埼玉県の不動産売却でおすすめの不動産一括査定サイトは?5社を比較

東京都の北側に位置する埼玉県は、鉄道網、道路網が充実しており、都心部へのアクセスが良好なエリアです。県内で働く人々だけでなく、都心部で働く人々のベッドタウンとしての役割も担っており、人口増加率は全国4位と不動産需要が多いエリアでもあります。

この記事では、埼玉県の特徴や各エリアの地価推移のデータに加え、埼玉県の不動産売却で便利な不動産一括査定サイトを紹介します。

目次

  1. 埼玉県の不動産事情
    1-1.埼玉県の特徴
    1-2.埼玉県の地価情報
  2. 埼玉県の不動産売却に便利な不動産一括査定サイト5社の比較
    2-1.すまいvalue
    2-2.SUUMO(スーモ)
    2-3.リガイド(RE-Guide)
    2-4.ライフルホームズ(LIFULL HOME’S)
    2-5.HOME4U
  3. まとめ

1.埼玉県の不動産事情

2022年4月時点、全国的な少子化により人口減少しているため、都心部などの一部の地域を除いて不動産価格は低下傾向にあります。

しかし、埼玉県は都心へのアクセスが良く、全国第5位の経済圏であるため、不動産需要が比較的見込みやすいエリアです。ただし、埼玉県内でも東京へのアクセスが良いエリアと公共交通機関が発達していないエリアでは格差が大きく、地価の推移にも違いが見られます。まずは、埼玉県の特徴と地価情報について詳しく見ていきましょう。

1-1.埼玉県の特徴

埼玉県の鉄道事情をまとめると、県内の鉄道駅の総数が228駅、埼玉高速鉄道、東武鉄道、西武鉄道、東京地下鉄、秩父鉄道、東日本旅客鉄道、首都圏新都市鉄道、埼玉新都市交通の全部で8事業者の24路線です。

また、圏央道、外環道、関越道、東北道、常磐道、首都高など都心へのアクセスだけでなく周辺地域へのアクセスも充実しており、学生や社会人などが埼玉県をベッドタウンとして利用しています。

ねぎやほうれんそう、小松菜といった首都圏に向けた野菜の生産が盛んで、特に深谷市では深谷ねぎという甘くてやわらかいねぎが有名です。

県内総生産は全国5位、災害が少ないという恵まれた環境のもと、住み良い暮らし、活発な経済活動が行われています。

1-2.埼玉県の地価情報

埼玉県が公表した令和4年度までの地価公示推移は以下の通りです。

用途別平均変動率の推移(住宅地)

  • H26:+0.3
  • H27:±0
  • H28:±0
  • H29:+0.1
  • H30:+0.5
  • H31:+0.7
  • R2:+1.0
  • R3:-0.6
  • R4:+0.5

※参照:埼玉県「地価公示(令和4年版掲載)

不動産バブル崩壊後の埼玉県の地価は、低迷期が長く続いていましたが、平成26年からはプラスに転じて順調に推移していました。

しかし、令和2年は新型コロナウイルスの影響から不動産市場が冷え込んだため、翌年の令和3年の地価は一時的に下落に転じました。

令和4年も新型コロナウイルスの影響が残っているものの、都心および周辺地域へのアクセスの良さなどから市場が回復しつつあると見られます。

市区町村平均変動率順位表(降順)

順位 市区町村名 平均変動率
1位 浦和区 +2.8
2位 和光市 +2.3
3位 南区 +2.2
4位 中央区 +2.1
5位 大宮区 +2.0
6位 戸田市 +1.7
6位 朝霞市 +1.7
8位 所沢市 +1.5
9位 北区 +1.4
10位 新座市 +1.3

※参照:埼玉県「年次別市区町村別高価格順位表(住宅地)

市区町村平均変動率順位表(昇順)

