住宅購入のタイミングはやっぱり「結婚」「出産」、マイナビ調査

株式会社マイナビは総合情報サイト「マイナビニュース」の会員に実施したアンケート調査の結果を11月21日発表した。住宅購入をしたことがあったのは507人。うち89.9%が現在もその家に住んでいる。

「なぜそのタイミングで購入したのか」を自由回答で訊ねたところ、特に多かったのは「結婚・出産」だった。結婚・出産を理由に挙げている回答は、

「家族計画等の将来設計をしたから」(39歳男性/事務・企画・経営関連)
「子どもが生まれて広い部屋が必要になったから」(32歳男性/販売・サービス関連/)など、30代の男性が目立つ。いずれも築5年未満の中古マンションを購入していた。

「いい物件に出会ったから」という回答も多い。

「ネット検索でたまたま希望する条件に近い物件を見つけた」(58歳男性/専門サービス関連/マンション/新築/5年未満)
「たまたま魅力的な物件を見つけたから」(39歳女性/クリエイティブ関連/マンション/新築/5年未満)など。

時期は未定でも、住みたい物件の条件が明確なら、「偶然」も立派なタイミングになる。

「借家に住んでいたが、引っ越さなければならなくなった」
「社宅を出る必要があった」
「区画整理で引っ越しを余儀なくされた」など、やむを得ず購入に踏み切るケースも。
40代~50代の回答が多く、この年齢は賃貸か購入かを選択する節目といえそうだ。

先立つものは、やはりお金だ。

「退職したときにまとまったお金が入ったので」(49歳男性/営業関連/マンション/新築/5年以上10年未満)
「ちょうど購入資金がある程度確保できたから」(44歳男性/その他・専業主婦等/マンション/中古/10年以上15年未満)
「一括で購入出来る資金が貯まったから」(35歳男性/事務・企画・経営関連/マンション/新築/5年以上10年未満)など、購入資金は計画的に貯めておきたいと思わされる。

環境や家賃の値上げもトリガーになる。

「子どもの進学」「親と住むため」「家賃が上がってローンと変わらないので」といった回答のほか、「賃貸マンションに住んでいたが、子どもたちが家の中を走り回ることで下の階よりクレームがきたため、この機に買うことにした」「当時住んでいたアパートのすぐ隣に高層マンションが建つ事になり環境が悪化しそうだったので」など、隣近所の事情も影響する。

ほか、「定年退職までに住宅ローンを終わらせたかった」「夫婦でモデルハウスまわりをしていたら家を建てたくなった」や、「なんとなく」「たまたま」といった声もあり、多様。

調査は「マイホームの購入にはある程度の「勢い」も必要なのかもしれないが、高価な買い物だけに後悔しないよう」と締めくくる。

調査時期: 2018年10月24日
調査対象: マイナビニュース会員
調査数: 1,001名
調査方法: インターネットログイン式アンケート

【参考記事】マイナビニュース「家をいつ買いましたか?住宅購入経験者にタイミングを聞いてみた
【関連記事】「毎月の家賃高いかも…?」と思っている方へ。知らないと損するマンション購入の話

コンパクトマンション最新情報

都心の投資用マンション開発・販売を中心に手がける東証1部上場のプロパティエージェントは、物件の立地・建物とも高品質で入居率99.58%(2018年10月時点)の実績のある会社。2018年に行われた投資用マンションオーナー3,000人に対して行われた調査でも、3年連続で顧客満足度・第1位(アイ・エヌ・ジー・ドットコム 調べ)を獲得しており、オーナーからも非常に高い評価を獲得している。

コンパクトマンションのほうでは、「住んでよし、貸してよし」のコンセプトで、都心を中心に『ヴァースクレイシア』というシリーズのマンションを提供。2017年10月に竣工した『ヴァースクレイシア銀座東』が一般社団法人全国住宅産業協会「第8回優良事業賞」を受賞するなど物件の高い品質が認められていることに加えて、マンション購入後も貸したり売ったりする際のサポートを手厚くしてもらえることなどから、ライフスタイルの変化に敏感な女性を中心に高い人気がある。

プロパティエージェントのコンパクトマンション・ヴァースクレイシア

現在販売中のプロパティエージェントのコンパクトマンション

The following two tabs change content below.

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チームは、不動産投資や金融知識が豊富なメンバーが不動産投資の基礎知識からローン融資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」