ウェルスナビ、預かり資産2100億円を突破。機能拡充、サービス提携で利用者増

ウェルスナビ株式会社は1月10日、同社が提供するロボアドバイザー「ウェルスナビ(WealthNavi)」が預かり資産2100億円、口座数27万口座を突破したと発表した。2019年11月28日に預かり資産1900億円、口座数26万突破、同年12月23日時点で預かり資産2000億円を突破しており、年末年始をはさみ預かり資産と利用者数を増やしている。

ウェルスナビはノーベル賞受賞者が提唱する理論に基づいた「長期・積立・分散」の資産運用を、自動で実現するサービス。機能性、透明性、シンプルな手数料が高く評価され、働く世代の支持が拡大中。19年にはAIによる資産運用アドバイス機能を実装、投資対象となる銘柄の選択や値動きの予測が中心とした従来のAI導入型サービスに対し、「中長期的に安定的に資産を形成していきたい働く世代へのサービス」という指針を明確にした。

強固な顧客基盤を持つパートナー企業を通じた利用も広がっている。これまでに「WealthNavi for~」のサービス名称でSBI証券、住信SBIネット銀行、ソニー銀行、イオン銀行、横浜銀行、JALなどとサービス提携しており、このうち「WealthNavi forじぶん銀行」は1月15日、サービス開始約1年で預かり資産30億円を突破するなど順調に利用者数を拡大。また、「WealthNavi for SBI証券」では1月10日、SBI証券総合口座とWealthNavi for SBI証券口座間で資金を直接振り替える(送金する)「資金移動」サービスを開始、顧客の資金の移動を簡便化するなど改善を進めている。なお、WealthNavi for SBI証券はサービス開始から約2年11カ月となる1月9日時点で、預かり資産500億円を突破している。

【関連サイト】ウェルスナビ(WealthNavi)
【関連サイト】SBI証券
【関連記事】ウェルスナビ(WealthNavi)の評判・口コミ
【関連記事】ウェルスナビ(WealthNavi)の実績・運営企業

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 少額株式投資・ロボアドバイザーチーム

HEDGE GUIDE 編集部 少額株式投資・ロボアドバイザーチーム

HEDGE GUIDE 編集部 少額株式投資・ロボアドバイザーチームは、少額株式投資やロボアドバイザーに関する知識が豊富なメンバーが株式投資の基礎知識から少額投資やロボアドバイザーのポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」