3月の首都圏マンション発売戸数、7.7%減、3カ月連続で減少

不動産経済研究所が17日発表した2019年3月度の首都圏マンション発売戸数は3,337戸(前年同月比7.7%減)で、3カ月連続の減少となった。ただし前月(2313戸)比では44.3%増となり、また、高価格帯のタワーマンションの売れ行きが好調だったことから月間契約率や1戸あたりの平均価格は上昇した。

地域別の発売戸数は東京都区部1548戸(全体比46.4%、前年同月比2.3%増)、都下313戸(同9.4%増、0.9%減)、神奈川県842戸(同25.2%減、16.1%減)、埼玉県308戸(同9.2%、33.3%増)、千葉県326戸(同9.8%、41%減)。新規発売戸数に対する契約戸数は2410戸で、消費者が購入した割合を示す月間契約率は72.2%(同2.5%減)。前月の65.5%に比べ6.7%増えた。地域別の契約率は都区部73.3%、都下77.6%、神奈川県66.7%、埼玉県68.8%、千葉県79.4%だった。

1戸当たりの平均価格・平方メートル単価はそれぞれ6552万円(同5.3%増)、94万7000円(同4.4%増)。販売在庫数は8267戸で前月比305戸減少した。即日完売戸数は4物件247戸、超高層物件は20物件952戸(同11.7%減)、契約率80.4%だった。3月末の翌月繰越販売在庫は8267戸で、4月の発売戸数は約2500戸を見込む。

同日発表の2018年度(18年4月~19年3月)の首都圏マンション市場動向では、新規供給戸数は3万6651戸(前年度比0.5%減)と、ほぼ横ばいで推移。地域別にみると東京都区部が1万5462戸(同5.7%減)、都下3395戸(同9.3%減)、神奈川県8284戸(同8.5%減)、埼玉県4868戸(同22.6%増)、千葉県4642戸(同26.4%増)と、東京・神奈川の減少に対して埼玉・千葉の増加が際立った。

【参照記事】不動産経済研究所「首都圏のマンション市場動向」(2019年3月度)

The following two tabs change content below.

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チームは、不動産投資や金融知識が豊富なメンバーが不動産投資の基礎知識からローン融資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」