TAG TAOTAO

【更新】TAOTAO(タオタオ)の口コミ・評判・口座開設

「TAOTAO」は、ヤフーグループの関連会社であるTaoTao株式会社が運営する仮想通貨取引所です。TAOTAO自身はヤフーの完全子会社ではないものの、TAOTAOの代表取締役を務める荒川佳一朗氏はヤフー100%子会社であるワイジェイFX株式会社の代表も兼任しており、ヤフーのバックグラウンドを強みとしていることが特徴です。

高機能取引ツールが利用できるおすすめの仮想通貨取引所・販売所5選

仮想通貨取引所の中には、テクニカル分析に必要な機能を備えた高機能取引ツールを提供している企業があります。高機能取引ツールを利用することで、ユーザーは注文機能を駆使して売買のタイミングを管理したり、インジケーターを活用して…

仮想通貨コラム

【元トレーダーが解説】SBI VCトレードがTAOTAOを買収するメリット

SBIホールディングスがZコーポレーション傘下で暗号資産取引所を運営するTAOTAOを買収しました。SBIグループは「SBI VCトレード」で暗号資産の取引サービスを展開していますが、TAOTAOの買収によってSBIの更なるサービス拡大が予想されます。ここではSBI VCトレードの現状とTAOTAO買収の思惑や今後考えられる影響について、考察したいと思います。

その他企業

SBIリクイディティ・マーケット、TaoTaoを完全子会社化。グループ全体で暗号資産サービスのさらなる拡大へ

SBIホールディングス株式会社の100%子会社で、外国為替証拠金取引等のマーケット機能の提供・システム開発を行うSBIリクイディティ・マーケット株式会社は10月7日、暗号資産交換業者であるTaoTao株式会社の全株式を、…

LINK1仮想通貨コラム

仮想通貨Chainlink(チェーンリンク:LINK)徹底解説!スマートコントラクトと外部情報を結びつける、分散型オラクルネットワーク

Chainlinkを介してスマートコントラクトと外部情報をリンク(繋ぎ合わせる)することで、44のユースケースが想定されています。スマートコントラクトは、様々な契約をプログラム化して自動的に実行する技術です。今回は、Chainlink(チェーンリンク:LINK)という通貨を説明します。

仮想通貨コラム

販売所サービスでおすすめ取引所はどこ?仮想通貨交換業者4社の機能やサービスなど徹底比較!

そこで、ここでは仮想通貨投資を始める時に便利な「販売所」についてご説明しながら、代表的な仮想通貨交換業者4社が提供している販売所について、機能やサービス、条件の違いなどを徹底比較していきます。ぜひ参考にしてみてください。

仮想通貨コラム

DMM BitcoinとTAOTAOはどっちがおすすめ?手数料から取扱通貨・サービス内容を徹底比較

DMM BitcoinとTAOTAOはどちらも国内において大手企業のグループ会社が運営する仮想通貨(暗号資産)取引所です。どちらの取引所も2018年以降に取引サービスをスタートして以来、顧客ベースと出来高を順調に拡大させています。どちらも販売所形式で高機能な取引機能が用意されているので、初心者にとっても使いやすいだけでなく、トレーダーからも多くの支持を集めています。また、ビットコインはもちろん、XRPやイーサリアムなど人気の高い仮想通貨でレバレッジ取引を備えていることも後発企業ならではの戦略的な特徴と言えます。ここでは、DMM BitcoinとTAOTAOの機能や手数料、取引銘柄など、様々な違いを解説したいと思います。

仮想通貨コラム

レバレッジ取引をするならbitFlyer Lightningがおすすめ?注目の仮想通貨取引所3社と徹底比較!

