自宅マンションを高く売却するには?事前に確認したい手順と注意点

マンションの売却を検討している方の中には、どうすればマンションを高く売却できるのか気になっている方も多いのではないでしょうか?

マンションは価格が大きいため、少しの工夫で売却金額に大きな差が生じることがあります。マンション売却の手順や注意点について理解し、売却を進めることが重要です。

この記事では、マンションを高く売却するにあたり、事前に確認したい手順と注意点を解説します。

目次

  1. マンションの売却手順は大きく4つ
    1-1.マンションを売却する理由について再検討する
    1-2.マンションの価格査定・不動産会社選定
    1-3.不動産会社によるマンションの売却活動
    1-4.不動産売買契約・引き渡し
  2. マンションを売却する際の3つの注意点
    2-1.マンションの相場を把握しておく
    2-2.複数の不動産会社に査定を依頼する
  3. まとめ

1.マンションの売却手順は大きく4つ

マンションの売却は手順が大きく以下の4つに分かれています。

  1. 売却理由を再検討する
  2. 価格査定・不動産会社選定
  3. 売却活動
  4. 契約・引き渡し

それぞれの手順で何を行うのか、どのくらいの時間を要するのか詳しく見ていきましょう。

1-1.マンションを売却する理由について再検討する

マンションの売却を行う前に、なぜマンションを売却するのかの理由を確認しましょう。

マンションの売却理由は、転勤によって手放す、相続で取得したものの誰も住まないので売却するなど、売主によってそれぞれ異なる背景があります。

しかし転勤によって現在の住まいを離れる場合でも、売却せずに賃貸として貸し出し、転勤から戻って再度居住するという方法も可能です。

一方で、住み換えによる新居購入のために売却して現金化する必要があるなど、状況によって売却理由は異なってくるでしょう。

このように、まずは売却すべきなのか、売却しない場合にはどのような活用方法が考えられるのか、確認しておくことが重要です。

1-2.マンションの価格査定・不動産会社選定

売却を決めたのであれば、不動産会社にマンションの価格査定を依頼し、その査定結果を踏まえつつ売出価格を決定します。

その後、マンション売却の仲介を依頼する不動産会社を選定し、売却活動へと移ります。これらの完了には、1~2週間程度要することを想定しておきましょう。

1-3.不動産会社によるマンションの売却活動

不動産会社に売却の仲介を依頼すれば、不動産会社が購入希望者を探してきてくれます。購入希望者が現れると、現地を訪れて物件を確認する内覧が行われるケースがあるので、所有者はそれに備える必要があります。

内覧時に部屋が散らかったままでは印象が悪くなるため、急に内覧が入っても対応できるように整理整頓を心掛けておくことが重要です。

次の家が決まっている場合は、不要なものを処分する、少しずつ荷物をまとめておけば、引っ越しをスムーズに行えるでしょう。

売却活動に要する時間は物件によって大きく異なりますが、早くても2ヶ月ほど、長いと1年以上かかることがあります。少しでも期間を短くできるように、事前に手順を把握しておくことが重要です。

1-4.不動産売買契約・引き渡し

内覧を行った購入希望者の中から買い手が決まると、売買契約の締結に移ります。

売買契約の締結では、残金の支払いと引き渡しの期日(決済日)を定めます。引き渡しでは、残金の支払いと鍵の受け渡し、司法書士による不動産の移転登記が行われ、ようやくマンションの売却が完了です。

金融機関による住宅ローンの審査や現地調査の期間を加味すると、物件の引き渡しまでは早くとも約1ヶ月を要します。

全ての手順を終えるまでは早くて3ヶ月、遅ければ1年以上かかるため、売却しなければならない期日が決まっている場合は逆算して売却計画を立てることが重要と言えるでしょう。

