【ビットコイン投資初心者向け】知っておきたい「販売所」と「取引所」の違いについて解説

ビットコインを購入しようと考えて暗号資産取引所を見てみると、「取引所」と「販売所」の2種類あることに気づいて「どちらを利用した方が良いのだろう」と感じた方も多いのではないでしょうか。ここでは、販売所と取引所の仕組みの違いや、メリットやデメリットについて詳しく解説します。それぞれの利点を活かしながらどのように利用するのが良いか考えてみたいと思います。

目次

  1. 取引所とは?
  2. 販売所とは?
  3. 取引所と販売所の使い分け
  4. 販売所と取引所の両方を提供する暗号資産交換業者
    4-1. 取扱銘柄数が国内最多のコインチェック
    4-2. アルトコインのレバレッジ取引も可能なGMOコイン
    4-3. SBIグループの暗号資産取引所SBI VCトレード
    4-4. ビットコイン取引量No.1!bitFlyer
  5. まとめ

①取引所とは?

GMO board
取引所というのは投資家同士が売買注文を使って暗号資産(仮想通貨)を取引するものです。運営会社は取引当事者を仲介する「板」と呼ばれる取引場所を提供します。ビットコインを購入したい投資家は板に並んだ売り注文をテイクするか、自分で「買い」の指値注文を発注します。後者の場合、反対注文(自分が「購入」の場合に、反対の「売り注文」のこと)を出す投資家が現れるまで待つ必要があります。

比較的取引手数料を抑えられる可能性がありますが、必ずしも自分が購入したい数量のビットコインをすぐに取引できる訳ではない方法となっています。

②販売所とは?

GMO OTC
販売所というのは、投資家が暗号資産取引所を相手にビットコインを購入(売却)する仕組みです。提示価格ですぐに購入(売却)できることが利点です。

販売所の注文画面は「買値」と「売値」だけがシンプルに表示されており、わかりやすいので初心者向きの取引方法と言えます。しかし、購入価格と売却価格の差(スプレッド)が、実質的な手数料の役割を果たしています。そのため、取引所と比べて購入価格は高く、売却価格は低くなる傾向があります。スプレッドは市場環境や銘柄、企業によって異なるため、必ず確認しながら利用するようにしましょう。

③取引所と販売所の使い分け

こうした特徴の違いから「どちらを利用すればいいのか」と迷う方もいるのではないでしょうか。基本的には自分が使いやすい暗号資産取引所を利用すれば良いのですが、手数料をできるだけ抑えて安く暗号資産を購入したいということであれば「取引所」、多少の手数料を払っても確実に暗号資産を購入したい、または板取引よりももっとわかりやすい画面で暗号資産を購入したいという方は「販売所」を利用すると良いでしょう。

暗号資産取引所によっては、長期投資をサポートする機能やビットコインをもらえるサービスなど、特徴的なサービスを扱っている取引所もありますので、取引所か販売所かという軸以外で利用する暗号資産取引所を決める投資家もいます。

④販売所と取引所の両方を提供する暗号資産交換業者

上記のポイントを踏まえて、ここでは販売所と取引所の両方を提供している暗号資産交換業者をご紹介します。自分に合っている取引所を探してみましょう。

4-1. 取扱銘柄数が国内最多のコインチェック

Coincheck
コインチェックはマネックスグループ株式会社の子会社であるコインチェック株式会社が運営している暗号資産取引所です。本人登録済みのユーザー数は99万口座で、国内No.1(2020年7~9月期のマネックスグループ決算より)となっています。

コインチェックの販売所は、国内で最多となる14種類の暗号資産(ビットコイン、XRP、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、XEM、イーサリアムクラシック、リスク、ファクトム、ライトコイン、モナコイン、ステラルーメン、クアンタム、BAT、IOST)を取り扱っています。いずれも500円相当の少額から購入することができ、直感的に操作ができるIU(ユーザーインターフェイス)が特徴的です。

コインチェックの取引所は手数料無料で利用でき、初心者にも簡単に取引できるようシンプルに設計されているのが特徴です。取引所で利用できる暗号資産はビットコイン(BTC/JPY)とファクトム(FCT/JPY)、イーサリアムクラシック(ETC/JPY)、モナコイン(MONA/JPY)ですが、今後も随時追加されていく模様です。

