不動産特化型ソーシャルレンディングの「オーナーズブック」新宿区商業ビル第2号ファンド第1回を7月2日に募集開始

ロードスターキャピタル株式会社が運営する不動産案件特化型のソーシャルレンディングサービス「オーナーズブック(OwnersBook)」が「新宿区商業ビル第2号ファンド第1回」の募集を7月2日の18時より開始する。

募集金額は50,100,000円。東京都新宿区余丁町に所在する商業ビル1棟(物件①)と、東京都文京区本郷に所在するマンション1室(物件②)を担保とする「メザニンローン(物件①②共に)」への投資案件だ。物件①を所有する総合不動産会社L(貸付先1)に5,000万円、物件②を所有する総合不動産会社A(貸付先2)に10万円、合計5,010万円の貸付を行う。

予定利回りは年換算4.5%、予定運用期間は26か月、投資実行予定日は2018年7月6日、匿名組合の償還予定日は2020年8月20日、償還方法は元本を26か月後一括返済、利益配当は毎四半期、早期償還可となっている。

【関連ページ】オーナーズブック(OwnersBook)の評判・口コミ・口座開設
【案件ページ】新宿区商業ビル第2号ファンド第1回

※画像は商業ビルのイメージ

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 ソーシャルレンディングチーム

HEDGE GUIDE 編集部 ソーシャルレンディングチーム

HEDGE GUIDE 編集部 ソーシャルレンディングチームは、ソーシャルレンディングや金融知識が豊富なメンバーがソーシャルレンディングの基礎知識から投資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」