野村證券、資産管理アプリ「OneStock(ワンストック)」に新機能「不動産連携」

野村證券株式会社は4月23日、 資産管理アプリ「OneStock(ワンストック)」で新たな機能「不動産連携」の提供を開始した。従来のさまざまな金融機関で保有する「資産の見える化」に加えて、 所有不動産の資産価値を把握・一元管理することが可能になった。野村證券に口座を持っていなくても利用でき、料金は無料(一部有料機能あり)。

ワンストックは、さまざまな金融機関で保有する資産のデータを自動連携することで、 現在の資産全体を一元管理することができると同時に、 将来の資産の姿を「資産寿命」という形で把握することができるサービスで、株式会社マネーフォワード(代表取締役CEO:辻庸介)と共同で製作した資産管理アプリ。野村證券が培ってきた対面営業でのノウハウをコンテンツとして提供し、資産形成・管理に関する付加価値向上を図っている。

新機能の特徴である不動産価格のAI査定機能は、 株式会社コラビットの不動産価格推定技術とマンションデータの提供を受けている。コラビット社は全国のマンション・戸建て・土地の売買価格・賃料について、AIで瞬時に推定する技術を活用し、不動産所有者向け不動産AI査定サービス「HowMa」の運営を行っている。

不動産連携では、データベースにあるマンションなら、マンション名と部屋番号を選択するだけで価格を推定することが可能 また、その他のマンションや戸建て、土地については、必要情報を入力すれば今の不動産価格が推定できるようになった。また、アプリ内で不動産資産データの連携を行うと定期的に自動更新され、最新の不動産価格を把握できる。

【関連サイト】野村證券

The following two tabs change content below.
アバター

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チームは、不動産投資や金融知識が豊富なメンバーが不動産投資の基礎知識からローン融資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」