folio(フォリオ)の評判・口コミ・口座開設

1. folio(フォリオ)の特徴

現在テレビCM全国放映中のfolio「テーマ投資」は、最低投資額10万円で10社から手軽に分散投資ができるサービスです。folioでは数ある銘柄の中から今後成長が見込めるプロ選定の銘柄が「VR」「京都」「シェアリングエコノミー」など80種類以上の旬なテーマにカテゴリ分けされています。株式投資初心者の方でも、興味のあるテーマを選ぶだけで簡単に株式投資を始めることができます。

株式購入の際には「バランス型」や「ディフェンス型」など投資スタイルに応じて4つのタイプが用意されているので、リスクを抑えた投資から、利回りを狙う投資まで目的に合わせて選択することができます。また、取引手数料が業界最低水準の0.5%であることも大きな魅力です。

運用中は新たなアプリをダウンロードすることなくLINEの画面から気軽に運用チェックをすることができます。さらに運用の中で銘柄の比率が大きく変わってしまった場合もプロの投資家から「リバランス(銘柄比率を購入当初の比率に戻すこと)」の提案を受けることもできます。

サービス名 folio(フォリオ)
URL https://folio-sec.com/
運営会社名 株式会社FOLIO
本社所在地 東京都千代田区一番町16-1 共同ビル一番町4F
設立 2015年
代表取締役 甲斐 真一郎

【代表経歴】
京都大学卒業後、ゴールドマン・サックス証券に入社し金利デリバティブトレーディングに従事。その後バークレイズ証券に転籍しアルゴリズム・金利オプショントレーディングの責任者を兼任。

資本金 91億2万1636円(2018年3月末時点)
社員数 83名(2019年1月調査時点)
主な資本提携・業務提携先 株式会社LINE
Rakuten Europe S.a.r.l.
ジャフコ SV5 共有投資事業有限責任組合など
上場有無 非上場
サービス開始年月 2018年8月
運用手数料 銘柄ごとに売買代金の0.5%(税抜き・最低手数料50円)(2019年1月時点)
最低投資金額 10万円前後
入金方法 銀行振込、リアルタイム入金
申込みから買付けまでの期間 最短翌日
出金までの期間 依頼日より最短3営業日
特定口座(源泉徴収あり) 選択可能(確定申告不要)
参考利回り 【テーマ別リターントップ層】利回り14%〜17.4%
【テーマ別リターンワースト層】利回り-4.1%〜-1.3%
(2019年1月から2019年2月までの実績値)
取扱銘柄数 450社程度
投資テーマ 80テーマ以上
リバランス リバランス頻度は基本的に3ヶ月に1回、必要に応じて複数回提案することもあり(銘柄入れ替えも含む)。
※リバランスとは、相場の価格変動に応じて保有割合を再調整すること

※2019年1月時点の情報となります。最新情報に関しては上記サイトを御覧ください。上記はテーマ投資に関する情報です。おまかせ投資の場合は内容が異なります。

2. folioに関するニュース

3. folioのおすすめポイント

  1. 各銘柄1社から購入できる!10万円からはじめる10社の分散投資
  2. 選べるテーマは80種以上。今後成長が見込める分野を厳選
  3. 投資スタイルは自由自在。「自分で決める」納得の投資を実現
  4. 4つの手数料が無料。さらに取引手数料は業界最低水準の0.5%
  5. 運用中もLINEで楽々アクセス

3-1. テレビCM放映中!10万円からはじめる10社の分散投資

folioの分散投資 folioでは通常100株単位で行われる株式取引を各銘柄1株から購入することができます。しかもプロが選定した有望企業の株なので初心者にも安心。
また、10社の株がパッケージになっているため、10万円前後で簡単に分散投資が可能な仕組みになっています。

3-2. 選べるテーマは80種以上。今後成長が見込める分野を厳選

なかなか決められないのが投資先。folioでは今後成長が見込める「京都」や「VR」といったプロが厳選した80種以上の幅広いテーマにカテゴリ分けされています。私たち投資家は興味のあるテーマを選ぶだけで投資先を決めることができます。

テーマ80種以上のうち、約40%のテーマが3年間で20%超の利回りを達成!

テーマ別3年間の利回りランキング

テーマ別3年間の利回りランキング ※2019年1月調べ



3-3. 投資スタイルは自由自在。「自分で決める」納得の投資を実現

folioから利回りを大きくするための提案やリスクを抑える提案など、テーマ購入時は以下のようなプランの提示、運用中はリバランスを提案してもらうことができます。

3-3-1 ローリスクからハイリスクまで、選べる4つの投資スタイル

folioではプロが選んだ以下4種類の銘柄比率のうち、投資目的に合わせて好きな投資スタイルを選択することができます。

投資スタイル 説明
バランス型 リスクとリターンのバランスをとった基本的な投資スタイル
ディフェンス型 銘柄の価格変動リスクをなるべく抑えることを狙う投資スタイル
グロース型 銘柄の成長性を重視し、企業の更なる成長を狙う投資スタイル
バリュー型 銘柄の割安さを重視し、将来的な割安の解消を狙う投資スタイル

