TAG 赤字

投資・マネーコラム

貸付ファンドのFUNDS(ファンズ)、2020年3月期決算の内容は?

Fundsは上場企業を中心とした融資案件を取り扱っているソーシャルレンディングです。そのFundsを運営しているファンズ株式会社が2020年3月期の決算内容を発表しています。そこで本記事では、Fundsの決算内容から募集金額の推移や業績を確認し、今後の展望について考察してみます。

投資・マネーコラム

SBIソーシャルレンディング、第13期決算公告の内容は?詳しく解説

2020年現在日本国内で営業しているソーシャルレンディングサイトでも大きな募集実績を持つのがSBIソーシャルレンディングです。今回は決算の内容を見ながら、SBIソーシャルレンディングが現在どのような状況に置かれているのかを解説していきます。

投資・マネーコラム

LENDEXの2019年12月決算、赤字の理由は?決算内容を解説

不動産案件を中心に扱うソーシャルレンディング会社「LENDEX(レンデックス)」が、2019年12月期の決算を発表しました。そこで本記事では、LENDEXの2019年12月期の決算を見ながら現在のLENDEXの状況について確認し、その内容について解説していきます。

投資・マネーコラム

クラウドクレジットが2019年12月決算を発表、コロナウイルスの影響は?

クラウドクレジットは他の国内のソーシャルレンディング会社にはない特徴を持っているソーシャルレンディングサイトとして、その独自性が投資家からの支持を受けています。一方、これまでクラウドクレジットは黒字化を達成しておらず、毎年の決算は赤字となっていました。そのクラウドクレジットが2019年12月期の決算を発表しました。

投資・マネーコラム

ソーシャルレンディングのクラウドクレジットが決算を発表。その内容は?

海外の案件を専門に取り扱っているソーシャルレンディング会社、クラウドクレジット。他の同業サービスにはない特徴を持った会社として積極的に広報活動を展開しています。そのクラウドクレジットが6月4日に2018年12月期の決算を発表しました。その内容を確認してクラウドクレジットの現状などを読み取っていきたいと思います。

投資・マネーコラム

SBIソーシャルレンディングが2018年度の決算を発表。売上、利益ともに好調

累計募集金額1,000億円を突破するなど、国内第2位の規模を誇るソーシャルレンディング会社、SBIソーシャルレンディング。その同社が6月24日に2018年度の決算内容を発表しました。その決算内容を見ながら、現状のSBIソーシャルレンディングがどのような状況になっているのか、今後どのようになっていくのかを見てみましょう。