SMBCグループ、寄付をテーマにしたイベント「寄付のデザイン」を開催

三井住友フィナンシャルグループが運営するGREEN×GLOBE Partners(GGP)は、2021年6月30日(水)に新たな寄付のかたちをテーマにしたイベント「寄付のデザインー寄付から生まれるサステナブルな社会とは?」を開催する。

ゲストには、新たな寄付のかたちに挑戦している株式会社SOLIO代表取締役の今井紀明氏と、一般社団法人more trees 事務局長の水谷伸吉氏を招く。セッション1では今井氏が「現代社会における新たな寄付のかたち」を語り、セッション2で水谷氏が「サステナブルな森づくりと寄付」について話す。最後に「サステナブルな寄付のあり方とは」をテーマにパネルディスカッションを行う予定だ。

本イベントでは、寄付が社会にどのようなつながりをつくって価値の循環を促しているか、また寄付から始まるサステナブルな社会のつくり方をともに考えていく。寄付を始めたいと思っている人、CSR、サステナビリティ推進部署の人、取り組みたい環境、社会課題はあるがアクションに迷っている人などにおすすめだ。

日本の寄付の市場規模はアメリカの約40分の1で、日本人にとっては馴染みが薄い。「金額の大きさこそが寄付の貢献の大きさである」という印象を持っている人が多いことが、寄付を身近に感じられない一つの要因でもある。GGPは「一緒に課題を解決したい」という気持ちこそが寄付の価値になるという考えから、イベントの開催に至ったという。

「社会課題の解決に何らかの形で貢献したい」「自分の寄付が、少しでも誰かの力になってほしい」という思いを持つ人が気軽に寄付をすることで、「誰かの役に立てた」と実感できれば、一歩ずつサステナブルな社会に近づいていくだろう。

GGPは、一社や一個人だけでは解決できない環境や社会課題に対して、ともに考え、仲間を見つけ、アクションの起点となるために活動している。そのために、サステナビリティに関するイベントの開催や情報発信を行っている。

イベント概要

「寄付のデザインー寄付から生まれるサステナブルな社会とは?」

日時:2021年6月30日(水)16時30分〜18時05分
主催:株式会社三井住友フィナンシャルグループ、株式会社三井住友銀行、株式会社ロフトワーク
ゲスト:株式会社SOLIO 代表取締役 今井紀明氏、一般社団法人more trees 事務局長 水谷伸吉氏
定員:オンライン100名、会場10名(応募者多数の場合は抽選)
参加費:無料

The following two tabs change content below.
岡村 幸治

岡村 幸治

フリーライター。2020年までスポーツニッポン新聞社で野球記者を務め、読売巨人軍やアマチュア野球などの取材、原稿執筆を担当。得意分野はスポーツ、旅行、ニュース記事。中立でわかりやすい記事を心がけています。 
Twitter:@koji__O