3-3-2 運用中はリバランスの提案も。

テーマを構成する各銘柄と保有比率、その最適なバランスは時間の経過や相場の変動により常に変わっていきます。その変化のなかでポートフォリオを適切なバランスに保つために、定期的に「リバランス」(銘柄・保有比率の見直し)を提案してもらえます。

3-4. 4つの手数料が無料。さらに取引手数料は業界最低水準の0.5%

folioでは、取引手数料が0.5%(税抜・最低手数料50円)と業界最低水準である上に、入金手数料、出金手数料などの手数料は無料(0円)となっています。

folioの手数料 金額
口座管理手数料 無料(0円)
運用手数料 無料(0円)
入金手数料
(お客様口座 → 投資口座)
無料(0円)
出金手数料
(投資口座 → お客様口座)
無料(0円)

※その他、残高証明書発行手数料などの手数料はfolioのWebサイトでご確認ください。

下記金融機関でインターネットバンキングを契約されている方は振込手数料も無料です(リアルタイム入金)。入金指示した金額が、すぐに「購入可能額」に反映される入金方法なのでおすすめです。

  • みずほ銀行
  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • イオン銀行
  • ジャパンネット銀行

3-5. 運用中もLINEで楽々アクセス

folioはLINEと業務提携をしており、スマホのLINEアカウントからfolioにアクセスすることができます(LINEスマート投資)。そのため専用アプリをダウンロードすることなく、トークの合間に運用状況をチェックすることができます。

ただしLINEスマート投資を利用するには日本に居住しマイナンバーが発行されている必要があります。機種変更をおこなった場合でも、LINEスマート投資の情報も自動的に引き継がれます。(複数の端末での利用は不可。)

LINEスマート投資

LINEスマート投資

運用に手間も時間もかけたくない人には「おまかせ投資」も

10秒でわかる資産運用プランの診断を行うだけでプロフェッショナルな資産運用を全自動で行えます。
※手数料や投資最低金額が異なります。

4. folio口座開設の流れ

  1. STEP1 Webからfolioにアカウント登録
  2. STEP2 オンラインで口座開設申し込み
  3. STEP3 ウェルカムレターを受け取る
  4. STEP4 口座に入金する

STEP1 Webからfolioに新規登録

会員登録ページから、メールアドレスのみで登録。LINEアカウントで登録すると簡単。

STEP2 オンラインで口座開設申し込み

アカウント登録後、マイページ内よりいくつかの質問に回答して口座開設を申し込みます。必要なものはマイナンバー書類と運転免許証など本人確認書類の鮮明な画像。

STEP3 ウェルカムレターを受け取る

手続きを通過すると、通常2~3営業日で登録した住所に「ウェルカムレター」が簡易書留郵便で届きます。レターに書いてある番号をマイページ内に入力。

STEP4 あとは、入金するだけ

口座開設完了。入金・取引ができます。

5. folioのメディア掲載実績・評判

世界的に注目されるフィンテック企業を紹介する『2018 Fintech 100』のLeading50(=影響力の大きいフィンテック企業50社)選出

「Google Play のベスト オブ 2018」で「隠れた名作部門 Top 5」を受賞

最大の特徴は、株式投資なのに「VR」や「eスポーツ」「カジノ解禁」といったテーマだけを選んで投資する、という点だ。
(ワールドビジネスサテライト)

ユーザーは普段利用するLINEから簡単に資産運用サービスを利用できるようになるだけでなく、特に若年層のユーザーにとっては資産運用を始める良いきっかけとなりそうだ。
(TechCrunch)

6. HEDGE GUIDE編集部から見たfolioの魅力とは?

HEDGE GUIDE編集部

folioは創業2年でテレビCMリリースと約91億円の調達を達成し、LINEとの協業も含めて勢いのあるFintech企業です。このテーマ投資によって、株式投資は決算書やチャートを読み解くなど手間と時間をかけて運用しなければならないといった、これまでの難しい株式投資のイメージを覆しました。わかりやすく可愛らしいUIとストーリー性があり銘柄が選びやすく、女性、高齢者でも使いやすくなっています。各テーマは今後の社会の動向が捉えているので、これから経済分野に詳しくなりたい方におすすめです。

7. folioで無料会員登録・口座開設をする

FOLIOの口座開設folioの詳細をさらに知りたい方、口座開設を希望される方は下記よりサイトをご覧下さい。「資産運用は興味があるけど、何から始めていいか分からない」という方にも、folioの使い方や資産運用のコツ、テーマに関わる著名人のインタビューなどを掲載した「FOUND」というメディアもありますので楽しく学びながらスタートを検討してみてはいかがでしょうか。

少額株式投資・ロボアドバイザーのサービス

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 少額株式投資・ロボアドバイザーチーム

HEDGE GUIDE 編集部 少額株式投資・ロボアドバイザーチーム

HEDGE GUIDE 編集部 少額株式投資・ロボアドバイザーチームは、少額株式投資やロボアドバイザーに関する知識が豊富なメンバーが株式投資の基礎知識から少額投資やロボアドバイザーのポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」