4-2. アルトコインのレバレッジ取引も可能なGMOコイン

bitFlyer
GMOコインは東証一部上場のGMOインターネットのグループ会社です。GMOクリック証券の金融サービス提供で培われたノウハウやセキュリティ管理体制などが、GMOコインのサービスにも活かされています。

GMOコインの販売所と暗号資産FXでは、9種類の暗号資産(ビットコイン、イーサリアム、XRP、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、ネム、ステラルーメン、BAT、OMG)を取り扱っています。暗号資産FXは、最大4倍のレバレッジ取引が可能です。

一方、取引所(現物取引)と取引所(レバレッジ取引)では、5種類の銘柄(ビットコイン、イーサリアム、XRP、ビットコインキャッシュ、ライトコイン)を取り扱っています。取引所は、メイカー(指値注文)にマイナス手数料を採用しているため、頻繁に取引を行う方にとってメリットがあります。また、取引所(レバレッジ取引)は、PC専用の高機能ツール「WebTrader」を備えており、TradingViewの81種類のインジケーターと70種類以上の描画機能を利用できます。

4-3. SBIグループの暗号資産取引所SBI VCトレード

VCTRADE
SBI VCトレードはSBIグループのSBI VCトレード株式会社が運営する暗号資産販売所です。SBIグループが金融機関として培ったノウハウを活用し、セキュリティや運営面はもちろん、取扱通貨やスプレッドまで、顧客を第一に考えた取り組みが特徴です。SBI VCトレードは販売所(VCTRADE)と取引所(VCTRADE Pro)の両方でXRP、ビットコイン、イーサリアムの3種類を取り扱っています。

販売所(VCTRADE)は、成行注文と価格指定注文をすることができるほか、他社と比べてスプレッドも狭い傾向がある点が特長です。取引所(VCTRADE Pro)の取引手数料は無料であり、マーケットメイカー(MM)が常時流動性を供給しているので利用しやすくなっています。

4-4. ビットコイン取引量No.1!bitFlyer


株式会社bitFlyerが運営する暗号資産取引所bitFlyerは、国内の主要メガバンクやベンチャーキャピタル(SMBCベンチャーキャピタル、みずほフィナンシャルグループ、三菱UFJキャピタル等)から出資を受けています。

bitFlyerの販売所は、11種類の暗号資産(ビットコイン、イーサリアム、XRP、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、リスク、イーサリアムクラシック、モナコイン、BAT、ステラルーメン、ネム)を取り扱っています。少額投資が可能で、ビットコインの最小注文数は0.00000001 BTCとなっています。

bitFlyer は、取引所サービスとしてビットコイン取引所(簡単取引所)と bitFlyer Lightning(プロ向けビットコイン取引所)を提供しています。簡単引所は初心者向けにわかりやすさを重視したUI(ユーザーインターフェース)となっています。

bitFlyer Lightningは高機能取引ツールを利用できる取引所で、ビットコイン・イーサリアム・ビットコインキャッシュの現物取引と、ビットコインのレバレッジ取引に対応しています。現物・差金決済・先物取引を含むbitFlyerのビットコイン取引量は国内No.1となっています(2019年総月間出来高、Bitcoin日本語情報サイト調べ)。

⑤まとめ

今回ご紹介したように、暗号資産交換業者が販売所と取引所の両方を提供しているケースがあります。販売所はトレーディングに不慣れな投資初心者や、頻繁に売買をする必要がない中長期的な投資に向いていますが、最初から取引所を利用しても良いでしょう。

取引方法によって取扱っている暗号資産の種類や、レバレッジ取引の有無など、各社違いがあります。多くの暗号資産に投資をしたいならコインチェック、アルトコインでレバレッジ取引がしたいならGMOコイン、ビットコインの板取引ならbitFlyerやSBI VCトレードといったように、皆様の目的に合わせたサービスを選んでみましょう。

暗号資産取引所では緊急メンテナンスや万が一の取引制限などでアクセスできない場合もありますので、複数の取引所に口座を開設しておくことで、いつでも取引できる状況にしておくことができます。暗号資産取引所の口座開設は無料でできますので、これを機に各社サービスがどのようなものか、実際に確認してみてください。

The following two tabs change content below.
立花 佑

立花 佑

自身も仮想通貨を保有しているWebライターです。HEDGE GUIDEでは、仮想通貨やブロックチェーン関連の記事を担当。私自身も仮想通貨について勉強しながら記事を書いています。正しい情報を分かりやすく読者の皆様に伝えることを心がけています。