楽天スーパーポイントで寄付する方法は?主な寄付先や交換の手順も

楽天ポイントは、楽天グループが運営するポイントプログラムです。楽天グループの決済サービスを利用することで、様々な加盟店で貯めたり使用したりすることができます。

この楽天ポイントは、寄付に利用することも可能です。ポイントの活用先に悩む方は、現金を使用しない「ポイント寄付」に活用することも検討できます。

この記事では、楽天ポイントで寄付をする方法と主な寄付先、寄付の手順について解説します。

※この記事は2021年7月時点の情報に基づき執筆しています。最新情報はご自身にてご確認頂きますようお願い致します。

目次

  1. 楽天ポイントとは
    1-1.楽天ポイントの特徴と寄付利用
  2. 楽天クラッチ募金を利用して楽天ポイントで寄付する
    2-1.楽天クラッチ募金の主な寄付先
    2-2.楽天クラッチ募金の利用手順
  3. 楽天ふるさと納税を楽天ポイントでおこなう
    3-1.楽天ふるさと納税の利用手順
  4. まとめ

1.楽天ポイントとは

楽天ポイントとは、楽天グループ株式会社が運営しているポイントプログラムです。なお、2020年より楽天スーパーポイントから名称が変更になりました。

楽天グループが運営する様々な企業のサービスを利用することでポイントが貯まり、また、楽天グループの決済サービスを利用することで、様々な加盟店のサービスでポイントを貯めることができます。貯まったポイントは、1ポイント1円から使うことができます。

最も代表的な楽天のサービスは楽天市場というネットショップになります。楽天市場に登録し、ショッピングをすることでポイントを貯め、また使用することができます。楽天市場ではポイント倍付けキャンペーンなどがありますが、原則、購入額の1%がポイント還元率となっています。

決済サービスには、楽天カード(クレジットカード)、楽天Edy(チャージ式電子マネー)、楽天Pay(スマホ決済アプリ)があります。楽天カードでは還元率1%、楽天Payでは1%がポイント還元率となります。楽天Edyでは200円ごとに1ポイントが付与されます。

1-1.楽天ポイントの特徴と寄付利用

楽天ポイントには、有効期限があります。特に、期間限定ポイントは通常ポイントの有効期限よりも短く、注意していないと失効してしまうことがあります。

また、1回の支払いや1カ月で使えるポイント数は、ポイントの獲得数などに応じたランクによって上限が設けられています。それぞれの楽天のサービスの中にも、利用できるポイント数の上限が設けられていることがあります。

このように、楽天ポイントは有効期限や利用上限の関係で使い切れないポイントがあり、使わないまま失効してしまう場合もあるでしょう。使い切れない楽天ポイントを失効前に寄付することで、社会貢献のために有効利用することができます。

2.楽天クラッチ募金を利用して楽天ポイントで寄付する

楽天クラッチ募金とは、楽天グループが運営する募金サイトです。2011年の東日本大震災の際に創設されて以来、国内外の災害支援を中心にプロジェクト形式で累計約13億円の募金を集めています。楽天ポイントを利用する場合、1ポイントから寄付ができるのが特徴です。

2-1.楽天クラッチ募金の主な寄付先

2021年7月現在、楽天クラッチ募金が募集しているプロジェクトは、令和3年7月豪雨被害支援募金、新型コロナウイルス感染症対策支援募金(第3期)、災害対策支援募金の3つです。

令和3年7月豪雨被害支援募金

令和3年7月1日頃から降り続いた大雨により、静岡県熱海市で大規模な土砂災害が発生しました。この災害で被害を受けられた方の支援のための募金です。募金は、日本赤十字社を通じて被災自治体への義援金として寄付されます。募金受付期間は、2021年8月9日までとなっています。

新型コロナウイルス感染症対策支援募金(第3期)

新型コロナウイルス感染症の影響が長期化する中、対策に取り組む活動を継続的に支援するための募金です。募金は、医療従事者など最前線で働く方々や、困難な環境に直面している子供たちへの支援などに活用されます。

