ロボアドバイザー「ウェルスナビ」12月22日上場へ。上場4年目にして達成

ロボアドバイザーの「WealthNavi(ウェルスナビ)」を提供する株式会社ウェルスナビは11月18日、東京証券取引所マザーズ市場への新規上場が承認されたと発表した。上場日は2020年12月22日の予定で、想定発行価格1100円、公募株数250万、売出株数1309万4300。オーバーアロットメントは155万9400株。証券コードは7342。主幹事はSBI証券、大和証券。その他の取扱い証券会社は、みずほ証券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券、野村證券、岡三証券。

「WealthNavi」はスマートフォンで利用できるロボアドバイザーで、6~7つのETF(上場投資信託)を通じ、世界約50カ国1万1000銘柄に分散投資するサービスを提供。資産配分の決定から発注、積立、リバランス、税金最適化まですべて自動で行い、30代~50代の「忙しく働く世代」を中心に、資産形成をサポートする。

同社は2015年4月に創業。代表取締役の柴山和久氏は東京大学を卒業後、日英の財務省で予算や税制、金融など幅広い仕組みづくりに携わった経験を持つ。退職後はマッキンゼーに勤務、機関投資家のサポートやリスク管理、資産運用プロジェクトを手がけた。

2017年1月に株式会社SBI証券と提携し「WealthNavi for SBI証券」の提供を開始。以降は全日本空輸株式会社(ANA)、ソニー銀行株式会社、株式会社イオン銀行などと次々に提携、パートナーを増やしている。2020年8月には株式会社三菱UFJ銀行と「WealthNavi for 三菱UFJ銀行(仮称)」の提供に向けた業務提携、2020年11月10日にはWealthNaviの預かり資産3100億円を突破している。

【関連サイト】ウェルスナビ(WealthNavi)
【関連記事】ウェルスナビ(WealthNavi)の評判・口コミ
【関連記事】ウェルスナビ(WealthNavi)の実績・運営企業

※本記事は投資家への情報提供を目的としており、特定の企業・商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する決定は、利用者ご自身のご判断において行われますようお願い致します。

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 ロボアドバイザーチーム

HEDGE GUIDE 編集部 ロボアドバイザーチーム

HEDGE GUIDE 編集部 ロボアドバイザーチームは、ロボアドバイザーに関する知識が豊富なメンバーが投資の基礎知識からロボアドバイザーのポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」