マネックスAM、運用資産残高500億円を突破。1年間で約4倍に大幅成長

マネックス・アセットマネジメント株式会社は10月27日、今月22日時点で一任型資産運用「ON COMPASS(オンコンパス)」「ON COMPASS+(オンコンパスプラス)」、アクティビストファンド(公募投信、一般向け私募投信合計)、その他法人向け私募投信合計の運用資産残高が500億円を突破したと発表した。2020年9月末の運用資産残高129.3億円から約1年間で約4倍に成長しており、なかでもオンコンパスプラスの運用資産残高が1年間で100億円以上増加、残高の積み上げをけん引した。

マネックスAMでは、 顧客の人生設計に基づいて目標(ゴール)を定め、そこから運用計画を考える「ゴールベースアプローチ」を採用したおまかせ資産運用(一任型ロボアド)サービスを主たる事業に、4つのサービスを提供している。2016年9月に開始したオンコンパスは、オンラインで契約まで完結できる、長期投資に適したおまかせ資産運用サービス。金融工学に基づいた独自の運用モデルを採用し、リスク管理を徹底した運用を行う。 投資初心者の方だけでなく、投資経験が長い顧客も多い。

オンコンパスプラスは オンラインの利便性はそのままに、対面の安心感をプラスした投資一任サービス。提携金融機関とのパートナーシップで対面サポートを行っており、現在は5社のパートナー企業と連携している。

アクティビストファンドの運用は、マネックスグループのカタリスト投資顧問株式会社の投資助言に基づき、公募投資信託「マネックス・アクティビスト・ファンド」、 一般投資家向け私募ファンド「ジャパン・カタリスト・ファンド」といったアクティビストファンドの運用を行っている。

機関投資家/事業法人向け運用は、金融機関、 事業法人、 財団法人などに対して個々のニーズに合わせた投資戦略を提案し、オーダーメイドのファンド組成、運用を行う。

同社は「資産運用の可能性を広げることがステークホルダーの未来の選択肢を増やし、より豊かな社会を創造することにつながると考えている。 今後も質の高い資産運用サービスを提供し続けていく」としている。

【関連サイト】ON COMPASS
【関連記事】ON COMPASSの評判・口コミ

※本記事は投資家への情報提供を目的としており、特定商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する決定は、利用者ご自身のご判断において行われますようお願い致します。

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 ロボアドバイザーチーム

HEDGE GUIDE 編集部 ロボアドバイザーチーム

HEDGE GUIDE 編集部 ロボアドバイザーチームは、ロボアドバイザーに関する知識が豊富なメンバーが投資の基礎知識からロボアドバイザーのポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」