不動産投資CF「CREAL」、目黒のレジデンスファンド3.78億円を12時間で満額調達

株式会社ブリッジ・シー・キャピタルは運営する不動産投資クラウドファンディングサービス「CREAL(クリアル)」の新規案件「東京都目黒区の第35号目黒レジデンスファンド」は12月8日、投資募集金額3.78億円を満額で調達し、募集を完了した。開始後わずか12時間の達成となった。

同ファンドは、東京都目黒区の1棟レジデンス「ドムス・スタイル目黒不動前」の土地建物を取得する。12月7日午後8時に最小投資口数1万円で投資申込受付を開始したところ、直後から申し込みが相次ぎ、約4億円をスピード調達した。 なお、同ファンドの調達完了によってCREALの累計調達額は69億円を突破した。

想定配当期間は2021年5月31日から2022年1月31日(配当開始月以降毎月)、想定利回り(年利) 6.0%(インカムゲイン相当2.3%、キャピタルゲイン相当3.7%)。想定運用期間は20年12月22日から21年12月31日。当初の募集期間は12月17日までを予定していた。

クリアルは「不動産特定共同事業法」に基づき1万円から不動産投資ができる「新しい時代の不動産投資」を⽬指した不動産投資CFサービス。契約実務や不動産管理をオンラインで簡略化しており、賃料収入をもとに配当を行うため、マーケットの影響を受けにくい安定的な配当が魅力。損失が出た場合も、運営会社から優先的に負担する。扱う物件は、不動産投資業界で実績のある同社が厳選した資産価値の高い物件を厳選しており、配当遅延や元本割れは発生していない。

投資家の未投資資⾦をより安全に管理するため、信託銀⾏への分別管理を実施。運⽤出⾦先の⼝座は、投資家本⼈名義の⼝座のみ設定可能としており、不正送⾦を防⽌するといったセキュリティ対策も講じ、安心感を与えている。

【関連サイト】CREAL
【関連記事】CREALの評判・口コミ
【関連記事】CREALとは

※本記事は投資家への情報提供を目的としており、特定商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する決定は、利用者ご自身のご判断において行われますようお願い致します。

The following two tabs change content below.

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チームは、不動産投資や金融知識が豊富なメンバーが不動産投資の基礎知識からローン融資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」