不動産一括査定サイトのメリット・デメリットは?利用時の注意点も

不動産売却を考えている方の中には、不動産一括査定サイトの利用を検討している方も多いのではないでしょうか。不動産一括査定サイトは、不動産会社を比較する際の手間を省き、効率的に不動産売却を進めたい時には便利なサービスです。

しかし、不動産売却を初めて検討する方の中には、不動産一括査定サイトがどのようなサービスなのか分からず、実際に利用すべきかどうか不安に思う方も多いと思います。

そこでこの記事では、不動産一括査定サイトのメリット・デメリットを詳しく解説します。不動産一括査定サイトの利用を検討している方は参考にしてください。

目次

  1. 不動産一括査定サイトを利用するメリット
    1-1.手間をかけず複数社へ不動産査定が依頼できる
    1-2.不動産会社を探す手間がかからない
    1-3.不動産査定の結果を比較検討しやすい
  2. 不動産一括査定サイトを利用するデメリット
    2-1.不動産会社のやり取りが面倒な場合がある
    2-2.すべての不動産会社が参画しているわけではない
    2-3.不動産一括査定サイトによる違いが分かりにくい
  3. 不動産一括査定サイトの選び方と5社の比較
    3-1.すまいValue
    3-2.リガイド(RE-Guide)
    3-3.LIFULL HOME’S(ライフルホームズ)
    3-4.HOME4U(ホームフォーユー)
    3-5.イエウール
  4. まとめ

1.不動産一括査定サイトを利用するメリット

不動産一括査定サイトを利用するメリットは以下の点です。

  • 手間をかけず複数社に査定依頼できる
  • 不動産会社を探す手間がかからない
  • 比較検討しやすい

それぞれ詳しく解説します。

1-1.手間をかけず複数社へ不動産査定が依頼できる

1つ目のメリットは、手間をかけずに複数社へ査定依頼できることです。不動産一括査定サイトを利用すれば、物件情報や個人情報を一度入力するだけで複数社へ査定依頼できます。

一方、不動産一括査定サイトを利用せずに査定依頼するときは、電話やメール、あるいは直接不動産会社の店舗へ出向くことになります。

担当エリア内の不動産売却を扱う不動産会社を調べるのにも時間がかかり、複数社への依頼を検討している場合は物件資料を各社分送る必要もあります。不動産一括査定サイトは、このような依頼できる不動産会社の選定や資料送付の手間を大きく省くことが可能です。

1-2.不動産会社を探す手間がかからない

2つ目のメリットは、不動産会社を探す手間がかからない点です。

全ての不動産会社が自分の不動産を査定してくれるわけではなく、例えばエリアや物件の種類によっては査定依頼できない場合、築年数が古いことで査定不可になる場合もあります。

不動産一括査定サイトを利用すれば、物件情報を入力することで査定可能な会社が自動的にピックアップされます。このように、不動産一括査定サイトを利用すれば、査定依頼の手間だけでなく、査定できる不動産会社を探す手間も省けるメリットがあります。

1-3.不動産査定の結果を比較検討しやすい

3つ目のメリットは比較検討しやすい点です。不動産会社の査定結果は各社で異なるため、各社で比較する必要がありますが、1社ずつ問い合わせていると時間がかかり、比較するだけでも大きな手間がかかってしまいます。

一方、不動産一括査定サイトなら同時期に各社から連絡が来るため、比較検討しやすくなっています。不動産会社によって異なるものの、不動産一括査定サイトで査定依頼するとおおよそ1~2営業日で机上査定の連絡が来るため、手間を省きながら早期売却につながるメリットがあります。

2.不動産一括査定サイトを利用するデメリット

一方、不動産一括査定サイトを利用すると以下のデメリットもあります。

  • 不動産会社のやり取りが面倒な場合がある
  • すべての不動産会社が参画しているわけではない
  • 不動産一括査定サイトによる違いが分かりにくい

それぞれ詳しく解説していきます。

2-1.不動産会社のやり取りが面倒な場合がある

1つ目のデメリットは、不動産会社のやり取りが面倒な場合がある点です。例えば不動産一括査定サイトを利用して5社に査定依頼した場合、その5社から査定結果の連絡が来ます。

