不動産CF「TECROWD」で12号、13号ファンド10月11日同時募集

1口10万円から資産運用可能な不動産クラウドファンディング(CF)「TECROWD(テクラウド)」を運営するTECRA株式会社は、テクラウド12号、13号ファンドを10月11日午後5時から同時に募集する。12号ファンドは障害者向けグループホーム「AMANEKU加須中央」、13号ファンド 「IC TOWER(アイシータワー)」は同社がこれまでも手掛けてきたモンゴルの首都ウランバートルのオフィスビルが対象物件。

テクラウド12号ファンド「障がい者向けグループホーム『AMANEKU加須中央』」は、来年2月竣工予定の埼玉県加須市の寄宿舎(グループホーム)を対象に、募集金額7570万円(別途劣後出資370万円)、想定利回りは年利7.0%。運用開始予定日は10月28日から2022年3月27日の5ヶ月で、配当予定日は22年4月20日。建物は木造2階建(予定)、敷地面積248.01㎡(登記面積)、建築延面積207.84㎡(予定)。

「『脱施設化』『地域移行』というテーマの下に地域生活移行型のグループホームが誕生した。 一般の住宅地の中に溶け込む形で運営され、 障がいのある方の社会参画や、 不安なく過ごすことのできる毎日を支える場として、自己決定を援護し、自己実現に寄与する、新しい生活住居」と同社。ファンドの投資により、社会問題化している「障がい者の社会的孤立・貧困問題」を不動産・建設および金融の側面から支援することを目的とする。

同13号ファンド IC TOWER(アイシータワー) は募集金額3790万円(別途劣後出資370万円)、想定利回りは年利8.12%。運用開始予定日は今年12月1日から24年4月30日の29ヶ月。初回配当予定日は22年2月28日。

IC TOWERはウランバートル中心地で建設中の複合商業型オフィスビル。 1階から4階までが商業エリアで、 スーパーや飲食店のほか、フィットネスや託児所なども誘致予定。5階から15階は75区画のオフィスエリア。ウランバートルの中でも特にオフィスや商業施設、 行政機関が集中している地区をAエリアに建設予定で、周辺には日本大使館を含む各国大使館や、モンゴルでは数少ない外資系ホテルのShangri-La Hotelもある。

【関連サイト】TECROWD
【関連記事】TECROWDのメリット・デメリットは?

※本記事は投資家への情報提供を目的としており、特定商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する決定は、利用者ご自身のご判断において行われますようお願い致します。

The following two tabs change content below.
アバター

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チームは、不動産投資や金融知識が豊富なメンバーが不動産投資の基礎知識からローン融資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」