2.マンションを売却する際の3つの注意点

マンションの売却には時間を要するだけでなく、意識して売却を進めなければ相場よりも安く売却してしまう可能性があるので注意が必要です。そのため、マンションを少しでも高く売却したい場合には、以下の3つの注意点を押さえておくことが重要です。

  1. マンションの相場を把握しておく
  2. 複数の不動産会社に査定を依頼する
  3. 需要の高い時期を狙って売却する

それぞれの注意点について詳しく見ていきましょう。

2-1.マンションの相場を把握しておく

適正な売出価格でマンションを売却するためにも、おおよその相場を把握しておくことが重要です。

マンションの相場を比較的かんたんに把握する方法として、不動産ポータルサイトで調べるという方法があります。

不動産ポータルサイトとは、HOME’SやSUUMOといった物件情報が多数掲載されているサイトで、周辺の類似物件がいくらで売りに出されているか調べれば、おおよその相場を把握できます。

また、不動産会社による査定結果が想定していた周辺相場よりも安い場合、なぜそのような査定結果になったのか不動産会社に質問することも大切です。改善可能な原因であれば、より高く売却できる可能性を高めることにもなります。

マンションを高く売却したい場合は相場を把握し、不動産会社と協力しながら工夫をしていくことも大切です。

2-2.複数の不動産会社に査定を依頼する

マンションの査定は1社だけでなく複数社へ依頼し、査定結果や営業マンの対応内容などを比較するようにしましょう。1社だけに査定を依頼した場合は不動産会社を比較することが出来ず、正しい査定を受けたかどうかの判断が困難になるためです。

複数の不動産会社へ査定を依頼するには、1社ずつ問い合わせるのではなく不動産一括査定サービスの利用を検討してみましょう。物件情報を一度登録するだけで、複数社の簡易査定を受けることが可能です。

主な不動産一括査定サービス

サイト名 運営会社 特徴
リガイド(RE-Guide) 株式会社ウェイブダッシュ 14年目の老舗サイト。登録会社数700社、最大10社から査定を受け取れる。収益物件情報を掲載する姉妹サイトも運営、他サイトと比べて投資用マンションや投資用アパートの売却に強みあり
すまいValue 不動産仲介大手6社による共同運営 査定は業界をリードする6社のみ。全国870店舗。利用者の96.7%が「トラブルなく安心・安全に取引できた」と回答
LIFULL HOME’Sの不動産売却査定サービス 株式会社LIFULL 全国1600社以上の不動産会社に依頼できる。匿名での依頼も可能
HOME4U 株式会社NTTデータ スマートソーシング 全国900社から6社まで依頼可能。独自審査で悪徳会社を排除
イエウール 株式会社Speee 全国1600社以上、悪徳企業は排除されているので安心。最大6社に無料で不動産の一括査定

不動産一括査定サイトによって、登録されている不動産会社が異なります。査定を依頼したい不動産に合わせて、利用するサイトを選んでみましょう。

【関連記事】不動産査定会社・不動産売却サービスのまとめ・一覧

3.まとめ

相続や転勤を理由にマンションの売却を検討している方の中には、少しでもマンションを高く売却したいと考えている方が多いと思います。

売却の手順を把握していないまま売却を進めると、売却に想像以上の時間を要し、最終的に売り急いで安く売却してしまう可能性があります。マンションを売却する際は、この記事に書かれている売却の手順をしっかりと把握することが重要です。

また、相場を把握する、複数の不動産会社に査定を依頼するなどの注意点をしっかり押さえ、よりマンションを高く売却できるよう準備しておきましょう

The following two tabs change content below.
矢野翔一

矢野翔一

関西学院大学法学部法律学科卒。宅地建物取引士、管理業務主任者、2級FP技能士(AFP)などの保有資格を活かしながら、有限会社アローフィールド代表取締役社長として学習塾、不動産投資を行う。HEDGE GUIDEでは不動産投資記事を主に担当しています。専門用語や法律が多く難しいジャンルですが分かりやすくお伝えしていきます。