仕事中に電話連絡が来るケースも考えられるため、電話連絡を避けたい場合は不動産一括査定サイトに設けられている備考欄に「電話ではなくメール連絡にして欲しい」「日中は仕事をしているため、電話は18時以降でのみ対応可能です」などと記載しておきましょう。

2-2.すべての不動産会社が参画しているわけではない

2つ目のデメリットは、すべての不動産会社が参画しているわけではない点です。不動産一括査定サイトを利用すれば複数の不動産会社に査定依頼できるものの、あくまでそのサイトに参画している不動産会社が対象となります。

例えば、駅前で古くから不動産業を営んでいる不動産会社などは参画していないケースもあるため、その場合は直接連絡する必要があります。

その他、不動産一括査定サイトによっては大手の不動産会社に絞っていたり、投資用不動産に特化しているサービスがあります。不動産一括査定サイトは無料で登録・利用が可能なため、できるだけ多くの不動産会社へアプローチしたい方は複数のサイトを利用することも検討しておくと良いでしょう。

2-3.不動産一括査定サイトによる違いが分かりにくい

3つ目のデメリットは、不動産一括査定サイトによる違いが分かりにくい点です。不動産一括査定サイトは何種類かあるものの、サイトを見ただけでは違いが分かりにくく、どのサイトを利用するか迷う点はデメリットと言えます。

その他、不動産一括査定サイトを運営する企業によっては、個人情報を不適切に取り扱っている可能性もあります。サイトを運営する企業が個人情報を適切に扱っているかどうか、運営企業の実績などを確かめたり、見極める必要がある点に注意が必要です。

3.不動産一括査定サイト5社を比較

不動産一括査定サイトを利用する際は、以下3つのポイントに注意して選ぶことが大切です。

  • 悪徳業者が登録しているサイトの利用は避ける
  • 査定額が高い場合、査定根拠を確認する
  • 登録社数が多い不動産一括査定サイトを選ぶ

これらの注意点を踏まえて、ここでは不動産一括査定サイト5社の特徴を比較していきます。以下の表から特徴を把握して自分と相性の良さそうなサイトを比較し、利用検討してみてください。

主な不動産一括査定サイト

サイト名 運営会社 特徴
すまいValue 不動産仲介大手6社による共同運営 査定は業界をリードする6社のみ。全国900店舗。利用者の96.7%が「トラブルなく安心・安全に取引できた」と回答
リガイド(RE-Guide) 株式会社ウェイブダッシュ 15年目の老舗サイト。登録会社数800社、最大10社から査定を受け取れる。収益物件情報を掲載する姉妹サイトも運営、他サイトと比べて投資用マンションや投資用アパートの売却に強みあり
LIFULL HOME’Sの不動産売却査定サービス 株式会社LIFULL 全国3100社以上の不動産会社に依頼できる。匿名での依頼も可能
HOME4U 株式会社NTTデータ スマートソーシング 全国1800社から6社まで依頼可能。独自審査で悪徳会社を排除
イエウール 株式会社Speee 全国1600社以上、悪徳企業は運営企業が排除。最大6社に無料で不動産の一括査定

【関連記事】不動産査定会社・不動産売却サービスのまとめ・一覧

3-1.すまいValue

不動産一括査定サイト「すまいValue」すまいValueは、不動産仲介業を営む大手6社によって共同運営されており、最大6社の不動産大手仲介会社に無料で一括査定が依頼できるサービスです。不動産の大手仲介会社が共同で運営していることによる信頼性の高さやサービスの質の高さが大きな魅力で、利用者の97%近くが「安全に取引することができた」と回答しており、非常に評判の高い不動産査定サイトです。

