TAG 相続税改正

投資・マネーコラム

不動産の生前贈与と相続、どちらが良い?相続税と贈与税を比較

相続予定の不動産を贈与した場合、相続税ではなく贈与税という税金が課税されます。相続予定の不動産を相続するか、生前贈与するかどちらを選ぶべきか検討している方も多いのではないでしょうか。今回は、相続予定の不動産を相続する場合と生前贈与する場合を比較し、それぞれの税制メリットについて解説します。

投資・マネーコラム

不動産の相続、税理士の探し方・選び方は?相場や相談方法も

不動産の相続が発生した場合、その相続税申告に関する税務リスクは小さくありません。そのうえ、税金の専門家である税理士であっても相続税申告は得意不得意が分かれる分野です。この記事では、不動産の相続に関する税務リスクを確認したうえで、不動産の相続税申告に強い税理士を探す判断ポイント、費用相場や相談方法について解説していきます。

投資・マネーコラム

不動産の生前贈与、メリット・デメリットは?手順や注意点も解説

相続財産を有している被相続人が亡くなると、相続人は相続財産の額によっては相続税を支払わなくてはなりません。税制改正で基礎控除額が大幅に小さくなったことによって課税対象者が増えたため、少しでも相続税を減額したいと考える方も多いのではないでしょうか?この記事では、生前贈与の手順と注意点を解説します。

投資・マネーコラム

「小規模宅地等の特例」で相続税はいくらまで減額される?適用条件も解説

土地を相続した場合、相続税を納めるのに十分な現金を有していなければ、土地を売却して現金を確保しなくてはなりません。国はそのような事態に陥らないように、土地の相続税が安くなる小規模宅地等の特例を設けています。この記事では、小規模宅地等の特例の概要と特例の対象や条件について解説します。

投資・マネーコラム

民泊新法、消費税増税、オリンピック、人口減少…未来年表から考える不動産投資

首都圏の新築マンション価格は上昇を続けている一方で、空き家率の上昇やアパートローンが引き締めのトレンドに転換するなど、不動産投資を検討している方にとっては、判断の難しい状況が続いています。この記事では、2018年までの動きと今後のイベントを整理して、どのように不動産投資に取り組んでいくのが良いかを考えていきたいと思います