LINE BITMAXとはどんな仮想通貨取引所?特徴から口座開設方法まで解説します

GMOグループや楽天ホールディングスなど、ネット大手企業による仮想通貨関連ビジネス参入が増える中、便利なサービスを提供する仮想通貨取引所が増えてきています。ネット大手企業は事業基盤と開発力を活かしてオンラインバンクとの連携やNFTマーケットプレイスなど便利なサービスを取り揃えています。

LINEグループも仮想通貨ビジネスに積極的な上場企業の一つです。今回はLINEグループに属している仮想通貨取引所「LINE BITMAX」について詳しく解説します。

目次

  1. 仮想通貨取引所LINE BITMAXの概要
  2. 仮想通貨取引所LINE BITMAXの特徴
    2-1.LINEアプリから簡単にアクセス!1円から取引可能
    2-2.LINE Payで入出金可能!仮想通貨取引を身近に
    2-3.仮想通貨を貸し出して利用料を得るレンディングサービス
    2-4.NFTマーケットβを提供
    2-5.取り扱い仮想通貨・入出金手数料
  3. LINE BITMAXでの口座開設方法
  4. まとめ

①仮想通貨取引所LINE BITMAXの概要

BITMAX
「LINE BITMAX」はLINE株式会社のグループ会社、LINE Xenesis株式会社が運営する仮想通貨取引所です。LINE BITMAXは国内最大級のメッセージングサービス『LINE』からアクセスでき、口座開設から仮想通貨の売買までスマホアプリで利用できます。LINE BITMAXはスマホアプリ専用のサービスで、販売所を使って6種類の仮想通貨を売買できます。最高水準のセキュリティを備えているので他の取引所やウォレット間で安全でスピーディーな入出庫が可能です。

②仮想通貨取引所LINE BITMAXの特徴

2-1. LINEアプリから簡単にアクセス!1円から取引可能

LINE BITMAX 5
LINE BITMAXはLINEウォレットからアクセスできる点が最大の特徴です。LINEの使い慣れたインターフェースのまま仮想通貨取引ができるため、仮想通貨投資が未経験という方、初心者の方でも簡単に利用ができます。LINE BITMAXの仮想通貨取引はPCが不要で1円から取引が可能なため、スマホだけで手軽に投資を開始してみたいという方におすすめのサービスです。

2-2. LINE Payで入出金可能!仮想通貨取引を身近に

LINE BITMAXはLINE Payとの連携で、スピーディな日本円の入出金が可能な特徴をもっています。LINE Payですでに本人確認が済んでいるユーザーであれば、LINE BITMAXでの本人確認手続きを短縮できます。入金方法は、LINE PayかLINE Payに登録している銀行口座の2種類から選べます。

2-3. 仮想通貨を貸し出して利用料を得るレンディングサービス

仮想通貨貸出サービスは、ユーザーが保有する仮想通貨をLINE BITMAXに一定期間貸し出し、賃借料を仮想通貨で受け取るサービスです。LINE BITMAXで取り扱いがある5種類の仮想通貨(LNが未対応)でレンディングサービスが利用でき、保有しているだけで貸出条件に応じた賃貸料が受け取れます。長期投資を決めている方にとって必見なサービスです。

2-4. NFTマーケットβを提供

LINE BITMAXでは「NFTマーケットβ」を提供しており、LINE BITMAXの口座で仮想通貨LINK(LN)を保有していれば、誰でも利用できます。LVCの審査をクリアしたNFTコレクションが出品可能で、スクウェア・エニックスの「資産性ミリオンアーサー」や、2.5億人以上のユーザーを抱えるアジア最大アバターアプリZEPETO(ゼペット)のマップ「Cherry Garden」を含む全9タイトルのNFTを取引できます。

Collage_Fotor
2022年春には機能を拡充してNFTマーケットプレイス「LINE NFT」をリリース予定です。NFTマーケットβの機能に加え、一次販売や日本円決済機能の導入が予定されています。

2-5. 取り扱い仮想通貨・入出金手数料

取扱仮想通貨 ビットコイン、イーサリアム、XRP、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、LINK(LN)
最低注文数量(BTC) 0.00000001 BTC(1円相当)
取引手数料 無料※ ただし、スプレッド(取引コスト)を含めた金額が提示価格になっています。
日本円入出金手数料 ・入金手数料
LINE Pay:無料(LINE Pay残高からの入金、もしくはLINE Payに登録した銀行口座からのデビット入金)
銀行口座:無料(振込手数料は利用者負担)

・出金手数料
LINE Pay:110円(税込) ※LINE Pay残高への出金
銀行口座:400円(税込)

仮想通貨出庫手数料 ■入金手数料
無料(入金制限なし)

■出金(送金)手数料
BTC:0.001BTC
XRP:0.15XRP
ETH:0.005ETH
BCH:0.001BCH
LTC:0.001LTC
LN:入出庫機能は現在準備中です

※2022年3月時点の情報です。最新情報に関しては上記サイトをご覧ください。

③LINE BITMAXでの口座開設方法

最後に、LINE BITMAXの口座開設方法をご案内します。身分証さえあればスマホの操作でかんたんに手続できます。

まず、上記リンクを開き、「LINE BITMAXを始める」をタップしましょう(PCの場合は表示されたQRコードをスマホで読み込みます)。

LINE BITMAX 6
LINE BITMAXのトップ画面が表示されたら、「口座開設に進む」をタップ→利用規約等に「同意する」をタップします。

LINE BITMAX 2
次に、ユーザー情報を入力し、本人確認方法の選択画面へ進みます。本人確認には運転免許証やマイナンバーカードなど6種類の書類が利用できます。申請した内容を元にLINEPayで本人確認を行います。

LINE BITMAX 3
続けて本人書類と本人の撮影をします。撮影が終わると、最後に本人情報の入力をします。「申請する」をタップすると、本人確認申請が完了します。本人確認の結果は、審査完了後に「LINEPay本人確認」公式アカウントにお知らせが入ります。

④まとめ

LINE BITMAXはLINEアプリからアクセスができ、1円相当額から取引できるので、気軽に仮想通貨投資を始めることができる取引所です。またLINEPayとの連携でスムーズな入金が可能な点もポイントです。入金手数料もかからないので、コツコツ少額投資するのに便利なシステムになっています。またLINE BITMAXには仮想通貨を貸し出して利用料を得るレンディングサービスや、昨今注目されているNFTマーケットも提供しており、取引以外にも仮想通貨の様々な使い方を体験できるようになっています。仮想通貨やNFT投資に興味がある方は、この機会にお手元のLINEアプリからLINE BITMAXにアクセスしてみてください。

The following two tabs change content below.
立花 佑

立花 佑

自身も仮想通貨を保有しているWebライターです。HEDGE GUIDEでは、仮想通貨やブロックチェーン関連の記事を担当。私自身も仮想通貨について勉強しながら記事を書いています。正しい情報を分かりやすく読者の皆様に伝えることを心がけています。