仮想通貨(暗号資産)取引所コインチェックとLINE BITMAXの特徴を徹底比較

国内でも多くの仮想通貨(暗号資産)交換業者が設立される中、ユーザーにとってますます便利なサービスが出てきています。アプリの使用感や提供しているサービスについて多種多様になってきており、複数の企業で口座を開いておいて目的に合わせて使い分けている人も少なくありません。ここでは、コインチェックとLINE BITMAXについて機能や手数料、取引通貨などサービス内容を比較することで、どのようなことができるのか分析していきたいと思います。

目次

  1. コインチェックの特徴・機能まとめ
    1-1. 16種類の仮想通貨を取り扱う販売所
    1-2. 貸仮想通貨、つみたて機能が便利
    1-3. NFTマーケットプレイスを提供
  2. LINE BITMAXの特徴・機能まとめ
    2-1. LINEアプリから簡単にアクセス可能なスマホ特化型サービス
    2-2. LINE Pay経由の入出金が可能
    2-3. 一日単位で解約可能な暗号資産貸出サービス
  3. コインチェックとLINE BITMAXの取扱通貨・手数料を徹底比較
    3-1. 取扱仮想通貨
    3-2. 各種手数料
  4. まとめ

①コインチェックの特徴・機能まとめ

Coincheck
コインチェックはマネックスグループ株式会社の子会社であるコインチェック株式会社が運営している仮想通貨取引所です。初心者でも扱いやすい販売所を提供している他、取引所サービスではビットコインを手数料無料で購入できます。取引画面もシンプルで直感的に操作しやすいこともあり、コインチェックは仮想通貨取引の最初の口座として多くの投資家に利用されています。

コインチェックのスマホアプリは販売所にアクセスしてスムーズに仮想通貨を購入でき、チャット機能や価格表示画面が見やすいことで評判で、2021年6月時点に累計ダウンロード数415万を突破しています。

1-1. 16種類の仮想通貨を取り扱う販売所

コインチェックの販売所は、国内仮想通貨取引所の中で最多となる16種類を取り扱っています。販売所はオンラインショップのような形式で、ユーザーは購入・売却したい量の仮想通貨を即座に取引できます。他の暗号資産取引所での取り扱いが少ないNEMやIOST、Liskはもちろん、コインチェックだけで購入可能なEnjin、そしてビットコインやXRP、イーサリアムといった人気の銘柄を含む様々な仮想通貨を500円から購入可能です。

1-2. 貸仮想通貨、つみたて機能が便利

コインチェックには自分が所有している仮想通貨を貸し出して最大年利5%の賃借料を、仮想通貨で受取れる「貸仮想通貨サービス」があります。トレードをしなくても仮想通貨の保有量を確実に増やすことができるので、初心者にとっておすすめです。

また、自動積立サービスである「Coincheckつみたて」では、毎月定期的に仮想通貨を買い付けることができます。投資が可能な提供しています。積立金額は毎月1万円~100万円の範囲で1000円単位で設定でき、銀行口座からの入金と購入が自動で、手数料無料で処理されます。預けた金額を毎日均等に積み立てるプランもあるので、相場に左右されずに投資できます。現在は15種類の仮想通貨(BTC, ETH, ETC, LSK, XRP, XEM, LTC, BCH, MONA, XLM, QTUM, BAT, IOST, ENJ, OMG)に対応しています。

1-3. NFTマーケットプレイスを提供

「Coincheck NFT(β版)」は、2021年3月に国内の仮想通貨取引所として初めてのNFTマーケットプレイスとしてオープンしました。ゲーム内アイテムやトレーディングアイテムとしても利用できるNFTを売買することができます。

オープン当初の取扱い銘柄は『CryptoSpells』と『The Sandbox』の2種類でしたが、8月にはサッカーファンタジーゲームとして人気の高いSorare(ソーレア)も追加しており、出品できるNFTが拡大しています。

Coincheck NFT(β版)はコインチェックのアカウントで利用でき、NFTの出品や購入にかかるブロックチェーン・ネットワーク手数料(Gas代)が無料となっています。

②LINE BITMAXの特徴・機能まとめ

「LINE BITMAX」は、LINE株式会社のグループ会社であるLVC株式会社が運営する仮想通貨取引所です。LINE BITMAXはスマホアプリ専門の仮想通貨取引サービスです。LINEアプリからアクセスでき、LINE Payと連携して資金管理できるなど、普段使用しているアプリからシームレスに使用できる利便性が特徴となっています。LINE BITMAXは販売所を採用しており、6種類の仮想通貨(ビットコイン、イーサリアム、XRP、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、LINK)を取り扱っています。

2-1. LINEアプリから簡単にアクセス可能なスマホ特化型サービス

BITMAX
LINE BITMAXはスマホ専用の仮想通貨取引サービスであり、LINEウォレットからアクセスできるのが最大の特徴です。LINEの使い慣れたインターフェースのまま仮想通貨取引できるため、仮想通貨投資が未経験という方、初心者の方でも簡単に利用できます。LINE Payですでに本人確認が済んでいればすぐに仮想通貨取引を始めることができます。

