TAG 納税

マンション投資

不動産投資の相談はどこにすればいい?相談先4つと、それぞれ注意点も

物件の運営に加え、納税、資産形成、トラブル時の対応など、不動産投資をする上での悩み事や不安は少なくありません。このような状況に備え、悩みの要因に適した相談できる相手を見つけておくと、すぐに適切なアドバイスをもらうことができ、悩み事や不安を解消することに繋がります。そこで今回は、不動産投資に役立つ相談先をクローズアップし、相談事や注意点について紹介します。不動産投資に関連した悩みを持っている方、相談先に迷っていた方はご参考ください。

投資・マネーコラム

離婚後、家の固定資産税はどちらが支払う?4つのケースを解説

結婚中にマイホームを購入し離婚後も家に住み続ける場合、法律的には不動産登記上の「所有者」に支払い義務があります。しかし、離婚時においては様々な事情により所有者ではない方が住み続けるケースも存在します。本記事では固定資産税の概要や支払い義務、離婚後のケース別対処法や注意点などを解説していきます。

ふるさと納税サイト「さとふる」

さとふるの評判・口コミ

さとふるは、テレビCMなどでも放映されている国内トップクラスのふるさと納税のポータルサイトで、お礼品の登録件数は47,592件、登録自治体数は448と非常に大きな規模を誇ります。(数値は2018年9月22日調査時点)申込みから最短1週間でお礼品が届き、VISA・MasterCard・JCBなど主要なクレジットカードでの支払いができるだけでなく、ソフトバンクまとめて支払い、au かんたん決済、ドコモ払い、コンビニ決済、ペイジー等も利用が可能です。

投資信託

国税庁、新型コロナ対策で確定申告・納付期限を4月16日まで延長

国税庁は2月27日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大防止の観点から、申告所得税(および復興特別所得税)、贈与税、個人事業者の消費税(および地方消費税)の申告・納付期限を4月16日まで延長すると発表した。これに伴い、申告所得税や個人の消費税の振替納税の利用者の振替日も延長する。

ふるりの評判・口コミ

ふるりは、株式会社MLJが運営するふるさと納税の専門サイトで、お礼品が探せるだけでなく自治体の情報発信に非常に力を入れています。「行ってみたい」「見てみたい」「触れてみたい」など、好奇心をくすぐられ、実際に足を運んでみたくなるような場所やことがらを記事として紹介。また、それぞれの自治体で抱えている様々な課題や日々の取組みについて、詳細な内容を掲載して応援してもらうなど、ただお礼品を探せるだけでなく、寄付先の自治体のことが深く知ることができるコンテンツとなっています。

ふるなびの評判・口コミ

ふるなびは、東証一部上場企業の株式会社アイモバイルが運営するふるさと納税の専門サイトで、お礼品は3万件超、登録自治体数は200超となっています。(数値は2018年9月調査時点)サイト内に控除上限額シミュレーターがあるため、「まずは、いくら利用できるのか知りたい」「利用可能額を計算するのが面倒くさい」という方も使いやすくなっています。

失敗事例から学ぶ不動産投資の極意投資ニュース

「寄附者自らが故郷や応援したい地域に直接力になれる制度」に回答者の8割以上が共感。「ふるさと納税に関する調査」の結果が公開

国内最大級のふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」を企画・運営する株式会社トラストバンクは11月20日、ふるさと納税を知っている20歳以上の男女1,128名を対象に実施した「ふるさと納税に関する調査」の結果を公表した。