SBI証券、オンライン完結の口座開設(eKYC)開始。郵送物不要で最短翌営業日に取引可能に

株式会社SBI証券3月7日から口座開設手続きにeKYC(electoronic Know Your Customer、オンラインによる本人確認)を導入、これまでのように本人確認書類をデータまたは郵送で提出した後、数日後に届く郵送物を受け取る手続きを不要とした。今後、口座開設の場合は本人確認書類をその場でスマートフォンのカメラで撮影、「自分の顔をその場で撮影する」か「銀行API参照による」のいずれかにより、最短で翌営業日から取引を開始することが可能となる。

自分の顔をその場で撮影する場合、顧客は本人確認書類と自分の顔をスマホで撮影、同社に送信することで、郵送の手間と時間をかけず取り引きを始められる。一連の処理では、同社の親会社SBIファイナンシャルサービシーズ株式会社と2019年12月より資本業務提携契約を締結している株式会社ダブルスタンダードが提供するシステム「D-trust」を活用。AI搭載のOCR(光学式文字読取システム)と顔認証システムにより、免許証などの表裏面、厚み、その他の特徴を読み取るとともに、複数の角度から顧客自身の顔を一定時間撮影することで、法令に則った方式で本人確認を実施する。

郵送物が不要となる口座開設利用の条件は、20歳以上であること、スマートフォンを持っていること、マイナンバーカードか通知カードと運転免許証を持っていること、自身の顔の撮影(正面とランダムアクションの撮影)が可能であることの4つを満たす必要がある。

銀行API(Application Programming Interface)参照による方法は、顧客が住信SBIネット銀行株式会社または株式会社三菱UFJ銀行の銀行口座を持っていれば、自分の顔の撮影を行う代わりに、どちらかの銀行で本人確認済みであることをAPI参照により確認する方法を選べる。この場合も本人確認書類の撮影は必要となる。さらに、本人確認書類などに基づく口座開設審査などの業務でも、ダブルスタンダードが提供するシステムを導入し「より正確かつ効率的な審査や記録を実施していく」としている。

住信SBIネット銀行では2020年4月中に開始を予定。「今後もフィンテックを積極的に活用し「貯蓄から資産形成へ」の流れを推進していく」方針だ。

【関連サイト】SBI証券
【関連記事】SBI証券の評判・口コミ

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 投資信託チーム

HEDGE GUIDE 編集部 投資信託チーム

HEDGE GUIDE 投資信託は、投資信託に関する国内外の最新ニュース、必要な基礎知識、投資信託選びのポイント、つみたてNISAやiDeCoなどの制度活用法、証券会社の選び方、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」