TAG 埼玉県

マンション投資

埼玉県で不動産投資を始めるメリット・デメリットは?人口や家賃推移を検証

全国5位となる730万人の人口がいる埼玉県は、東京都に隣接していることから賃貸用物件への需要が高そうな印象があります。この埼玉県で不動産投資を行うには、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。今回のコラムでは、埼玉県の人口や家賃推移を詳細に検証しながら不動産投資を始めるメリット・デメリットを紹介していきます。

ESG投資

不動産CF「テクラウド」、21号ファンドは埼玉の障害者向けグループホーム。想定利回り7%

TECRA株式会社は不動産クラウドファンディング(CF)「TECROWD(テクラウド)」で21号ファンドを12月21日午後5時から発売する。 対象物件は埼玉県加須市の障害者向けグループホーム「AMANEKU加須騎西」で、募集金額5070万円、想定利回り年利7.00%。想定運用期間は4ヶ月で、運用開始は2022年2月1日、配当は22年6月20日をそれぞれ予定している。

投資ニュース

物流施設特化型CF「CRE Funding」でCRE物流ファンド12号杉戸の情報公開

物流施設特化型クラウドファンディング(CF)「CRE Funding」で、新規ファンド「CRE物流ファンド12号杉戸」の情報が事前公開された。東証プライム上場企業の株式会社シーアールイー(CRE)の完全子会社であるストラテジック・パートナーズ株式会社が運用する物流不動産ファンドに対するローンへの投資案件で、投資対象は埼玉県北葛飾郡杉戸町に所在する工場(杉戸81号)を信託財産とする信託受益権。

投資ニュース

物流不動産投資の「CRE Funding」が「マネーフォワード ME」とサービス連携開始

インターネットを通じてオンラインで不動産ファンド投資ができる「FUEL(フエル)オンラインファンド」事業を展開するFUEL株式会社は10月6日、 FUELが運営する「CRE Funding(シーアールイーファンディング)」と、 お金の見える化サービス「マネーフォワード ME(マネーフォワード ミー)」 とのサービス連携を開始した。

投資ニュース

FUEL「CRE物流ファンド8号杉戸」10月12日募集開始。過去最大規模の募集額

オンラインで不動産ファンド投資ができる「FUEL(フエル)オンラインファンド」事業を展開するFUEL株式会社は10月12日午後7時、「CRE Funding(シーアールイーファンディング)」サイトで、新しいファンドの募集を開始する。「CRE物流ファンド8号杉戸」は募集金額2億3000万円で過去最大規模となる。

ノムコム(不動産査定)の評判・口コミ

ノムコムでは、無料の不動産査定と野村の仲介+(PLUS)での売却活動のサポートを受けることができます。「ノムコム」は国内トップクラスの月間利用数(370万人※)を誇るサービスです。補修保証やホームステージング、土地診断、不動産鑑定などの売却活動のサポートも無料で受けることができるメリットがあります。