TAG Efinity

暗号資産・ブロックチェーン

NFT活用プラットフォームを構築するEnjinプロジェクトのSDGs対応とは?【仮想通貨エンジンコイン(ENJ)】

NFTの発行・管理・取引向けのブロックチェーンとして市場で中心的なポジションを確立しつつあるEnjinプロジェクトは、環境への積極的な取り組みで注目されています。そこで今回は、EnjinプロジェクトとそのSDGsに対する取り組みについて解説します。

仮想通貨コラム

仮想通貨エンジンコインの今後に関わる『Efinityメタバースファンド』とは?【仮想通貨取引所の元トレーダーが解説】

CoincheckやGMOコインで取引できる仮想通貨エンジンコイン(ENJ)について、開発を主導するEnjin社が先月、1億米ドル規模の「Efinityメタバースファンド」を立ち上げました。今回はEfinityメタバースファンドやEnjinプロジェクトの動向について解説します。

仮想通貨コラム

エイベックスとの提携で注目を集めるEnjin(エンジン)プロジェクトが描く未来とは?

Enjin社はNFTを発行・管理・取引できるブロックチェーン技術を用いたエコシステムを展開しており、その分野で先駆的な立ち位置にあります。Enjinプラットフォームで利用可能な仮想通貨Enjinコイン(ENJ)も急成長を遂げており、国内の仮想通貨取引所ではGMOコインやコインチェックに上場しています。今回はNFT分野で注目度の高いEnjinプロジェクトについて解説します。

仮想通貨コラム

GMOコインが取扱いを開始した仮想通貨ポルカドット(DOT)とは?

5月19日に仮想通貨(暗号資産)取引所GMO コインは、国内で初めて「ポルカドット(DOT)」の取扱いを開始しました。ポルカドットは、異なるブロックチェーン同士の相互運用と分散型のインターネット(Web3.0)の実現を目指すプロジェクトです。今回はポルカドットの概要と将来性、購入方法について解説します。

仮想通貨コラム

NFTとは?NFTの基礎知識や実例、今後の展望まとめ

2021年に世界的な盛り上がりを見せているNFTですが、日本では仮想通貨取引所コインチェックが3月にCoincheck NFT(β版)というマーケットプレイスをローンチしました。1週間で12,000人の利用者を突破するなど注目を集めています。今回はNFTの定義からNFTを特徴づける仕組み、そして、取引されているNFTの一例などの基礎知識について解説します。

仮想通貨コラム

仮想通貨エンジンコイン(ENJ)の解説と国内取引所での購入方法を徹底解説!

仮想通貨(暗号資産)エンジンコイン(Enjin/ENJ)は、今年の2月下旬から約3週間で800%もの上昇を見せました。1月にコインチェックで取扱いが開始された後、GMOコインでも取り扱いがスタートしており、関心がある方も多いのではないでしょうか?今回はエンジンコインとその買い方について解説します。