TAOTAOの特徴は?おすすめポイント、注意点などを徹底解説

日本国内に仮想通貨取引所が増える中、ここ最近はGMOインターネットやDMM.comなど大手インターネット企業が仮想通貨業界に参入するケースが増えてきました。

TAOTAOはインターネット大手Zホールディングス(旧ヤフー)の投資会社Zコーポレーションが出資する仮想通貨取引所です。TAOTAOの代表取締役社長の荒川佳一朗氏は、ツイッターやブログで積極的に市況情報を発信しており、相場の指標としてアナリストに注目される機会も増えています。今回は、具体的にTAOTAOのサービスや特徴について解説します。

目次

  1. 仮想通貨取引所TAOTAOの基本概要
    1-1. 現物取引とレバレッジ取引サービス
    1-2. トレード向けの注文機能、分析ツール
    1-3. 最先端セキュリティ技術WAFを導入した安全の資産管理
  2. TAOTAOのおすすめポイント
    2-1. ヤフーの100%子会社が資本参加する仮想通貨取引所
    2-2. スマホで便利に現物・レバレッジ取引が利用できる!
    2-3. トレーダー向けの便利なサービス
  3. TAOTAOを利用する際に気を付けるべきこと
  4. まとめ

①仮想通貨取引所TAOTAOの基本概要


TAOTAOは、Zホールディングス(旧ヤフー)の関連会社であるTaoTao株式会社が運営する仮想通貨取引所です。日本の大手インターネット検索大手ヤフーの投資会社Zコーポレーションが資本参加しています。TAOTAOの代表取締役を務める荒川佳一朗氏はヤフーグループのワイジェイFX株式会社の代表を就めた経歴があるなど、TAOTAOのサービスでは随所でFX(外国為替証拠金取引)由来の知見が活かされています。サイバーリスクへの対策も強化されています。

1-1. 現物取引とレバレッジ取引サービス

TAOTAOの販売所は、現物取引(ビットコイン、イーサリアム)とレバレッジ取引(ビットコイン、イーサリアム、XRP、ライトコイン、ビットコインキャッシュ)を提供しています。販売所の提示価格は通常、相場の急変時に買値(Ask)と売値(Bid)の差「スプレッド」が広がる場合がありますが、TAOTAOではそうしたスプレッドが表示されています。この仕組みにより、ユーザーは不利な相場環境での取引を踏みとどまり、スプレッドの小さい時期を選んで少しでも多くの資産を取引できます。

1-2. トレード向けの注文機能、分析ツール

TAOTAOでは、現物/レバレッジ取引、及びPC/スマホ版でそれぞれ利用できる注文機能が異なります。例えば現物取引の場合は、PC版取引ツールで「ストリーミング注文、指値注文、逆指値注文、OCO」、スマホアプリからは「いますぐ注文(ストリーミング注文)、予約注文(指値注文、逆指値注文)」が利用できます。外出先からもスマホでストレスを感じることなくトレードできるように設計されています。

「Trade Blotter(トレードブロッター)」では、レバレッジ取引参加者の「未決済建玉、指値、歩み値」の準リアルタイムデータをレポーティングしています。1時間ごとに30分前の情報が更新されるので、ポジション動向を分析してトレード戦略に役立てることができます。
Tradebrotter

1-3. 最先端セキュリティ技術WAFを導入した安全の資産管理

TAOTAOは、サイバー攻撃から利用者個人の資産や自社の資産を守るクラウド型「WAF(ウェブアプリ・ファイアーウォール)」のほか、24時間365日のセキュリティシステムの監視・運用を行う「マネージドセキュリティサービス for Incapsula」を導入しています。これにより、システムやネットワーク侵害による仮想通貨不正送金などの被害を抑えるための、セキュリティ対策を講じています。また、2段階認証を設定した口座を対象とした「なりすまし」による損害について、1回の請求で最大100万円を補償しています。なりすましのリスクには、主にログインIDやパスワードの盗難での不正ログインによる不正出金があります。

②TAOTAOのおすすめポイント

2-1. ヤフーの100%子会社が資本参加する仮想通貨取引所

TAOTAOは、Zホールディングス(旧ヤフー)傘下の投資会社Zコーポレーションが出資する仮想通貨取引所です。TAOTAO自身はヤフーの完全子会社ではないものの、TAOTAOの代表取締役を務める荒川佳一朗氏はヤフー100%子会社であるワイジェイFX株式会社の代表を務めた経験があり、ヤフーのバックグラウンドを強みとしています。Zホールディングスは、Zコーポレーションのほかにジャパンネット銀行やPayPayなどを傘下に持っています。

2-2. スマホで便利に現物・レバレッジ取引が利用できる!

