7月の首都圏マンション発売戸数、11カ月ぶり増加に。不動産経済研調査

不動産調査の不動産経済研究所が20日発表した7月のマンション市場動向調査で、同月の首都圏の新規発売戸数は前年同月比7.8%増の2083戸で、11カ月ぶりの増加となった。前月(1543戸)比では35.0%増。平均価格は6124万円、1平方メートル単価 91.3万円と、価格は引き続き上昇した。

20年1~6月に首都圏で発売された分譲マンションは7497戸と前年同期比で5939戸減少。新型コロナウイルス感染拡大と緊急事態宣言による店舗の休業、対面販売の自粛などが響いた。宣言の終了を受け、各社が夏のボーナス期に向けて営業を再開した影響とみられる。

同月の地域別発売戸数は東京都区部744戸(全体比35.7%、前年同月比19.3%減)、都下266戸(同12.8%、42.2%増)、神奈川54戸(同26.6%、53.5%増)、埼玉383戸(同18.4% 、42.9%増)、千葉136戸(同6.5%、29.9%減)となり、東京のシェアは48.5%を占めた。

新規発売戸数に対する契約戸数は1299戸で、月間契約率は62.4%。前月の73.2%に比べ10.8ポイント減少、前年同月(67.9%)比で5.5ポイント減少した。

同月の一戸あたり平均価格、一平方メートル単価はそれぞれ6124万円、91.3万円で、6月は6389万円、96.9万円だったため、前月比総額では265万円(4.1%)の減少、1平方メートル単価は5.6万円(5.8%)の減少。しかし19年7月は5676万円、86.0万円だったため前年同月比総額は448万円(7.9%)、1平方メートル単価は5.3万円(6.2%)といずれも上昇となっている。

同月の1戸あたり平均価格と1平方メートルあたり単価は、それぞれ6124万円、91.3万円で、6月の6389万円 、96.9万円と比べ総額で265万円(4.1%)のダウン、1平方メートル単価は5.6万円(5.8%)減少した。

7月末時点で翌月に繰り越した販売在庫数は7250戸で、6月末(7389戸)から減少した。8月の発売戸数は1000戸の見込み。

同日発表した近畿圏のマンション市場動向によると、発売戸数は前年同月比48.5%減の921戸で、4カ月連続で前年同月を下回った。7月としては1991年(914 戸)以来の低水準。戸あたり価格は5カ月連続上昇、契約率は67.4%で、2カ月ぶりの70%割れとなった。

【参照記事】不動産経済研究所「首都圏マンション市場動向2020年7月度」

The following two tabs change content below.

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チームは、不動産投資や金融知識が豊富なメンバーが不動産投資の基礎知識からローン融資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」