不動産買取のメリット・デメリットは?不動産会社を見分ける3つのポイントも

不動産の買取は、不動産会社が直接買い取ってくれるため、スムーズに売却できるといったメリットがあります。

しかし、不動産会社によって不動産の買取価格は異なるため、複数社に相見積もりを行い、比較検討することが大切です。

この記事では、不動産の買取を依頼する際、良い不動産会社を見分けるポイントを3つ紹介します。

目次

  1. 不動産の買取とは
    1-1.不動産の買取を依頼するメリット
    1-2.不動産の買取を依頼するデメリット
  2. 良い不動産会社を見分ける3つのポイント
    2-1.不動産買取価格の根拠を提示してくれる
    2-2.不動産買取だけでなく仲介も行っている
    2-3.不動産買取資金が潤沢である
  3. まとめ

1.不動産の買取とは

不動産会社に不動産の売却を依頼する際、仲介の依頼もしくは買取の依頼のどちらかを選択します。

仲介は不動産会社が売主の依頼を受けて買主を探す売却方法ですが、買取は不動産会社が直接の買主になる売却方法です。

不動産売却では仲介を選ぶケースが多くなりますが、買取を選ぶことにはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?メリットとデメリットについて詳しく見ていきましょう。

1-1.不動産の買取を依頼するメリット

買取の主なメリットとして以下の2つが挙げられます。

  • スムーズに売却できる
  • 仲介手数料がかからない

不動産会社に売却の仲介を依頼すると、購入希望者が現れるまで売買契約が成立しません。そのため、売買契約が成立するのか分からないので計画を立てにくいと言えます。

しかし、買取を依頼した場合、買主を探す必要がありません。そのため、不動産会社から事前に提示された期間での売却が可能になります。

また、仲介を依頼すると、売買契約が成立すると仲介手数料を不動産会社に支払わなければなりません。しかし、買取を依頼した場合、仲介手数料が発生しないため、売却時にかかる費用を抑えられるでしょう。

1-2.不動産の買取を依頼するデメリット

買取には、スムーズに売却できる、仲介手数料がかからないといったメリットがあります。しかし、買取には、仲介で売却できる価格よりも買取価格が安くなるというデメリットがあるので注意が必要です。

不動産の買取を行っている不動産会社は、購入した不動産を売却したり、リフォーム後に再販することによって差益を得ます。市場価格と同じ価格で買い取ると利益が得られないため、市場価格と比較すると約2~3割買取価格が安くなるのが一般的です。

2.良い不動産会社を見分ける3つのポイント

不動産の買取を依頼する際は、複数の不動産会社に査定を依頼して、その中から買取価格の高い不動産会社に依頼するのも方法の1つです。

【関連記事】不動産査定会社・不動産売却サービスのまとめ・一覧

しかし、買取価格の高いことだけが良い不動産会社のポイントではありません。良い不動産会社か見分けるためには以下の3つのポイントを押さえておくことが重要です。

  1. 買取価格の根拠を提示してくれる
  2. 仲介も行っている
  3. 買取資金が潤沢である

それぞれのポイントについて詳しく見ていきましょう。

2-1.不動産買取価格の根拠を提示してくれる

仲介を依頼した場合の査定結果も不動産会社ごとに異なりますが、買取を依頼した場合の買取価格も不動産会社ごとに異なります。

過去の取引事例や金融機関の融資状況、物件の築年数や地価推移など、様々なデータから買取価格の根拠を丁寧に提示してくれる不動産会社を選ぶことが大切です。

見積もりを根拠に基づいてしっかりと行ってくれている不動産会社であれば、信頼して買取を依頼できると言えるでしょう。

2-2.不動産買取だけでなく仲介も行っている

不動産の買取を専門で手掛けている不動産会社もありますが、仲介と両方を手掛けている不動産会社もあります。買取と仲介、どちらも検討したい場合にはどちらも対応可能な不動産会社を選ぶと良いでしょう。

立地が良い、築年数の浅い条件の良い物件では、仲介でも希望期間内に高く物件を売却できる可能性があります。

買取と仲介の両方を手掛けている不動産会社に相談することで、自分の目的に合った最適な売却方法を比較検討することが出来るでしょう。

2-3.不動産買取の資金が潤沢である

買取資金が潤沢ではない不動産会社に買取を依頼すると、買取に必要な資金を金融機関から調達することになるため、売買契約の成立までに時間がかかる可能性があります。

資金の潤沢な不動産会社に買取を依頼した場合、自己資金で物件を買い取れるため、速やかに売買契約が成立しやすいと言えます。

このように資金が潤沢かどうかも買取価格に影響を与える可能性があるため、不動産会社の資金状況も考慮しつつ、買取を依頼した方が良いと言えるでしょう。

まとめ

不動産の売却方法には、仲介と買取の大きく2種類あります。買取は仲介のように物件の購入希望者を探す必要がありません。不動産会社が直接買い取ってくれるため、売買契約が成立するまでの時間を短縮することが可能です。また、買取には仲介手数料がかからず、支出を抑えることも可能です。

しかし、いくら仲介手数料を抑えることができると言っても、買取価格は市場価格と比べて約2~3割低く設定されてしまう点には注意しましょう。

買取を依頼する際は、複数社に相見積もりを行って高く買い取ってもらうことも大切です。この記事に書かれている3つのポイントも押さえながら、良い不動産会社に買取依頼をしましょう。

The following two tabs change content below.
矢野翔一

矢野翔一

関西学院大学法学部法律学科卒。宅地建物取引士、管理業務主任者、2級FP技能士(AFP)などの保有資格を活かしながら、有限会社アローフィールド代表取締役社長として学習塾、不動産投資を行う。HEDGE GUIDEでは不動産投資記事を主に担当しています。専門用語や法律が多く難しいジャンルですが分かりやすくお伝えしていきます。