TAOTAOの販売所は現物取引とレバレッジ取引を提供しており、スマホアプリから両方の取引手段を利用できます。

現物取引では「今すぐ注文(ストリーミング)」注文と「予約注文」に対応しています。今すぐ注文は、スリッページを指定して一定の価格範囲で発注できる方法で、不用意に取得単価を上げないように設計されています。予約注文は、指値注文または逆指値注文の発注ができるので、損切・利確を設定しておくことができます。販売所の予約注文は、国内の仮想通貨取引所では比較的希少な機能なのでTAOTAOのポイントの一つと言えます。
Taotao reserve 2
【引用元】:TAOTAO 「取引アプリ操作マニュアル」

2-3. トレーダー向けの便利なサービス

TAOTAOでは、トレーダーにとって便利な機能が整っています。例えば、レバレッジ手数料は「建玉金額×0〜0.041%/日」とされており、独自の算式によって1週間単位で切り替えています。またTAOTAOが配信している「前月の実績報告」ではトレーダーの気配を把握することができます。2月実績からは、以下のような情報が把握できます。

・新規口座開設数が約2600人、1月に約3000人
・1回以上現物/レバレッジ取引をしたユーザー数は約2,400人、1月の約1,600人から1.5倍
・取引額、現物取引:約6.2億円(1月3.3億円)、レバレッジ取引:約1,000億円
TAOTAO report
【引用元】:TAOTAO 「2020年2月の実績報告」
レバレッジ取引の売買ポジションも総括しており、2月にビットコインキャッシュで売りポジションが増加していたなど、ここでしか知れない洞察を得られることもTAOTAOならではの特徴です。

③TAOTAOを利用する際に気を付けるべきこと

TAOTAOが提供する販売所では「買値」と「売値」の差「スプレッド」が広い傾向があると、ユーザーからの指摘を受ける事が過去にありました。TAOTAOに限らず多く取引プラットフォームの販売所は、スプレッドが広がり板取引に比べて実質的に多くの取引手数料がかかる場合があります。こうしたスプレッドの広さについて、荒川社長は自身のブログで「前職である法定通貨のFX(外国為替証拠金取引)のそれと比較すると確かに広がっています。」と認めています(2020年3月17日付け「弊社のサービス運営状況について」より)。TAOTAOはスプレッドの課題に対処するため、3月13日にスプレッドを市場のボラティリティに応じて決まるようにアルゴリズムを変更しており、今後の改善が期待されています。

④まとめ

TAOTAOは仮想通貨初心者にとって利用しやいように設計されています。0.001 BTC(1,000円以下)から仮想通貨の購入ができるので、少額から取引したい人にもおすすめです。

レバレッジ取引ではTrade Blotter(トレードブロッター)でポジション動向を把握しながら戦略を組み立てられるなど、ベテラントレーダーにとっても満足できるサービスが整っています。実際に2020年2月の取引量は現物で約6.2億円、レバレッジ取引で約1,000億円を越えており、活発に利用されている様です。

ヤフーグループのZコーポレーションが出資する仮想通貨取引所TAOTAOは、セキュリティ対策や補償制度もあるなど顧客が安心して取引できる体制を整えています。これから仮想通貨投資を始めようと考えている方も、既にFX(外国為替証拠金取引)でトレーディング経験をお持ちの方もぜひ検討してみてください。

The following two tabs change content below.
立花 佑

立花 佑

自身も仮想通貨を保有しているWebライターです。HEDGE GUIDEでは、仮想通貨やブロックチェーン関連の記事を担当。私自身も仮想通貨について勉強しながら記事を書いています。正しい情報を分かりやすく読者の皆様に伝えることを心がけています。