TAG 自動税金最適化

ロボアドバイザーコラム

積立投資は、つみたてNISAとロボアドバイザーのどちらがおすすめ?

積立投資に興味を持つ方が増えています。特に最近は「つみたてNISA」や「ロボアドバイザー」などの少額から積み立て可能なサービスが注目されています。そこで、この記事では「つみたてNISA」と「ロボアドバイザー」の基本的な特徴や違い、またつみたてNISAやロボアドバイザーの利用に向く人などをご紹介します。

ロボアドバイザーコラム

「THEO」「THEO+ docomo」でかかる税金は?自動税金最適化機能と納税額を解説

資産運用をするときに「税金がいくらかかるのか気になる」とお悩みの方におすすめなのが、自動で節税できる「自動税金最適化機能」の利用です。そこで本記事では、「自動税金最適化サービス」についてご紹介し、それを採用している資産運用サービスTHEO(THEO+ docomo)での税額をシミュレーションします。

ロボアドバイザーコラム

ロボアドバイザー投資で発生する税金と確定申告の方法まとめ

難しい操作は不要で、ほぼおまかせで資産運用を行ってくれる「ロボアドバイザー」。はじめて投資信託を行う人や、投資についての知識がない人でも気軽に使えるサービスです。今回は、ロボアドバイザーで発生する税金と確定申告の方法やポイントについて詳しく解説していきます(2020年6月時点の税制をもとに解説)。

Fintech

ウェルスナビ、預かり資産2100億円を突破。機能拡充、サービス提携で利用者増

ロボアドバイザー「ウェルスナビ」を提供するウェルスナビ株式会社は1月10日、預かり資産2100億円、口座数27万口座を突破したと発表した。2019年11月28日に預かり資産1900億円、口座数26万突破、同年12月23日時点で預かり資産2000億円を突破しており、年末年始をはさみ預かり資産と利用者数を増やしている。

ロボアドバイザーコラム

ウェルスナビで確定申告が必要な人は?3種類の口座と確定申告方法を解説

資産運用・管理を支援してくれる投資一任型のロボアドバイザー「ウェルスナビ」では、発生した所得によって確定申告が必要な場合とそうでない場合があります。なお、確定申告が漏れていた場合は、ペナルティがあるため注意が必要です。この記事では、ウェルスナビで確定申告が必要な場合や具体的な申告方法について詳しくご紹介します。