海外不動産投資家、日本での目標利回りは何%?投資適格エリアは?海外の目線から学ぶ不動産投資戦略

海外不動産投資家、日本での目標利回りは○%!投資適格エリアは?海外の目線から学ぶ不動産投資戦略

国土交通省は「海外投資家アンケート調査」というものを定期的に実施しており、そのなかでは海外の機関投資家の日本の不動産への投資意欲や、日本の不動産に投資する理由・投資しない理由、日本の不動産市場インフラに対する評価等が公表されています。この「海外投資家アンケート調査」が、前回の平成25年度から3年ぶりに実施されましたので、調査結果のなかで注目すべきポイントを何点か取り挙げてご紹介したいと思います。

日本での目標利回りは3%~5%が6割以上

日本の不動産投資における拠出金の目標運用利回りという質問項目では、「3~5%未満(66.7%)」が最も多く、次いで、「5~10%未満(20.5%)」となっています。

「平成28年度 海外投資家アンケート調査」日本の不動産投資における拠出金の目標運用利回り

海外のプロ投資家でも、不動産の目標利回りは4%~5%に据えていますので、それ以上の利回りは投資リスクが高いという認識を持っておくことが大切です。

東京は世界的に見ても投資適格エリアとして異論なし

日本における不動産投資の適格エリア(複数回答可)という質問項目では、すべての回答者が不動産投資の適格エリアとして、「東京」を挙げました。また、その他のエリアとしては「大阪」が71.8% 、「名古屋」が 48.7% となっており、東京以外の都市への投資はリスクが高いという認識を持っていることが分かります。

「平成28年度 海外投資家アンケート調査」日本における不動産投資の適格エリア

東京以外の都市で不動産投資を行うときは、自身が土地勘をしっかりと持っているか、信頼できる地元のパートナー会社とつながりがあるなどの強みを持った上で臨むのが良いでしょう。

「3年後の投資額」増加は日本がトップ

現在の投資額と3年後の投資額の比較という質問項目では、地域別で比較した場合に「増加」「やや増加」と回答した割合は日本が55.6%で最も高いという結果でした。

「平成28年度 海外投資家アンケート調査」現在の投資額と3年後の投資額の比較

日本はすでに不動産価格がかなり上昇し、利回りも低下しつつありますが、海外からは今後も安定的な利回りを生む投資先として期待されていることが分かります。これから不動産投資を始めようと検討している方にとっては、海外の機関投資家が日本への不動産投資を増やすということは安心材料の一つと言えるでしょう。

評価が高いのは規模・流動性・安定性、課題は情報の充実度など

投資地域の選択に際して重視する項目と日本に対する評価比較という調査項目で、日本に対する評価が高かったのは、「不動産市場の規模(68.8)」、「不動産市場の流動性(64.4)」「信頼できるパートナーの存在(59.8)」、「不動産投資関連制度の安定性(58.0)」でした。

一方で、「不動産投資関連情報の入手容易性(透明性)(0.0)」、「税優遇等の不動産投資におけるインセンティブの充実度(2.3)」などの項目は、他の地域と比べても評価が低く、透明性の高い情報や、税優遇の動向などについては海外からの関心が高いことが伺えます

「平成28年度 海外投資家アンケート調査」投資地域の選択に際して重視する項目と日本に対する評価比較

自分なりの不動産投資に関する情報源をしっかりと持ち、税制度や政策の動きに目を光らせておくことで、海外の不動産投資家よりも迅速に投資判断をすることができるようになる可能性があります。

これから不動産投資を始めたい方へ

海外の不動産投資家は、目標利回り4%~5%で、東京を中心とした主要都市での投資、流動性の高い物件への投資を中心に行っています。また、透明性・信頼性の高い情報を入手することやパートナー会社をきちんと見つけることも大切です。

以下では、初心者向けの不動産投資セミナーを開催している会社や、信頼性の高いパートナー会社をご紹介していますので、まずは情報収集をかねて複数社から話を聞いてみることをおすすめします。

グローバルリンクマネジメント(GLM)

グローバルリンクマネジメントの不動産投資

グローバル・リンク・マネジメント(以下、GLM)は、不動産の開発から販売・管理までワンストップで行っている都内で有数の不動産投資会社です。東京23区・川崎駅から徒歩10分圏内でのみ開発を行っており、入居者率は99.57%(2018年6月末時点)、国内で唯一7年更新のサブリース契約のため、長期間で賃料変動が少ないといった特長があり、空室リスクが気になる方や安定した賃貸収入を得たいサラリーマンの方におすすめです。また、金融機関の提携先も豊富で低金利のローンが組むことできるという魅力もあり、成約の約84.44%(2017年度実績)がリピート・紹介という業界随一の顧客満足度を誇ります。定期的に初心者向けのセミナーも開催しており、セミナー参加特典として「不動産投資入門ガイド」を無料でもらえるなど、不動産投資初心者におすすめできる会社です。

プロパティエージェント

プロパティエージェントの評判・口コミ

プロパティエージェントは、東京23区・横浜エリアに集中したマンション開発により入居率99.6%(2018年8月時点)を誇る東証1部上場企業です。土地選定から建物の企画開発までをワンストップで手がけることで安全性と品質を担保したマンション供給を実現しており、上場企業ならではの安定した資本体制・コンプライアンスも魅力です。2017年3月のマンションオーナー向け調査では、「マンションの立地・顧客満足度 第1位」「マンションの建物・顧客満足度 第1位」「購入後・顧客満足度 第1位」(アイ・エヌ・ジー・ドットコム 調べ)を獲得しています。また、提携金融機関も12社と充実しており、物件の担保力の高さからフルローンでの融資実績が非常に豊富です。賃貸管理や確定申告サポートなどアフターフォローも充実しています。

シノケンハーモニー

シノケンハーモニーの不動産投資

シノケンハーモニーは、投資用アパート・マンション販売戸数No.1(全国賃貸新聞・不動産経済研究所・2015年調べ)を誇るジャスダック上場企業「シノケングループ」の企業です。利便性の高い駅近の立地を厳選することで、築25年以上の物件も含めて入居率99%(2018年3月末)の高水準を実現しています。無料で定期開催される不動産投資セミナーはTV・新聞でも取り上げられる話題のセミナーで、不動産投資の基礎から実践まで分かりやすく解説しています。不動産投資が初めての方から経験者の方まで、要望に合わせて開催してくれるおすすめのセミナーです。

The following two tabs change content below.

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チームは、不動産投資や金融知識が豊富なメンバーが不動産投資の基礎知識からローン融資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」