2021年2月の首都圏の新築マンション発売戸数3ケ月連続で増加。不動産経済研調べ

株式会社不動産経済研究所が3月18日発表した2月のマンション市場動向調査で、首都圏の新築マンション発売戸数は前年同月比50.7%増の2243戸と3カ月連続で増加した。契約戸数は1705戸、消費者が購入した割合を示す月間契約率は76.0%(同16.7ポイント増)となった。3月の発売戸数は2500戸の見通し。

首都圏のマンション発売で、前年同月(1488戸)比50.7%増、前月(1325戸)比69.3%増となった。都区部は2020年10月以来の増加。しかし、平均価格は6380万円、㎡単価94.8万円で、いずれも3カ月連続の下落となっている。

販売在庫数は7891戸で前月末比601戸の減少。(今年1月末は8492戸、2020年2月末8166戸)。即日完売物件はなし。

超高層物件(20階以上)は13物件451戸(81.9%増)、契約率84.0%。(前年同月10物件248戸、契約率51.2%。新規発売戸数は2243戸で、対前年同月(1488戸)比50.7%増、対前月(1,325戸)比69.3%増となった。

地域別発売戸数は東京都区部1050戸(全体比46.8%、前年同月比61.0%増)、都下123戸(同5.5%、47.2%減)、神奈川県777戸(同34.6%、131.9%増)、埼玉県97戸(同4.3%、44.3%減)、千葉196戸(同8.7%、108.5%増)で、都のシェアは52.3%。
った。

近畿圏の新築マンション発売戸数は同66.0%増の1718戸だった。契約戸数は1349戸で、月間契約率は同3.2ポイント上昇の78.5%だった。

同社は3月の発売戸数を1400戸程度と見込んでいる。

【参照記事】不動産経済研究所「首都圏のマンション動向 2021年年2月度」

The following two tabs change content below.
アバター

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チームは、不動産投資や金融知識が豊富なメンバーが不動産投資の基礎知識からローン融資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」