順位 市区町村名 平均変動率
1位 皆野町 -1.3
1位 羽生市 -1.3
3位 行田市 -1.1
3位 小鹿野町 -1.1
3位 ときがわ町 -1.1
6位 横瀬町 -1.0
7位 川島町 -0.8
7位 加須市 -0.8
7位 鳩山町 -0.8
7位 神川町 -0.8

※参照:埼玉県「年次別市区町村別平均変動率順位表(降順・住宅地)

埼玉県全体の地価推移はプラスでしたが、地域別に見るとマイナスに転じているエリアも見られます。不動産会社によって売却結果が異なることも多いため、サポート体制のしっかりしている不動産会社選びを心がけましょう。

2.埼玉県の不動産売却に便利な不動産一括査定サイト5社の比較

不動産一括査定サイトを利用すれば、一度不動産情報を入力するだけで、複数の査定結果や不動産会社の情報を入手できます。しかし、不動産一括査定サイトの中には全国エリアに対応していなかったり、悪徳業者が紛れてしまっているケースもあります。

そこで本記事では、埼玉県の不動産査定に対応しており、悪徳業者の排除を積極的に行っている不動産一括査定サイト5社を比較してご紹介します。

主な不動産一括査定サイト

サイト名 運営会社 特徴
すまいValue 不動産仲介大手6社による共同運営 査定は業界をリードする6社のみ。全国900店舗。利用者の96.3%が「安心感がある」と回答
SUUMO(スーモ)不動産売却 株式会社リクルート 大手から中小企業まで約2,000の店舗と提携。独自の審査基準で悪質な不動産会社を排除。60秒で入力が終了し、無料査定がスタートできる。
リガイド(RE-Guide) 株式会社ウェイブダッシュ 16年目の老舗サイト。登録会社数800社、最大10社から査定を受け取れる。収益物件情報を掲載する姉妹サイトも運営、他サイトと比べて投資用マンションや投資用アパートの売却に強みあり
LIFULL HOME’Sの不動産売却査定サービス 株式会社LIFULL 全国3694社以上の不動産会社に依頼できる。匿名での依頼も可能
HOME4U 株式会社NTTデータ スマートソーシング 全国1800社から6社まで依頼可能。独自審査で悪徳会社を排除

【関連記事】不動産査定会社・不動産売却サービスのまとめ・一覧

2-1.すまいvalue

不動産一括査定サイト「すまいValue」すまいvalueは、以下の大手不動産会社6社に一括査定を依頼できる不動産一括査定サイトです。

  • 野村の仲介PLUS
  • 住友不動産販売
  • 東急リバブル
  • 三井のリハウス
  • 三菱地所ハウスネット
  • 小田急不動産

2021年度の成約件数12万件以上という実績があります。6社合計の店舗数は全国で900店を超えており、一部地域を除いて全国対応しています。

埼玉県における査定物件比率

  • マンション:33%
  • 土地:12%
  • 戸建て:55%

※参照:すまいvalue「埼玉県の不動産売却価格・無料一括査定」

2022年4月時点、すまいvalueで売出中の埼玉県の不動産は2,579件と非常に多くの方が利用しています。「まずは大手に査定依頼したい」という方にとって利用しやすいサービスと言えるでしょう。

一方、大手不動産会社6社への依頼に限定されてしまう点は、すまいvalueのデメリットと言えます。中小企業を含む地域密着の不動産会社へ査定依頼をしたい場合には、後に挙げる不動産査定サイトも並行して利用してみると良いでしょう。

2-2.SUUMO(スーモ)

SUUMO不動産売却SUUMO不動産売却は、ライフルホームズと同様、物件情報を多数掲載する不動産ポータルサイトの1つで、不動産一括査定サービスを提供しています。

約2,000店舗の不動産会社と提携しており、埼玉県で売却査定依頼できる不動産会社の店舗数は131件と、非常に多くの不動産会社が提携しています。(※参照:SUUMO「埼玉県の不動産売却」2022年4月時点)また、電話番号の登録は任意となっているので、不動産会社からの営業電話を避けたい人でも利用しやすい点が特徴的です。