仮想通貨の投資手段には、実際に仮想通貨を売買して資産の値上がり幅からキャピタルゲインを得る「現物取引」と、証拠金を預け入れて投資資金の数倍の金額で売買できる「レバレッジ取引(仮想通貨FX)」があります。仮想通貨取引所の中にはレバレッジ取引を取り入れる企業も増えてきています。ここではbitFlyer のレバレッジ取引について、Hedge Guideが厳選する3つの仮想通貨取引所と比較しながら解説致します。これから仮想通貨のレバレッジ取引に挑戦したいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

仮想通貨コラム

仮想通貨のレバレッジ取引の手数料は何種類あるの?スワップ手数料について解説

レバレッジ取引は、買いから入るロングポジションと売りから入るショートポジションがあり、値上がり・値下がりの双方で利益を狙えます。さまざまな取引所でレバレッジ取引が提供されていますが、ポジションを保有するのにかかるスワップ手数料や、bitFlyerのSFDなど、レバレッジ取引に特有の手数料について難解に感じる方もいらっしゃると思います。ここではレバレッジ取引にかかる手数料について詳しく解説します。

仮想通貨コラム

TAOTAOの特徴は?おすすめポイント、注意点などを徹底解説

TAOTAOはインターネット大手Zホールディングス(旧ヤフー)の投資会社Zコーポレーションが70%の株式を保有する仮想通貨取引所です。TAOTAOの代表取締役社長の荒川佳一朗氏は、ツイッターやブログで積極的に市況情報を発信しており、相場の指標としてアナリストに注目される機会も増えています。今回は、具体的にTAOTAOのサービスや特徴について解説します。

仮想通貨コラム

Yahoo! JAPAN IDで口座開設できる!TAOTAOを初心者におすすめする理由5選!

仮想通貨取引所を選ぶ際、取引所の運営会社やサービス、セキュリティ体制、手数料、取引ツールなど確認すべき重要なポイントはいくつかあります。数多くある取引所の中でも「TAOTAO」は、ヤフーグループのバックグランドを強みとしています。Yahoo! JAPAN ID(Y!ID)で口座開設ができるので、仮想通貨投資初心者にとって最初の一歩を踏み出しやすいと思います。ここでは、これから仮想通貨を保有したい方にTAOTAOをおすすめする理由を詳しく解説していきます。ぜひ参考にしてみてください。

shutterstock_691685071仮想通貨コラム

確認しておきたい仮想通貨取引所のセキュリティ体制、bitFlyerを含む注目の4社のご紹介

仮想通貨取引所のハッキング被害は国内でも発生しており、金融庁は業界団体(JBA、JCBA)と連携してサイバーセキュリティ体制の検証と監視を強化してきました。ハッキングリスクを低減するために仮想通貨取引所ではさまざまな対策を講じています。2014年にサービスを開始した大手仮想通貨取引所bitFlyerは、顧客保護や強固なセキュリティ確保、及び財務安定性等の運営体制の整備に力を入れる中で、これまで一度もハッキング被害に遭っていません。Sqreen社の調査によると、世界140 の仮想通貨取引所の中でセキュリティNo.1の評価を獲得しています。ここではbitFlyerのセキュリティ対策を詳しく解説するとともに、最新のサイバー攻撃への対策を実施している比較的新しい仮想通貨取引所についてもご紹介しきます。

仮想通貨

TAOTAO、「仮想通貨入庫&レバレッジ取引でもっとHOTになっちゃうキャンペーン」を実施!

ヤフー株式会社の子会社Zコーポレーション株式会社が出資するTaoTao株式会社は8月1日、オープン記念キャンペ ーンの第3弾として「仮想通貨入庫&レバレッジ取引でもっと HOTになっちゃうキャンペーン」を開始した。

仮想通貨

ヤフーの子会社が出資する仮想通貨取引所、事前登録および取引キャンペーンを発表!

ヤフー株式会社の子会社Zコーポレーション株式会社が出資するTaoTao株式会社は3月25日、仮想通貨取引所「TAOTAO」の営業を5月中旬から開始すると発表した。営業開始に先立ち、TAOTAOでは「TAOTAOオープン記念!事前登録&お取引で最大11,000円キャッシュバックキャンペーン」が実施される。