TAG 台風

マンション投資

不動産投資の火災保険はどう選ぶ?火災保険加入時に知っておきたい11のこと

不動産投資をする際は、災害などで建物が損壊した場合に備えて火災保険に加入することが一般的です。しかし、実際に災害に遭った時に、出ると思っていた保険金が出なかったり、逆に補償対象の損害を請求し忘れたり、といったケースも見られます。この記事では、不動産投資で火災保険に加入する際に知っておきたい11のことをご紹介します。

マンション投資

浸水、強風、停電…、不動産投資における台風被害への対策方法

日本は台風の被害が多い国です。2019年も大型の台風が到来し、大きな被害をもたらしました。不動産投資をしている人にとっても、台風は強風や浸水、停電などで物件が損壊したり入居者に迷惑をかけたりする原因になるため、大きなリスクとなります。この記事では浸水、強風、停電などの台風リスクの対策方法についてご紹介します。

ESG投資

台風19号被害、ふるさと納税で支援。「さとふる」10月21日時点で36自治体を掲載

東日本を中心に大きな被害をもたらした令和元年台風19号で、株式会社さとふるは10月13日に開設した緊急支援募金サイトで取り扱う自治体は21日時点で36自治体となった。ふるさと納税制度を活用し、被災自治体に1000円から1円単位で指定した金額を寄付することができる。同社は被災自治体から収益は得ず、寄付決済手数料は同社が負担する。

ESG投資

令和元年台風15号の緊急募金でふるさと納税サイトに災害支援続々

9月9日に千葉県などに甚大な被害をもたらした「令和元年台風15号」で、ふるさと納税を利用した寄附が被災自治体に次々と寄せられている。18日午後5時33分の時点で、千葉県袖ケ浦市に174万9500円、南房総市435万6510円、君津市105万2500円、横芝光町59万7千円、東金町63万7100円、九十九里町83万3千円が寄せられている。