同時に依頼できる不動産会社数も最大10社となっているため、多くの会社に同時に査定を依頼可能です。ただし、あまり多くの不動産会社に依頼をすると連絡の手間がかかってしまうため、自身が対応できる社数に限定するなど工夫をしてみましょう。

2-3.リガイド(RE-Guide)

リガイド(RE-Guide)リガイドは、2006年に「SBI不動産ガイド」としてスタートした不動産一括査定サイトの老舗サイトです。独自審査を通過した大手~中小企業の800社以上が参加しており、収益不動産の不動産査定にも強みを持っています。

埼玉県の査定実績割合

  • 一戸建て:67.58%
  • マンション:15.71%
  • 土地:13.65%
  • 収益物件等:3.06%

※参照:RE-Guide不動産一括査定「埼玉県の査定依頼実績」(2022年4月時点)

特に、収益物件の売却では主な購入検討者が投資家の方となるため、よりシビアな不動産査定が求められます。売却活動を行う際にも収益不動産の専門性をもって買主との交渉を行う必要があることから、収益物件の経験が豊富な不動産会社が参画している点は大きなメリットと言えます。

なお、前述したSUUMOと同じく、リガイドでは最大10社に査定依頼が可能です。こちらも自身が対応できる社数に限定するなど工夫されてみると良いでしょう。

2-4.ライフルホームズ(LIFULL HOME’S)

LIFULL HOME'S(ライフルホームズ)ライフルホームズ(LIFULL HOME’S)は物件を数多く掲載する不動産ポータルサイトの1つで、不動産一括査定サービスも提供しています。実績豊富なサイトで、査定依頼が出来る不動産会社の参加数は3,694社(2022年4月時点)と多く、全国各地に対応しているのが特徴です。

また、2022年1月時点でのサービス利用者数が838万人と、豊富な査定実績もポイントと言えるでしょう。埼玉県では大手不動産会社から中小企業まで幅広い不動産会社が提携しており、査定依頼する各社の強みまで詳しく記載されているので査定依頼先を選びやすい点も特徴的です。

2-5.HOME4U

HOME4UHOME4Uは情報サービス事業で業界最大手となるNTTデータグループが運営しています。2001年に日本で初めて一括査定依頼サービスを開始した実績豊富な不動産一括査定サイトです。

ノウハウを活かしながら大手企業から地域に精通した中小企業まで、1,800社の優良企業を厳選し、悪徳業者の排除を積極的に行っています。

査定を依頼する不動産会社は最大6社まで自分で選ぶことが可能で、その他の企業から連絡がくることは一切ありません。NTTデータグループでは「プライバシーマーク」を取得しており、第三者にサイトへ登録した個人情報が公開されることが無いという点も特徴となっています。

まとめ

埼玉県は東京のベッドタウンとしての側面を持っていることもあり、幅広いエリアの中での不動産事情はそれぞれ異なってきます。特に、郊外エリアでは大手不動産会社が参入していないこともあるため、地域に特化した不動産会社の協力が重要となってくるケースもあります。

今回のコラムでは、埼玉県の不動産売却に便利に活用できる不動産一括査定サイトを紹介しました。それぞれ提携している不動産会社や得意とする領域が異なってくるため、自身の状況に合わせたサービスの利用を検討されてみると良いでしょう。

The following two tabs change content below.
矢野翔一

矢野翔一

関西学院大学法学部法律学科卒。宅地建物取引士、管理業務主任者、2級FP技能士(AFP)などの保有資格を活かしながら、有限会社アローフィールド代表取締役社長として学習塾、不動産投資を行う。HEDGE GUIDEでは不動産投資記事を主に担当しています。専門用語や法律が多く難しいジャンルですが分かりやすくお伝えしていきます。