DMM BitcoinとTAOTAOはどっちがおすすめ?手数料から取扱通貨・サービス内容を徹底比較

DMM BitcoinとTAOTAOはどちらも国内において大手企業のグループ会社が運営する仮想通貨(暗号資産)取引所です。どちらの取引所も2018年以降に取引サービスをスタートして以来、顧客ベースと出来高を順調に拡大させています。

どちらも販売所形式で高機能な取引機能が用意されているので、初心者にとっても使いやすいだけでなく、トレーダーからも多くの支持を集めています。また、ビットコインはもちろん、XRPやイーサリアムなど人気の高い仮想通貨でレバレッジ取引を備えていることも後発企業ならではの戦略的な特徴と言えます。

ここでは、DMM BitcoinとTAOTAOの機能や手数料、取引銘柄など、様々な違いを解説したいと思います。

目次

  1. レバレッジ取引(証拠金取引)とは?
  2. DMM Bitcoinの特徴・機能まとめ
    1-1. レバレッジ取引取扱い種類国内No.1
    1-2. ストリーミング・スピード注文などのトレーディング機能
    1-3. 80万ダウンロード突破の取引アプリ
  3. TAOTAOの特徴・機能まとめ
    2-1. 現物取引とレバレッジ取引サービス
    2-2. トレード向けの注文機能、分析ツール
    2-3. 最先端セキュリティ技術WAFを導入した安全の資産管理
  4. DMM BitcoinとTAOTAOの取扱通貨・手数料などを徹底比較!
    3-1.取扱仮想通貨の比較
    3-2.各種手数料の比較
  5. まとめ

①レバレッジ取引(証拠金取引)とは?

DMM BitcoinとTAOTAOはどちらもレバレッジ取引に適した機能とサービスが充実している仮想通貨取引所です。レバレッジ取引とは、仮想通貨現物の取引を行わず、買い/売りの宣言を繰り返すという投資手法です。売り買いの価格の差額を決済することで、差し入れた証拠金が増減していくことになります。現物取引と違って売りからでも取引できることや、レバレッジを掛けられることが特徴です。要所で活用できれば大きな利益を狙えますが、同様にリスクも追うため、資産管理が重要となります。

②DMM Bitcoinの特徴・機能まとめ


DMM Bitcoinは、株式会社DMM.comのグループ会社である株式会社DMM Bitcoinが運営する仮想通貨取引所です。DMM.comはグループ会社で10年近く金融サービスを提供した実績もあるため、DMM Bitcoinにおいてもグループ会社の金融ノウハウを活かした運営が行われていることが特徴です。また、DMM Bitcoinは国内取引所の中でも特にアルトコインのレバレッジ取引の対応通貨が多く、注文機能も含めて他社とは一線を画したサービスを提供しています。

1-1. レバレッジ取引取扱い種類国内No.1

DMM Bitcoinは「販売所形式」のみ提供しており、取扱銘柄は「現物取引」と「レバレッジ取引」で異なります。現物取引に対応している仮想通貨(暗号資産)は3種類(ビットコイン、イーサリアム、XRP)です。一方、レバレッジに対応している仮想通貨は仮想通貨は11種類(ビットコイン、イーサリアム、XRP、ベーシック アテンション トークン、クアンタム、ステラルーメン、モナコイン、ネム、ライトコイン、イーサリアムクラシック、ビットコインキャッシュ)となっています。さらにDMM Bitcoinでは7月22日から新たにクアンタム、BATのレバレッジ取引が可能となります。DMM Bitcoinは日本円に加えて仮想通貨建ての取引にも対応しており、執筆時点の取引パターンの組み合わせは計18種類に上ります。

1-2. ストリーミング・スピード注文などのトレーディング機能

DMM Bitcoinの取引では多彩な注文方法が揃っており、希望の条件を満たしたら取引が成立する条件注文も備わっています。特に、DMM BitcoinはFX(外国為替取引)の分野で人気の高い2つの注文機能を備えています。まず、スリッページ幅を限定した成行売買が可能な「ストリーミング注文」は、数秒~数分で決済するスキャルピングという取引手法に有効な機能です。次に、ワンタップで新規・決済・ドテン注文を実行できる「スピード注文」は、相場の転換点で素早くポジションを持ち替えることができます。
DMM Bitcoin Order
【引用元】:DMM Bitcoin「PC版取引システム 操作マニュアル」

1-3. 80万ダウンロード突破の取引アプリ

DMM Bitcoinの取引アプリはPC版に匹敵する充実の機能を搭載しており、使いやすいと利用者から高く評価されています。チャートは9種類のテクニカル指標を備えており、4分割マルチチャートにも対応しています。アプリからでもチャートからワンタッチ発注ができるスピード注文が可能で、注文確認の画面を操作することなく急な値動きに対処できます。その他、経済指標も確認できるDMM Bitcoinの取引アプリは、2020年6月時点に80万ダウンロードを突破しています。

②TAOTAOの特徴・機能まとめ


TAOTAOは、Zホールディングス(旧ヤフー)の関連会社であるTaoTao株式会社が運営する仮想通貨取引所です。日本の大手インターネット検索大手ヤフーの投資会社Zコーポレーションが資本参加しています。TAOTAOの代表取締役を務める荒川佳一朗氏はヤフーグループのワイジェイFX株式会社の代表を就めた経歴があるなど、TAOTAOのサービスでは随所でFX(外国為替証拠金取引)由来の知見が活かされています。サイバーリスクへの対策も強化されています。

