ロボアドバイザーTHEO、クイック入金で楽天銀行に対応。計6行に

株式会社お金のデザインは8月26日、AI搭載ロボアドバイザー「THEO(テオ)」および提携サービス「THEO+(テオプラス)」で楽天銀行のクイック入金サービスを開始した。1万円以上、1円単位で利用できる。クイック入金の対応銀行は、三井住友銀行、みずほ銀行、三菱東京UFJ、住信SBIネット銀行、じぶん銀行に続き計6行となる。

クイック入金は、振込手数料はいつでも無料、24時間利用可能で、入金後マイページに即時に反映される。入金後は、原則、着金した日の夜に米国市場でETF(上場投資信託)の買付けを行う。

操作は、THEOにログイン後、右上のメニューから「入金」を選択、「クイック入金」から銀行を選択、入金額を入力する。アプリからの場合はメニューから「入金」を選択し、遷移先画面で「Webからクイック入金」を選択する。選択した銀行のインターネットバンキングのログイン画面へ遷移後、本人名義の口座にログインし、入金の操作を行う。 入金が正常に完了するとTHEOのサイトに戻る。マイページには入金額が反映される仕組み。

THEOは、AI搭載ロボアドバイザーによる投資一任運用サービス。年齢や現在の金融資産額などの情報から、独自のアルゴリズムに基づき、最大30種類以上のETFからなるポートフォリオを自動作成。一人ひとりに最適な資産運用サービスを提供する。最低投資金額は1万円、操作はスマホだけで完了し、運用報酬も最大1%(税抜・年率)と低コストで始められるのが特徴。今年7月からはマレーシアで「MYTHEO(マイテオ)」の提供を開始、グローバル進出を本格始動させている。

【参照記事】AI搭載ロボアドバイザー「THEO(テオ)」
【関連記事】THEO[テオ]の評判・口コミ
【関連記事】THEO+docomoの評判・口コミ

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 少額株式投資・ロボアドバイザーチーム

HEDGE GUIDE 編集部 少額株式投資・ロボアドバイザーチーム

HEDGE GUIDE 編集部 少額株式投資・ロボアドバイザーチームは、少額株式投資やロボアドバイザーに関する知識が豊富なメンバーが株式投資の基礎知識から少額投資やロボアドバイザーのポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」