ただし、大手6社に絞って査定依頼できるメリットがありますが、地域密着型の不動産会社へアプローチできないデメリットがあります。その他の査定サイトと並行して利用検討するのも選択肢の一つと言えるでしょう。

3-2.リガイド(RE-Guide)

リガイド(RE-Guide)リガイド(RE-Guide)は投資用アパート・マンションに強みをもつ不動産査定サイトです。提携社数は800社と一見少なく感じる数値ですが、他社とは異なり支社をカウントしていないため、純粋な提携社数が800社となっています。

査定は最大10社に依頼可能で、査定額には最大で400万円以上の差が出ることもあります。それぞれの会社の売却戦略・得意分野等を慎重にヒアリングすることで、高値売却を実現することが可能になります。また、他のサイトよりも査定時の入力項目が少し多いというデメリットはありますが、そのぶん査定精度が高く、査定時に出された金額と実際の売却額が大きくかい離するといったケースが少ないというメリットがあります。

3-3.LIFULL HOME’S(ライフルホームズ)

LIFULL HOME'S(ライフルホームズ)LIFULL HOME’Sの不動産売却査定サービスは、東証一部上場の株式会社LIFULLが運営しており、利用ユーザー数736万人(2021年1月時点)、全国3100社以上の不動産投資会社に一括で査定依頼が出せるサービスです。運営企業は東証一部上場の株式会社LIFULLであり、国内最大規模の物件データベースで全国の物件を網羅しています。

提携社数が多い一方で、提携会社の割合として大手不動産会社よりも地域密着型の不動産会社の数が多くなります。大手不動産会社の査定を優先したい場合にはすまいvalueと並行して利用すると良いでしょう。

3-4.HOME4U(ホームフォーユー)

HOME4UHOME4UはNTTデータグループが運営し、2001年にサービスを開始してから、19年の実績を持つ日本初の不動産一括査定サイトです。独自の審査基準で厳選した大手から地域密着型の不動産会社と提携し、顧客のプライバシー保持を厳格に行っている点も特徴的です。

HOME4Uでは、査定会社を地域ごとに探すことが可能です。都道府県ごとに選択できるようになっており、該当地域を選択すると、査定希望の不動産の情報を入力するフォームが出てきます。そのフォームに必要事項を入力すると、不動産の特徴に適した会社を紹介してもらえます。作業は1分程度で簡単に終わるため、時間や手間をかけることなく、依頼先を探すことができます。

3-5.イエウール

イエウールは、査定依頼数で業界1位を獲得した実績(2018年7月・東京商工リサーチ調べ)を持つ不動産一括査定サイトです。提携社数が多いイエウールでは評判の悪い会社やクレームが多い会社は排除する方針をとっています。

エリアは全国対応、物件種別もマンション・アパート・戸建て・土地など様々な物件が無料で査定可能となっていますので、「いま売却するといくらくらいになるのか?」「相場を知り、タイミングを見極めてから売却したい」「査定額が一番高い企業に依頼したい」と考えている方は一度利用されてみると良いでしょう。

まとめ

不動産一括査定サイトは不動産査定の手間を省き、査定価格を比較できるメリットがあります。一方、査定連絡の対応をしなければならなかったり、提携していない不動産会社にはアプローチできないなどのデメリットがあります。

これらのメリット・デメリットを踏まえて、不動産一括査定サイトを利用するか判断すると良いでしょう。解説したサイトごとの特徴を踏まえながら、利用検討してみましょう。

The following two tabs change content below.
中村 昌弘

中村 昌弘

都内の大学を卒業後にマンションディベローパーに就職。マンションディベロッパーでは、新築マンションの販売や中古不動産の仲介業務に従事する。 2016年に独立して、不動産関係の記事を中心としたライター業務としても活動。自身のマンションを売却した経験もあるため、プロの視点・一般消費者の視点と、両方の視点を持った記事が執筆できる点が強み。