好きなテーマを選んで10社に分散投資「テーマ投資」利用者数増、FOLIOサイト刷新

オンライン証券の株式会社FOLIO(フォリオ)が好調だ。同社は、直感的に好きなテーマを選ぶだけでリスクを相対的に抑えた投資が行える「テーマ投資」や、ロボアドバイザーが自分に合った資産運用プランを提案・実行を行ってくれる「おまかせ投資」などの次世代型投資サービスを展開。3月6日に約1万円前後から投資が行える「ミニテーマ」を公開、企業・店舗での導入も進む「キャッシュレス・ジャパン」や、インバウンド需要の高まり・観光業に好機を見出す「ようこそ日本へ」、引き続き高まる美容ブームのホットトピック「アンチエイジング」など3銘柄全6種類を、6月5日まで期間限定で公開している。

初めてフォリオで投資テーマを購入した月間ユーザー数は前月から2倍に増えており、4月19日にサービスサイトをリニューアル、さらなる利用者増を図る。

FOLIOのサービスサイトについて、ユーザーインタビューでは「興味を持って訪れても、何を選べば良いか分からない」、「口座開設したものの、不安で資金投下できない」といった声もあった。金融機関が提供するサービスサイトは、専門用語や銘柄などが羅列され、初心者にとっては分かりづらい。FOLIOでは、一般的に難しい印象を持たれている投資の話に、「ワクワクする気持ちを抱いてもらえる」(同社)直感的でキャッチーなデザインを目指した。

主な変更点としては①FOLIOが提供する2つのサービス「テーマ投資」と「おまかせ投資」の位置付けを明確化、②FOLIOをはじめる方法について4ステップで図解、③Q&Aでよくある質問の中から初心者が疑問に思うことを6つに絞る、④投資の3つのコツを旅に例えて表現、⑤FOLIOのスマホアプリ「お金と社会のwebメディア『FOUND』」へのリンクを明確化している。6月5日まで、FOLIOにて新規口座を開設し、はじめてテーマ投資を行った人を対象に、抽選で100名に1万円をプレゼントするキャンペーンも実施中。

同社は国内株を取り扱う独立系証券会社において、約10年ぶりに新規参入し話題となったオンライン証券会社。18年8月に本格的な事業展開を開始。11月におまかせ投資をローンチ。テーマ投資やおまかせ投資を「新しい副業」として始める利用者を取り込んでいる。テーマ投資では、「ドローン」や「ガールズトレンド」といったテーマを選ぶだけで、複数の企業に10万円前後で分散投資が可能。それぞれのテーマは、同社が選定した10社で構成されており、分散投資することで株価変動リスクを比較的抑えることができ、簡単に資産運用することができる。

【関連サイト】FOLIO(フォリオ)
【関連記事】FOLIOの評判・口コミ

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 ロボアドバイザー・少額株式投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 ロボアドバイザー・少額株式投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 ロボアドバイザー・少額株式投資チームは、ロボアドバイザーや少額株式投資に関する知識が豊富なメンバーがロボアドバイザーの基礎知識から少額投資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」