2-2. LINE Pay経由の入出金が可能

LINE BITMAXはLINE Payと連携することでスピーディな日本円の入出金が可能です。LINE Payで本人確認が済んでいればLINE BITMAXでの本人確認作業を省略できるため、すぐに仮想通貨取引を始められます。日本円の入金は、LINE Pay(手数料:無料)か、LINE Payに登録している銀行口座の2種類から選べます。

2-3. 一日単位で解約可能な暗号資産貸出サービス

「暗号資産貸出サービス」では仮想通貨(暗号資産)を貸し出すことで、貸し出した仮想通貨に対しての貸借料を受け取ることができます。他社の場合は一定期間固定で貸し出す必要がありますが、LINE BITMAXでは最短翌日から解約可能で、貸し出した仮想通貨の分だけ貸借料が受け取れます。価格が変動した際に売却しやすいなど、柔軟な設計となっています。

③コインチェックとLINE BITMAXの取扱通貨・手数料を徹底比較

3-1.取扱仮想通貨

コインチェック LINE BITMAX
販売所 ビットコイン、イーサリアム、イーサリアムクラシック、リスク、XRP、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、ファクトム、モナコイン、ステラルーメン、ネム、クアンタム、ベーシックアテンショントークン、IOST、エンジンコイン、オーエムジー ビットコイン、イーサリアム、XRP、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、リンク
取引所 ビットコイン、イーサリアムクラシック、モナコイン、ファクトム、パレットトークン

3-2.各種手数料

コインチェック LINE BITMAX
取引手数料 販売所:無料(スプレッドに実質手数料を含む)
取引所:無料
販売所:無料 (スプレッドに実質手数料を含む)
最小注文数量(BTC) 500円相当 0.001BTC
日本円入金手数料 銀行振込:無料(振込手数料は振込者負担)
コンビニ入金:3万円未満:770円、3万円以上30万円未満:1,018円
クイック入金:3万円未満:770円、3万円以上50万円未満:1,018円、50万円以上:入金金額×0.11%+495円
LINEPay:無料
銀行口座:無料(振込手数料は振込者負担)
日本円出金手数料 407円 LINEPay:110円
銀行口座:400円
仮想通貨出金手数料 BTC:0.001BTC〜(変動手数料制)
XRP:0.15XRP
ETH:0.01ETH〜(変動手数料制)
BCH:0.001BCH
ETC:0.01ETC
LSK:0.1LSK
FCT:0.1FCT
LTC:0.001LTC
NEM:0.5XEM
MONA:0.001MONA
XLM:0.01XLM
QTUM:0.01QTUM
BAT:21.0 BAT(ETH手数料区分を適用した変動手数料制)
IOST:1.0 IOST
ENJ:14.0 ENJ(ETH手数料区分を適用した変動手数料制)
OMG:2.2 OMG(ETH手数料区分を適用した変動手数料制)
LINK:入出庫機能準備中
BTC:0.001BTC
ETH:0.005ETH
XRP:0.15XRP
BCH:0.001BCH
LTC:0.001LTC

*こちらは2021年8月時点の情報です。最新情報は各社ホームページをご覧ください。

④まとめ

コインチェックもLINE BITMAXもアプリで簡単に仮想通貨の売買できるため、投資初心者でも気軽に利用しやすい仮想通貨取引所です。

コインチェックでは、500円相当から仮想通貨を取引できるので、お小遣い範囲から始めることができます。NFTマーケットプレイス、仮想通貨積立や貸仮想通貨と、業界内でトップクラスにサービスのバリエーションが多彩な取引所となっています。

LINE BITMAXはLINEアプリ上で仮想通貨取引ができるので、普段からLINEを使っている方にとって手軽に利用しやすいサービスです。仮想通貨の購入画面もシンプルなので、初心者でも簡単に操作できるでしょう。またLINE BITMAXでは他社では取り扱っていない「LINK」という仮想通貨を取り扱っています。「LINK」は、LINEが独自に開発したプライベートブロックチェーン「LINE Blockchain(旧名称:LINK Chain)」を用いて発行された仮想通貨です。LINE Blockchainのサービスの成長性について、別途検討してみても良いでしょう。

どちらも口座開設はスマホアプリから無料でできるので、気になる方は2つの取引所をチェックしてみてください。アプリの使用感を確認しながら、ご自身の好みに合ったサービスを使い分けても良いでしょう。ぜひ参考にしてみてください。

The following two tabs change content below.
立花 佑

立花 佑

自身も仮想通貨を保有しているWebライターです。HEDGE GUIDEでは、仮想通貨やブロックチェーン関連の記事を担当。私自身も仮想通貨について勉強しながら記事を書いています。正しい情報を分かりやすく読者の皆様に伝えることを心がけています。