TAG FOLIO

ロボアドバイザーコラム

SBIラップの評判は?手数料やウェルスナビとの違い・比較も

個人投資家を中心に人気の高いSBI証券が「SBIラップ」の販売を開始しました。ラップ口座とは、運用をすべて任せられる(一任勘定)口座です。SBIラップはAIを使い8種類のETFから適宜にポートフォリオのバランスを調整する商品で、自身が銘柄選択をする必要がありません。

これまでも証券界の常識を覆してきたSBI証券が手がける商品だけに、関心を集めている新商品です。そこで、SBIラップと他社商品を比較し、サービス内容等をみていきましょう。

ロボアドバイザーコラム

ポイント投資はどこがおすすめ?メリット・デメリットや各社比較も

「ポイントで投資をする」という、新しい投資が広まりつつあります。この記事では共通ポイントの新しい活用方法とも言える「ポイント投資」を試したい人に向けて、ポイント投資とはどういうものなのか、ポイント投資の具体的なサービス、メリット・デメリット、投資を始める前に知っておくべきことをまとめてみました。

ロボアドバイザーコラム

FOLIO ROBO PROの評判は?メリット・デメリットや他社との違いを比較

資金運用を一部自動的に行ってくれる「ロボアドバイザー」。その中でも最近登場した、AIを本格的に活用したロボアドバイザーとして注目されているのが「FOLIO ROBO PRO」です。この記事では、FOLIO ROBO PROのメリット・デメリット、口コミ・評判をご紹介します。

folio(フォリオ)の評判・口コミ

folioの「テーマ投資」は、最低投資額10万円、手数料0.5%で最低10社に手軽に株式投資ができるサービスです。あらかじめプロが選定した銘柄が80種類以上のテーマにカテゴリ分けされており、興味のあるテーマを選んでリスクを抑えた形で楽しく運用することができます。また、投資家の投資スタイルに合わせたリバランスの提案があり、取引手数料は業界最低水準であることも大きな魅力です。

ロボアドバイザーコラム

FOLIO ROBO PROの実績・評判は?メリット・デメリットや他ロボアドとの比較も

プロ仕様のAI技術を活用したロボアドバイザー「FOLIO ROBO PRO」は短期でもリターンを見込みやすく、パフォーマンスの高さが初心者の方にも人気の投資サービスです。そこでこの記事では、FOLIO ROBO PROの特徴やメリット・デメリット、過去の運用実績について詳しくご紹介します。

Fintech

LINEスマート投資 ワンコイン投資で新年目標応援キャンペーン実施

株式会社FOLIOは、自社サービスを基盤とするLINE Financial株式会社の「LINEスマート投資」の500円から積立投資ができる「ワンコイン投資」で、2020年1月1日~14日まで期間限定でキャンペーンを実施する。対象期間中に「目標設定機能」を使い初めて目標を設定すると、LINEポイントをプレゼント。

Fintech

スマホと本人確認書類で口座開設、LINEスマート投資「スマホで完結、本人確認」提供開始

「LINE」から身近なテーマへの投資や積立投資などの資産づくりを行える「LINEスマート投資」を運営するLINE Financial株式会社は11月5日、スマートフォンと本人確認書類で口座開設ができる「スマホで完結、本人確認」の提供を開始した。

Fintech

500円から始められる「LINEスマート投資 ワンコイン投資」、初心者により親しみやすくリニューアル

無料通話アプリ「LINE」を使った「LINEスマート投資」の初心者向けサービス「ワンコイン投資」が10月24日、大幅にリニューアルされた。より利用しやすくする狙いで、オリジナル公式キャラクターの搭載、身近な目標を設定して投資ができる目標設定機能などが追加された。

Fintech

FOLIOが新たな投資テーマに「シェアビジネス」、構成銘柄はクラウドワークスなど6社

株式会社FOLIOは8月27日、新たな投資テーマとして「シェアビジネス」をラインナップに追加した。本テーマの構成銘柄はティーケーピー、クラウドワークス、ラクスル、パーク24、弁護士ドットコム、ソフトバンクグループ (27日時点)。シェアリングエコノミーの浸透とともにシェアビジネスで頭角を現す企業に注目する。

ロボアドバイザーコラム

テーマを選んで簡単に株式投資!「FOLIO」の評判や注意点を解説

「簡単に資産運用ができる」をテーマにした証券会社「FOLIO」。難しい株などの知識が無くても、「こういった分野に投資したい」と思って投資を始められる。そんな「テーマ投資」は、これからの投資の考え方や取り組み方も大きく変えていく可能性があります。今回はFOLIOの評判と注意点などをご紹介していきます。

Fintech

好きなテーマを選んで10社に分散投資「テーマ投資」利用者数増、FOLIOサイト刷新

オンライン証券の株式会社FOLIO(フォリオ)が好調だ。同社は、直感的に好きなテーマを選ぶだけでリスクを相対的に抑えた投資が行える「テーマ投資」や、ロボアドバイザーが自分に合った資産運用プランを提案・実行を行ってくれる「おまかせ投資」などの次世代型投資サービスを展開。