クラウドリアルティ「京町家再生プロジェクト」募集期限前に成立、海外案件募集開始

株式会社クラウドリアルティは6月26日、P2P型の不動産クラウドファンディング「Crowd Realty」を正式公開後、初案件の「京町家再生プロジェクト」で、111名の投資家により7,200万円の出資を受け、募集期限前に満額成立し、さらに海外案件の募集を開始したことを公表した

「京町家再生プロジェクト」では、東山区五条坂下エリアの京町家の取得・宿泊施設へのリノベーションを目的に投資を募集した。宿泊施設の運営は、京都で実績のある施設運営者により行われ、プロジェクト終了時には新たな所有者に売却し、売却後も宿泊施設として継続して運営されることを想定している。目標額7,200万円に対し初日には770万円が集まり、募集期限前に満額成立した。

投資家の居住エリアは関東が大半を占めながらも北海道から沖縄まで広範囲であっただけでなく年齢も20代から60代であった。また、不動産投資未経験者が66%と半数以上を占めた。

投資家分布

新たに募集を開始した海外案件「エストニア不動産担保ローン2号」においては、提携先であるEstateGuruを通し、エストニア共和国内の不動産に関する投資又は不動産を有効活用した事業を行うために資金を必要としている事業者に対して貸付を行うファンドを募集する。

エストニア投資

「Crowd Realty」を通して欧州の不動産に投資することで、欧州の銀行への口座開設や税務申告などの手間が削減でき、現地の弁護士を含め当社のスタッフが対象不動産に対してデューデリジェンス(価値やリスクの評価)を行うため、厳選した案件に投資が可能となる。

募集は1口50,000円とし、募集総額は2,000万円、投資対象は「不動産担保ローン」だ。運用期間は12ヵ月を想定しており、分配は償還時となっている。今後は、EstateGuruとの提携により、機関投資家向けの案件への投資機会も提供していく見通しだ。

【参照リリース】”P2P型の不動産クラウドファンディング”「Crowd Realty」が国内1号案件で満額成立

(Hedgeニュース編集部 平井 真理)

The following two tabs change content below.
平井真理

平井真理

インバウンド不動産投資・民泊投資をはじめとする幅広い業界にてニュース記事・ノウハウ記事・プレスリリースなどの執筆に携わる。「HEDGE GUIDE」では、主にニュース記事の執筆を担当。不動産業界, 仮想通貨関連の最新ニュースを読者の皆様に分かりやすく伝えることを心がけています。