公益財団法人日本財団「新型コロナウイルス緊急支援募金」に寄付されて活用される予定となっており、募金受付期間は、2021年9月30日までとなっています。

災害対策支援募金

近年各地で頻発している地震や台風などの自然災害に備え、大切な命を守るための募金です。国内外の災害発生時における初期対応や緊急支援活動などに広く活用されます。

寄付先は、特定非営利活動法人ジャパン・プラットホーム「緊急災害支援基金」が予定され、募金受付期間は、2021年8月31日までとなっています。

2-2.楽天クラッチ募金の利用手順

楽天クラッチ募金で楽天ポイントを寄付する手順は以下の通りとなります。

  • 楽天会員になる
  • 寄付を行うプロジェクトを選ぶ
  • ログインし支払い方法でポイントを選択して支払う

楽天会員になる

楽天カードなどの楽天の決済サービスその他の楽天サービスを利用していない場合、楽天会員になる必要があります。

楽天市場のウェブサイトから、楽天会員の登録を行いましょう。メールアドレス・ユーザID、パスワード、氏名、誕生日、性別が登録の必須項目となります。

寄付を行うプロジェクトを選ぶ

楽天クラッチ募金のページから、寄付を行うプロジェクトを選び、クリックします。プロジェクトの概要、現在まで募金総額などが表示されますので確認をしたら、「楽天ポイントで募金する」をクリックします。

ログインし支払い方法でポイントを選択して支払う

募金したい金額を入力して「募金する」をクリックすると、楽天ポイントクラブの決済ページに移動するので、楽天会員IDとパスワードを入力してログインし、決済して募金が完了します。

3.楽天ふるさと納税を楽天ポイントでおこなう

楽天市場では、ふるさと納税が行えるようになっています。楽天市場でふるさと納税をおこなうことで、楽天ポイントを使ってふるさと納税をすることが可能です。

楽天市場内の楽天ふるさと納税サイトから返礼品を選ぶか、あるいは、トップページからキーワードで検索してふるさと納税の返礼品を選ぶこともできます。

3-1.楽天ふるさと納税の利用手順

楽天ふるさと納税の利用手順は以下のようになっています。

  • 楽天会員になる
  • 楽天市場から楽天ふるさと納税サイトにいく
  • ふるさと納税したい返礼品を選ぶ
  • 「寄付を申し込む」をクリックし、購入手続きでポイント利用をする

楽天会員になる

楽天ふるさと納税を楽天ポイントでおこなうには、楽天会員になる必要があります。
既に会員登録をしていない場合は、楽天市場のウェブサイトから、楽天会員の登録を行いましょう。メールアドレス・ユーザID、パスワード、氏名、誕生日、性別が登録の必須項目となります。

楽天市場から楽天ふるさと納税サイトにいく

楽天ふるさと納税は、楽天市場のサイトでおこなうことができます。楽天市場のサイトのリンクから、楽天ふるさと納税サイトに移動しましょう。

既に、ふるさと納税をしたい地方公共団体や、返礼品の品目などが決まっている場合、楽天市場のトップページの検索窓から、キーワードで検索することで、該当するふるさと納税の品目などを一覧表示することもできます。

ふるさと納税したい返礼品を選ぶ

楽天ふるさと納税サイトからふるさと納税の品を選ぶときは、「かんたん返礼品サーチ」から、金額帯、ジャンル、人気ランキング、寄付金の用途、地域から検索をして選ぶことができます。楽天ふるさと納税サイトが特集したコーナーから選ぶことも可能です。

「寄付を申し込む」をクリックし、購入手続きでポイント利用をする

楽天ふるさと納税サイトでは、返礼品を購入する形式で寄付をすることになります。ふるさと納税の返礼品ページで「寄付を申し込む」をクリックすると、購入手続きページに移動します。

購入手続きでポイント利用を選択することで楽天ポイントを使ってふるさと納税をすることができます。ワンストップ特例申請書の送付の要否を選ぶ部分があるので、忘れずに選択するようにしましょう。

まとめ

楽天ポイントで寄付をするには、楽天クラッチ募金サイトでプロジェクトに募金する方法と、楽天市場でふるさと納税をする方法があります。

いずれも、楽天ポイントを利用して寄付をするには、楽天の会員登録が必要です。ふるさと納税の場合は、楽天市場でふるさと納税の返礼品を購入する形式になります。

楽天スーパーポイントを利用した寄付方法は、余った楽天ポイントの有効活用を探している方や、現金負担が少ない寄付の方法を探している方にとってメリットのある手段と言えます。この記事を参考に、寄付先を検討してみましょう。

【関連記事】貯まったポイントを寄付するには?寄付できるポイントや寄付先も紹介

The following two tabs change content below.
佐藤 永一郎

佐藤 永一郎

筑波大学大学院修了。会計事務所、法律事務所に勤務しながら築古戸建ての不動産投資を行う。現在は、不動産投資の傍ら、不動産投資や税・法律系のライターとして活動しています。経験をベースに、分かりやすくて役に立つ記事の執筆を心がけています。