TAG 住宅購入

国内不動産投資

賃貸住宅に魅力を感じるコンセプト、「防災賃貸住宅」が人気トップに。リクルート調査

株式会社リクルートが9月25日発表した「2021年度賃貸契約者動向調査(首都圏)」で、賃貸住宅に対して「魅力を感じるコンセプト」を質問したところ、「防災賃貸住宅」が1位となった。防災意識の高まりが賃貸住宅選びの大きなポイントになっているようだ。

投資・マネーコラム

今の家に住み続ける?住み替える?住み替えの費用やローン控除などを解説

様々な事情から住み替えを考える時、決断を左右する要因の一つが「お金」ではないでしょうか。住み替えにはいくら費用がかかるのか、ローンは組めるのか、今住んでいる家を売った資金でローンを返せない場合はどうするかといった心配事は尽きません。そこで今回は、住み替えに必要な資金や利用できるローン、支払う税金などを詳しく解説します。

国内不動産投資

「持家派」多数も「賃貸派」微増、不動産意識調査にみる一般消費者の今

不動産は「買い時だと思わない」人が微増、「持家派」が8割強も、「賃貸派」が微増、19.5%、約半数は既存住宅(中古住宅)に抵抗感がない――全国宅地建物取引業協会連合会(全宅連)・全国宅地建物取引業保証協会(全宅保証協会)が「不動産の日」(9月23日)にちなんで一般消費者向けに実施している不動産に関する意識調査で、こんな傾向が明らかになった。

マンション投資

「人気の街に住みたい!」賃貸で住む?それともマンションを買った方が得?

住宅情報誌を眺めていると、人気エリアの特集や街の魅力などが大きく取り上げられており、「いつかは住んでみたいな」と一度は思ったことがあるという方も少なくないでしょう。今回は、人気のエリア・街に、賃貸で済んだ場合とマンションを購入した場合にどちらか得か、家賃だけではなく、その他の違いについても比較してみたいと思います。

東京の仮想通貨セミナー

マイホーム購入は複数回の時代?都心で2回以上不動産購入は4割 

住宅を単に「住む場所」だけでなく、その「資産性」に着目する購入者が増えているようだ。株式会社リクルート住まいカンパニーが制作するの住宅情報誌「都心に住む by SUUMO」1月号(11月26日発売)は「半投半住 資産形成 売れる家・貸せる家」のタイトルで、将来の売却や賃貸を見越した住宅購入戦略を紹介している。