築し、2020年7月からSBIグループ社員を対象に実証実験を開始した。

Cordaは従来のブロックチェーンプラットフォームが抱える問題点を克服し、エンタープライズでの使用を想定して開発された、プライベート/コンソーシアム型のブロックチェーンソリューション。Cordaを用いて構築されたSコインプラットフォームでは、前払式支払手段の電子マネー等、用途に応じて独自のデジタル通貨を設計し、発行することが可能で、今回の実証実験ではSBIホールディングスが発行する決済用コイン「Sコイン」の発行に使用するという。

実証実験ではこのSコインプラットフォームと、SBIホールディングスの子会社であるマネータップ株式会社が提供するスマートフォン用送金・決済アプリ「Money Tap(マネータップ)」が連携して動作する仕組みを構築している。Money Tapは、銀行口座から銀行口座への直接送金、即時着金を実現したアプリで、SBIホールディングスはこの両者の組み合わせが利用者の利便性向上に資するとしている。

SBIホールディングスでは、今回の実証実験を通じ、ブロックチェーンプラットフォームのさらなる活用・普及を図っていく狙いだ。SBIグループではグループ全体で「地方創生」プロジェクトを推進しており、その一環として、地域金融機関等と連携し、複数地域でデジタル通貨発行を支援していくことも表明している。実証実験を通じてSコインプラットフォームの検証を行い、今後は地域通貨の発行プラットフォームとしても活用していく予定だとしている。

【参照記事】ブロックチェーンソリューション「Corda」を活用した「Sコイン」の実証実験に関するお知らせ

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチームは、暗号資産投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーで構成。最新のニュースやコラム、暗号資産に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。