不動産投資でFIREを実現するには?日本財託が8月22日無料オンラインイベント開催

株式会社日本財託は8月22日、「FIRE(Financial Independence, Retire Early、経済的自立、早期リタイア)」をテーマにした無料オンラインイベント「N-FIRE DAY 先駆者から不動産投資×FIREを学ぶ」を開催する。講師に個人投資家の村野博基氏、村野氏の不動産投資コンサルティングを行う田島浩作氏を招き「FIREを現実にした“先駆者”からナマの声を聞ける機会」として希望者に公開する。時間は午前10時から午前11時40分。協賛はZUUonline。

「FIREを達成するためには、まずは生活費を賄える額の不労所得を確保した状態、すなわち『経済的自由』が必要。そのためには、先人たちから具体的な考え方と方法を知り、あなたのお金や時間の使い方を変えていく必要がある」と同社。オンラインイベントは、不動産投資で経済的自由を達成した先駆者がいつ、どのような決断をしたのか。道のりの中で何があったのか。「年代やアプローチ方法は違えど、きっと自由への道の一歩目を踏み出す勇気を与えてくれるはず」としている。

N-FIRE DAYは「学べる7つのこと」として、①FIREを漠然とした夢から現実的な目標に変える道筋②FIREを達成した本人が語るFIREに至るためのマインド③仕事が最優先の状態をやめ、人生の選択肢を増やす方法④お金と時間の自由を得るために何から始めるべきか⑤普通の会社員は無理なくFIREを目指せる不動産投資戦略⑥不労収入を月10万円以上増やすためのポイント⑦先駆者が明かす理解から実践に移すための大切な考え方――を掲げる。

講師の村野氏は1976年生まれ。慶應義塾大学経済学部を卒業後、大手通信会社に勤務。社会人になると同時期に投資に目覚め、外国債・新規上場株式など金融投資を始める。その投資の担保として不動産投資に着目、積極的に不動産投資を始める。東京23区のワンルーム中古市場で不動産投資を展開し、2019年、43歳で20年間勤めた会社をアーリーリタイア。現在、自身の所有する会社を経営しつつ、東京23区のうち17区に計29戸の物件を所有。さらにマンション管理組合事業など不動産投資に関連して活躍中。

田島氏は、平成のいわゆるバブル以前から不動産業界でコンサルタントとしてキャリアを持ち、バブル崩壊を経験したことで、「経済環境の変化に左右されない不動産投資法」の必要性を痛感、不動産を本当の資産にする方法や加速度をつけながら資産を増やしていく方法など独自の不動産理論を確立したという。村野博基氏の不動産投資のパートナー。

同イベントは、不動産投資やFIREに興味がある全ての個人投資家に広く門戸を開く。同社は「資産を増やしたいがまず何から手をつければいいか分からない、初心者からでもリスクを抑えて不動産投資を始める方法を知りたいという人にもおすすめ」と推している。

【関連サイト】N-FIRE DAY 先駆者から不動産投資×FIREを学ぶ
【関連記事】日本財託の評判・口コミ・セミナー情報

The following two tabs change content below.
アバター

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チームは、不動産投資や金融知識が豊富なメンバーが不動産投資の基礎知識からローン融資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」