7月の首都圏マンション発売戸数35%減、7カ月連続減少

不動産経済研究所が19日発表した7月の首都圏のマンション市場動向で、新築マンションの発売は前年同月比35.3%減の1932戸となった。前月(2259戸)比14.5%減で、7カ月連続の減少。7月としては1976年(1571戸)以来の低水準となった。不動産業者が在庫の販売を優先したことなどが影響した。平均価格は5676万円、㎡単価86万円で、前年同月比で戸当り515万円(8.3%)の減少で、いずれも下落が続いている。

地域別発売戸数は東京都区部922戸(全体比47.7%、前年同月比35.8%減)、都下187戸(同9.7%、55.3%減)、神奈川県361戸(同18.7%、37.1%減)、埼玉県268戸(同13.9%、7.3%減)、千葉県194 戸(同10%、27.6%減)となった。

新規発売戸数に対する契約率は67.9%で、前年同月比0.1ポイント、前月比では2.0ポイント上昇した。販売在庫数は7115 戸で前月末比323 戸の減少。即日完売物件はなかった。20階以上の超高層物件は17 物件143戸で前年同月比76.5%減、契約率は62.2%(前年同月は71.9%)だった

7月の地域別平均価格、1㎡当り分譲単価は東京都区部6540万円、106.7万円(10%ダウン、6.9%ダウン)、都下5207万円、74.6万円(1.0%ダウン、0.4%アップ)、神奈川県5290万円、77.7万円(5.9%ダウン、0.1%ダウン)、埼玉県4664万円、64.4万円(6.5%ダウン、11.4%ダウン)、千葉県4141万円、57.3 万円(5.2%ダウン、4.2%ダウン)と軒並み下落した。

7月末現在の翌月繰越販売在庫数は7115戸で、6月末現在の7438戸に比べ323戸減少。8月の発売戸数は2000戸の見込みで、秋以降は大型の案件が控えている。

【参照記事】不動産経済研究所「首都圏のマンション市場動向」(2019年8月度)

The following two tabs change content below.

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チームは、不動産投資や金融知識が豊富なメンバーが不動産投資の基礎知識からローン融資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」