LINEの暗号資産取引サービス「BITMAX」、暗号資産貸出サービスの提供を開始

LINEの暗号資産事業およびブロックチェーン関連事業を展開するLVC株式会社は10月6日、暗号資産取引サービス「BITMAX」にて、10月7日より暗号資産貸出サービスの提供を開始した。

暗号資産貸出サービスは、利用者が保有する暗号資産を「BITMAX」に貸し出すことで、貸し出した数量と期間に応じて貸借料を受け取ることができるサービスだ。貸借料は、貸出開始日の翌日から日次で毎日発生する。最大の特長として、ユーザーは貸し出している暗号資産を最短当日、最長でも7日以内に返還を受けられるため、暗号資産の価格が変動した際、貸出しを終了して早期に売却することが可能となり、価格変動リスクの低減が期待できる。また、追加貸出や一部返還も可能で柔軟に申請可能だ。

対象となる暗号資産は、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、XRP(XRP)、ライトコイン(LTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、の計5種類。キャピタルゲインが主となる暗号資産投資において、暗号資産の保有量を確実に増やすことができる暗号資産貸出サービスは、長期投資を考える際に有用な選択肢のひとつだ。

【関連記事】BITMAXの口コミ・評判・口座開設
【参照記事】暗号資産貸出サービスとは?

仮想通貨取引を始めるなら

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチームは、暗号資産投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーで構成。最新のニュースやコラム、暗号資産に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。