TAG 不動産担保

投資・マネーコラム

ローンが残っている不動産を売却したい!知っておくべき手順と注意点

マイホームも様々な事情から売却せざるを得ないことがあります。しかし住宅ローンの返済途中でまだ債務が残っている場合、不動産はどのように売却すれば良いのでしょうか。そこで今回は、住宅ローンが残っている不動産を売却したい方向けに、不動産売却の流れやローンを完済する手順、そして完済できない場合の対処法をご紹介します。

投資・マネーコラム

ソーシャルレンディング投資家が早期償還の多い会社を選ぶべき理由と注意点

「安全に投資ができないか」ソーシャルレンディング投資をご検討の方であれば、一度はそういったことを考えたことがあるのではないでしょうか?そこで、安全な投資対象選びの方法の一つとして、今回は早期償還の多い会社選びについて考えてみましょう。

国内不動産投資

MFSとアプラス、元本返済不要の「リバースモーゲージ型住宅ローン」の案内を開始

住宅ローンに特化したフィンテック事業を展開する株式会社MFS(東京都千代田区)は、新生銀行グループの株式会社アプラス(東京本部・千代田区)と提携し、MFSが運営する住宅ローンコンサルティングサービス「モゲチェック・プラザ」の利用者に、アプラスが開発した「リバースモーゲージ型住宅ローン」の案内を9日から開始する。

投資・マネーコラム

レンデックスでハイリスク型、ローリスク型のソーシャルレンディング案件を募集開始!その内容は?

不動産担保専門で、短期運用中心のソーシャルレンディング案件を提供しているレンデックス。レンデックスでは、新型の案件として同じ案件をハイリスク型・ローリスク型に分割したソーシャルレンディング案件を投資家に提供しています。このハイリスク型とローリスク型の案件の違いと、投資するときはどちらを選ぶべきなのかを考えてみましょう。

投資・マネーコラム

ソーシャルレンディングで大事な「3つの分散投資」とは?

2017年から2018年にかけて急激に市場が成長しているソーシャルレンディング投資。その一方で、いくつかの会社には行政処分が入り、案件の返済遅延なども発生しています。そもそも投資である以上、100%利益が出ることはあり得ませんし、「これまで貸し倒れがないから安全」と言った投資家の思い込みがあったのも確かです。

投資・マネーコラム

ソーシャルレンディング案件の担保や保証、見るべきポイントは?

ソーシャルレンディングで利益を積み上げていくためには案件に設定されている担保、もしくは保証にも注目しておきたいところです。案件の担保や保証として信頼度の高いものが設定されていれば、融資先から返済が行われなくなっても担保が…

投資・マネーコラム

行政処分を受けたソーシャルレンディング会社に共通していた点とは?

2017年・2018年にみんなのクレジット、そしてラッキーバンクというソーシャルレンディング会社が金融庁から行政処分を受けました。この2社は行政処分を受けた後、案件の募集を停止しており、その後募集再開の見込みが2018年5月時点で立っていません。

投資・マネーコラム

ソーシャルレンディング投資家が教える、初心者向けの案件は?

日本にはソーシャルレンディング事業を運営している会社は日本に20社以上あります。それぞれが独自性のある案件を投資家に提供しているため、ソーシャルレンディング投資を始めたいという人の中にはどの会社の案件を選べば良いのか迷ってしまう人も多いでしょう。

投資・マネーコラム

ソーシャルレンディングの利回りの相場は何%?高い利回りで気をつけるべき点は?

ソーシャルレンディングの投資案件を選ぶ際、まず利回りを見て検討するという方が多いのではないかと思います。ソーシャルレンディングも投資商品の一つですから、できるだけ高い利回りを獲得できる案件を選びたいものですが、高い利回り…