2-1. 現物取引とレバレッジ取引サービス

TAOTAOの販売所は、現物取引(ビットコイン、イーサリアム)とレバレッジ取引(ビットコイン、イーサリアム、XRP、ライトコイン、ビットコインキャッシュ)を提供しています。販売所の提示価格は通常、相場の急変時に買値(Ask)と売値(Bid)の差「スプレッド」が広がる場合がありますが、TAOTAOではそうしたスプレッドが表示されています。この仕組みにより、ユーザーは不利な相場環境での取引を踏みとどまり、スプレッドの小さい時期を選んで少しでも多くの資産を取引できます。

2-2. トレード向けの注文機能、分析ツール

TAOTAOでは、現物/レバレッジ取引、及びPC/スマホ版でそれぞれ利用できる注文機能が異なります。例えば現物取引の場合は、PC版取引ツールで「ストリーミング注文、指値注文、逆指値注文、OCO」、スマホアプリからは「いますぐ注文(ストリーミング注文)、予約注文(指値注文、逆指値注文)」が利用できます。外出先からもスマホでストレスを感じることなくトレードできるように設計されています。

「Trade Blotter(トレードブロッター)」では、レバレッジ取引参加者の「未決済建玉、指値、歩み値」の準リアルタイムデータをレポーティングしています。1時間ごとに30分前の情報が更新されるので、ポジション動向を分析してトレード戦略に役立てることができます。

Tradebrotter

2-3. 最先端セキュリティ技術WAFを導入した安全の資産管理

TAOTAOは、サイバー攻撃から利用者個人の資産や自社の資産を守るクラウド型「WAF(ウェブアプリ・ファイアーウォール)」のほか、24時間365日のセキュリティシステムの監視・運用を行う「マネージドセキュリティサービス for Incapsula」を導入しています。これにより、システムやネットワーク侵害による仮想通貨不正送金などの被害を抑えるための、セキュリティ対策を講じています。また、2段階認証を設定した口座を対象とした「なりすまし」による損害について、1回の請求で最大100万円を補償しています。なりすましのリスクには、主にログインIDやパスワードの盗難での不正ログインによる不正出金があります。

③DMM BitcoinとTAOTAOの取扱通貨・手数料などを徹底比較!

3-1.取扱仮想通貨の比較

DMM Bitcoin TAOTAO
現物取引 ビットコイン、イーサリアム、XRP ビットコイン、イーサリアム
レバレッジ取引銘柄 18種類:BTC/JPY、ETH/JPY、XEM/JPY、XRP/JPY、LTC/JPY、ETC/JPY、BCH/JPY、MONA/JPY、XLM/JPY、ETH/BTC、XEM/BTC、XRP/BTC、LTC/BTC、ETC/BTC、BCH/BTC、ETC/ETH、QTUM/JPY、BAT/JPY 5種類:BTC/JPY、ETH/JPY、BCH/JPY、XRP/JPY、LTC/JPY
最小注文数(BTC) 0.001BTC(レバレッジ取引:0.01BTC) 0.001BTC

3-2.各種手数料の比較

DMM Bitcoin TAOTAO
取引手数料(販売所) 売買レートに実質的に手数料相当分が含まれる 売買レートに実質的に手数料相当分が含まれる
レバレッジ取引(スプレッド手数料) 建玉金額の0.04%/日 建玉総量 × 0~0.041%/日 ※変動あり
仮想通貨の証拠金利用 可(仮想通貨) 可(ビットコイン、イーサリアム)
法定通貨出金手数料 無料(1日あたり2,000円以上、1億円未満) 無料
仮想通貨出金手数料 無料(マイナーに払う手数料は利用者負担)
BTC:0.001BTC〜10BTC
ETH:0.01ETH〜200ETH
XRP:10XRP〜200,000XRP
無料(マイナーに払う手数料は利用者負担)

※2020年7月時点の情報となります。最新情報に関しては上記サイトをご覧ください。

④まとめ

DMM BitcoinとTAOTAOは共通点が多く、例えばどちらも0.001BTC(1,000円以下)から取引できるため、少額から仮想通貨投資を始めることができます。現物取引ではDMM Bitcoinが3種類、TAOTAOでは2種類と限られていますが、レバレッジ取引ではどちらも複数のアルトコインを取り扱っています。

トレーディングに適しているDMM BitcoinとTAOTAOでは、様々な条件注文を利用できます。スイングトレード(短中期売買)やデイトレード(短期売買)にも向いています。特にTAOTAOには、レバレッジ取引においてTrade Blotter(トレードブロッター)でポジション動向を把握しながら戦略を組み立てられるなど、ベテラントレーダーにとっても満足できるサービスが整っています。実際にTAOTAOの2020年2月の取引量は現物で約6.2億円、レバレッジ取引で約1,000億円を越えており、活発に利用されている様です。

トレーディングに適しているサービスだからこそ、自分の取引方法や目的に合った取引所を利用することをおすすめします。筆者は個人的にDMM Bitcoinのアプリの経済指標とチャート分割を重宝していますが、ツイッターではTAOTAOのレバレッジ取引のポジショニング動向が話題になる場面も目にします。仮想通貨取引所の口座開設は無料でできますので、これを機にぜひ実際のサービスをチェックしてみてください。

The following two tabs change content below.
立花 佑

立花 佑

自身も仮想通貨を保有しているWebライターです。HEDGE GUIDEでは、仮想通貨やブロックチェーン関連の記事を担当。私自身も仮想通貨について勉強しながら記事を書いています。正しい情報を分かりやすく読者の皆様に伝えることを心がけています。