2021.9.29 仮想通貨マーケットレポート【ビットコインは40,000ドルが視野に】

昨日のビットコイン相場は下落。44,000ドル台からの短期的な下落トレンドは継続する動きとなっており、43,000ドルのサポートラインを割れてから引き続き上値の重い展開となっており、一時41,000ドル付近まで下落する場面も見られた。

イーサリアムは大手マイニングプールの閉鎖やBitmainの中国国内での販売停止などネガテティブなニュースや、ビットコインの上値の重さも影響し、2,800ドル台まで下落。2,700ドル割れは不可避とも考えられるようなチャート形状となってきている。

米国市場は3指数揃って大幅下落。

中国政府が中国恒大の資産購入を国内の国営企業に促すニュースが流れたものの、マーケットセンチメントが変わるには至らず、米国市場が債務上限問題の期限が迫る中で金利が引き続き上昇し株は大きく売られる展開となった。

米国債金利は債務上限問題の懸念とその後の大量発行が懸念されているのか金利上昇の動きが継続。10年債金利は1.54%まで上昇しており、チャートでもロングでは怖くて保有できないような動きとなってきている。

ドル円は110円半まで続伸。日本では自民党総裁選が行われるため、日経平均株価の急変には注意したいところ。

アメリカの債務上限問題でデフォルトの可能性はないと考えており、18日の期限までには合意するとは思うため株価はそこから回復することを狙っていきたい。個人的にはドル円はこの辺りからはショート目線で短期はエントリーしたい。細かく取っていくプレイにはなるだろうが、111円台後半からショートを振って111円台前半で利食いをするようなトレードが続くと考えている。

ビットコインは40,000ドルあたりまでは下落する目線に変更しており、ロングはその辺りまで一旦ストップ。イーサリアムも崩れそうな気配があるため、足元は怖くてロングは控える予定。

【関連記事】ビットコインとは?特徴・仕組み・購入方法
【関連記事】イーサリアムとは?特徴・仕組み・購入方法

The following two tabs change content below.
中島 翔

中島 翔

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。その後は金融業界のマーケット部門業務を目指し、2年間で証券アナリスト資格を取得。あおぞら銀行では、MBS(Morgage Backed Securites)投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。金融業界に精通して幅広い知識を持つ。証券アナリスト資格保有 。Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12