SBIリクイディティ・マーケット、TaoTaoを完全子会社化。グループ全体で暗号資産サービスのさらなる拡大へ

SBIホールディングス株式会社の100%子会社で、外国為替証拠金取引等のマーケット機能の提供・システム開発を行うSBIリクイディティ・マーケット株式会社は10月7日、暗号資産交換業者であるTaoTao株式会社の全株式を、同日に既存株主のZファンド1号投資事業有限責任組合(無限責任組合員:Zコーポレーション株式会社)から取得し、完全子会社化することを発表した。

同社グループでは既に、SBI VCトレード株式会社において暗号資産の取引サービスを展開しており、当該事業をさらに拡大すべく検討を進めていた。そのような中でこのたび、TaoTao社株式の取得条件等について合意し、株式取得および完全子会社化を行うことが決定した。

今後はSBIグループが有する総合金融グループとしてのノウハウ・知見等の経営資源とTaoTao社がこれまで培ってきた暗号資産における顧客基盤やサービスノウハウを最大限に活用し、最新かつ安全・安心な暗号資産取引サービスを提供していくとしている。

【参照記事】TaoTao株式会社の全株式取得及び完全子会社化に関するお知らせ

仮想通貨取引を始めるなら

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチームは、暗号資産投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーで構成。最新のニュースやコラム、暗号資産に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。